人生にゲームをプラスするメディア

グランパ・セフト・オート? おじいちゃんたちが『GTA V』で大暴れするリアクション映像

「海外の今どきティーンズがマリオカート64を初体験」をはじめ、数々のリアクション映像を制作しているYouTubeチャンネル、TheFineBrosから、新たに『Grand Theft Auto V』をプレイするおじいちゃんたちの動画が公開されています。

ソニー PS4


「海外の今どきティーンズがマリオカート64を初体験」をはじめ、数々のリアクション映像を制作しているYouTubeチャンネル、TheFineBrosから、新たに『Grand Theft Auto V』をプレイするおじいちゃんたちの動画が公開されています。

暴力ゲームの代名詞といっても過言ではない本作。おじいちゃんたちのほとんどはテレビなどで見聞きしたことがあるとのこと。乗り気ではない表情もちらほらある中、ゲームが始まると皆そろってテンションあげあげ。実写と見間違うようなグラフィックや仔細に作り込まれた広大なオープンワールドに興味津々の様子です。

壁に激突して車の保険を心配したり一時停止サインや赤信号で律儀に停車したりと、最初は温厚にプレイしていたおじいちゃんたちですが、武器を手にすると一気に豹変。グランパ・セフト・オートの始まりです。殺人や破壊の限りを尽くす中、「何故か分からないけど楽しい」「このゲームじゃやりたい放題だな!」と新鮮な快感が芽生えた様子。言葉遣いも次第に乱暴になっていきます。

プレイする前は乗り気じゃなかったキャサリンもさっそく通行人で試し撃ち。「ウフフ~」「アッハハー、撃ち殺しちゃった」と大満足です。そのほか、通行人を殴り殺した理由を聞かれて「そんなつもりじゃなかったのよ。撃ち殺そうと思ったの」と答えるおばあちゃんや、歩道を歩く女性の頭部をナイフで一突きして「人生で初めて女性をぶった」と大爆笑するおじいちゃんも。現実では到底できないことを思いのほか楽しんでいます。

ゲームを終えての感想では賛否両論。「悪を称えることに何の価値があるの」「ストレス解消にいいと言う人もいるが同意できない」と過激な暴力表現に反対の声がある一方で、大多数は「洗脳されて暴力的になるケースもあるようだが、まともな人間なら何の問題もない」「これが犯罪につながるとは思えない。犯罪を犯すような人間はどのみち最初からそのつもりなんだから」と、本作のエンターテイメント性を高く評価しています。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

    『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

  2. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

    PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  3. 『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

    『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

  4. 「七つの大罪」はもう古い!?『原神』新キャラたちの元ネタとなった“オタクの新教養”

  5. 『原神』魈を引くなら“ガチャスポット”にも気を配ってみない? 確率が上がるかもしれない良縁スポット5選!

  6. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”がお披露目に─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  7. テトリスがちょっぴり苦手な『ぷよテト2』プレイヤー向け、テトリス基礎知識!覚えるだけで序盤の動きがグッとレベルアップするぞ

  8. 『原神』が描くNPCたちの恋愛事情9選!ファデュイの文通カップルから、璃月の二股男まで…恋の形は十人十色

  9. 『かまいたちの夜』の舞台となったペンションに宿泊…!あの名シーンを妻と再現してきた【ネタバレ注意】

  10. 「全FF大投票」で異例の躍進を遂げたエメトセルクって誰?『FF14』の“新参者”が歴代キャラを超えて「キャラクター部門」6位になった背景を探る

アクセスランキングをもっと見る