人生にゲームをプラスするメディア

『テイルズ オブ ゼスティリア』CM第二弾と作曲家インタビュー公開、ネットでは早くも「デゼル死なないで」との声

バンダイナムコゲームスは、PS3ソフト『テイルズ オブ ゼスティリア』に関する映像を公開しました。

ソニー PS3
『テイルズ オブ ゼスティリア』CM第二弾と作曲家インタビュー公開、ネットでは早くも「デゼル死なないで」との声
  • 『テイルズ オブ ゼスティリア』CM第二弾と作曲家インタビュー公開、ネットでは早くも「デゼル死なないで」との声
  • 『テイルズ オブ ゼスティリア』CM第二弾と作曲家インタビュー公開、ネットでは早くも「デゼル死なないで」との声
バンダイナムコゲームスは、PS3ソフト『テイルズ オブ ゼスティリア』に関する映像を公開しました。

20周年を迎えた『テイルズ オブ』シリーズの最新作であり、記念すべきアニバーサリーイヤーを飾るに相応しい『テイルズ オブ ゼスティリア』の発売が、いよいよ今週へと迫りました。シリーズファンはもとより、これまで数多く明かされた情報に惹かれたユーザーが1月22日を心待ちにしています。

ゲームシステムやキャラクターと共に、物語や戦闘を盛り上げてくれる楽曲の数々も大きな魅力のひとつです。20年に渡り『テイルズ オブ』シリーズの楽曲を手掛け、また本作においても約100曲を手がけた作曲家の桜庭統氏が、そんな楽曲を制作するにあたっての舞台裏について語る映像がこのたび公開されました。

本作はゲームの内容が壮大だっため、音楽面でも「壮大さ」に関してこだわった桜庭氏。製作した中では「特に戦闘曲とボス曲がお気に入り」といった桜庭氏自身の好みから、この20年の歩みを振り返るコメントなどが明かされているので、興味がある方はこちらからご覧ください。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=R23f0Vughk4

また、3週連続で異なる内容のCMを公開する展開を実施している『テイルズ オブ ゼスティリア』。先日も、デゼルを中心とした第二弾CMがお披露目されました。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=FLuVTHjE9ow

このCMには緊張感に満ちた場面が収録されており、デゼルの意味深な言葉や、自分でも理由の分からない涙を流すロゼなど、ただごとではない雰囲気を感じさせます。このことからネット上では、「デゼルは死ぬのか?」「生きてて欲しい!」と、ゲーム発売前から彼の安否を気にする声が上がっています。










デゼルはこの危機を乗り越えられるのか。それとも、不幸な結末を辿ってしまうのか。その全てが解き明かされる1月22日まで、今日を含めて残り4日。あと僅かで、しかし長い長い4日間となりそうです。

『テイルズ オブ ゼスティリア』は、2015年1月22日発売予定。価格は、通常版が8,070円(税抜)、ララビットマーケット特装版が12,944円(税抜)です。

(C)いのまたむつみ
(C)藤島康介
(C)BANDAI NAMCO Games Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》
臥待 弦(ふしまち ゆずる)

楽する為に努力する雑食系ライター 臥待 弦(ふしまち ゆずる)

世間のブームとズレた時間差でファミコンにハマり、主だった家庭用ゲーム機を遊び続けてきたフリーライター。ゲームブックやTRPGなどの沼にもどっぷり浸かった。ゲームのシナリオや漫画原作などの文字書き仕事を経て、今はゲーム記事の執筆に邁進中。「隠れた名作を、隠れていない名作に」が、ゲームライターとしての目標。隙あらば、あまり知られていない作品にスポットを当てたがる。仕事は幅広く募集中。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

    『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

  2. 『原神』魈のキャラエピから見える“夜叉たち”の悲劇―世界任務「夜叉の願い」が理解できて面白い!

    『原神』魈のキャラエピから見える“夜叉たち”の悲劇―世界任務「夜叉の願い」が理解できて面白い!

  3. 『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

    『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

  4. 『原神』ティナリのキャラデザが「pako」さんと判明!Twitterで描き下ろしイラスト公開

  5. 「配達員にパクられました」―AmazonでPS5を購入完了したはずが…ひとりのゲームファンに起こった悲劇

  6. 「『モンハンワールド:アイスボーン』で1番好きになった武器種はどれ?」結果発表―ハンターたちが命を預けた“相棒”はこいつだ!【アンケート】

  7. 『原神』が誇るアダルトな通常エネミー「雷蛍術師」を生物誌でじっくり観察! のぞき魔と言われながら“ガン見”する背徳感に浸る…

  8. 『ドラクエXI』がいよいよ発売! 堀井雄二のメッセージ映像が公開─募る想いを記したコメントも

  9. 『原神』誰でも参加可能な「TikTok動画&攻略方募集キャンペーン」開催!それはそれとして、ウェンティとバーバラのツーショットが素晴らしい

  10. 『ギルティギア ストライヴ』でテスタメントが“色気マシマシ”に大変身!?人気モデル・栗原類も反応

アクセスランキングをもっと見る