人生にゲームをプラスするメディア

グランパ・セフト・オート? おじいちゃんたちが『GTA V』で大暴れするリアクション映像

ソニー PS4



「海外の今どきティーンズがマリオカート64を初体験」をはじめ、数々のリアクション映像を制作しているYouTubeチャンネル、TheFineBrosから、新たに『Grand Theft Auto V』をプレイするおじいちゃんたちの動画が公開されています。

暴力ゲームの代名詞といっても過言ではない本作。おじいちゃんたちのほとんどはテレビなどで見聞きしたことがあるとのこと。乗り気ではない表情もちらほらある中、ゲームが始まると皆そろってテンションあげあげ。実写と見間違うようなグラフィックや仔細に作り込まれた広大なオープンワールドに興味津々の様子です。

壁に激突して車の保険を心配したり一時停止サインや赤信号で律儀に停車したりと、最初は温厚にプレイしていたおじいちゃんたちですが、武器を手にすると一気に豹変。グランパ・セフト・オートの始まりです。殺人や破壊の限りを尽くす中、「何故か分からないけど楽しい」「このゲームじゃやりたい放題だな!」と新鮮な快感が芽生えた様子。言葉遣いも次第に乱暴になっていきます。

プレイする前は乗り気じゃなかったキャサリンもさっそく通行人で試し撃ち。「ウフフ~」「アッハハー、撃ち殺しちゃった」と大満足です。そのほか、通行人を殴り殺した理由を聞かれて「そんなつもりじゃなかったのよ。撃ち殺そうと思ったの」と答えるおばあちゃんや、歩道を歩く女性の頭部をナイフで一突きして「人生で初めて女性をぶった」と大爆笑するおじいちゃんも。現実では到底できないことを思いのほか楽しんでいます。

ゲームを終えての感想では賛否両論。「悪を称えることに何の価値があるの」「ストレス解消にいいと言う人もいるが同意できない」と過激な暴力表現に反対の声がある一方で、大多数は「洗脳されて暴力的になるケースもあるようだが、まともな人間なら何の問題もない」「これが犯罪につながるとは思えない。犯罪を犯すような人間はどのみち最初からそのつもりなんだから」と、本作のエンターテイメント性を高く評価しています。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

    『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

  2. 「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

    「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

  3. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  4. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  5. 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】

  6. キャラのパンツは毎日変わる!?『夏色ハイスクル』の学園生活について、理事長にインタビューした

  7. PSP『山村美紗サスペンス 京都鞍馬山荘殺人事件』WEB限定“いけず”なCMを公開

  8. 「UMDパスポート」サービスは3月31日で終了…登録漏れなどに注意

  9. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  10. 『絶体絶命都市4Plus』は待ってくれていた人へのお礼とお詫び――九条一馬氏のスペシャルトークショー開催

アクセスランキングをもっと見る