人生にゲームをプラスするメディア

『FF エクスプローラーズ』「すっぴん」や「賢者」などお馴染みのジョブをご紹介、召喚獣フェニックスも

スクウェア・エニックスは、ニンテンドー3DSソフト『ファイナルファンタジー エクスプローラーズ』の最新情報を公開しました。

任天堂 3DS
『FF エクスプローラーズ』「すっぴん」や「賢者」などお馴染みのジョブをご紹介、召喚獣フェニックスも
  • 『FF エクスプローラーズ』「すっぴん」や「賢者」などお馴染みのジョブをご紹介、召喚獣フェニックスも
  • 『FF エクスプローラーズ』「すっぴん」や「賢者」などお馴染みのジョブをご紹介、召喚獣フェニックスも
  • 『FF エクスプローラーズ』「すっぴん」や「賢者」などお馴染みのジョブをご紹介、召喚獣フェニックスも
  • 『FF エクスプローラーズ』「すっぴん」や「賢者」などお馴染みのジョブをご紹介、召喚獣フェニックスも
  • 『FF エクスプローラーズ』「すっぴん」や「賢者」などお馴染みのジョブをご紹介、召喚獣フェニックスも
  • 『FF エクスプローラーズ』「すっぴん」や「賢者」などお馴染みのジョブをご紹介、召喚獣フェニックスも
  • 『FF エクスプローラーズ』「すっぴん」や「賢者」などお馴染みのジョブをご紹介、召喚獣フェニックスも
  • 『FF エクスプローラーズ』「すっぴん」や「賢者」などお馴染みのジョブをご紹介、召喚獣フェニックスも
スクウェア・エニックスは、ニンテンドー3DSソフト『ファイナルファンタジー エクスプローラーズ』の最新情報を公開しました。

待望の発売日を昨日迎えたばかりの『FF エクスプローラーズ』は、『FF』シリーズに欠かせない存在である「召喚獣」を相手に激しいバトルが味わえると共に、多彩なジョブやスキルを組み合わせて楽しめるアクションRPGです。


これまで「イフリート」や「シヴァ」をはじめ、多彩な召喚獣の登場が明らかとなっていましたが、増大した「クリスタルエナジー」の影響を受けて通常よりも強大な力を持った「変異体」の存在が今回判明しました。


冒険者たちがこれまで味わったことのない恐怖を体現するこの変異体。このたび、イフリートとシヴァの変異体が確認されました。詳細は不明ですが、大いなる脅威として立ちはだかる予感をひしひしと覚えます。

また、「すっぴん」や「賢者」などのジョブや、召喚獣「フェニックス」などの詳細も到着。プレイ中の方もこれから始める人も新情報をしっかりチェックし、この予備知識を武器に冒険へ出かけましょう。

◆ジョブ紹介


■すっぴん

どのジョブでもない状態であり、特に優れたステータスは持たないが、アビリティ設定の自由度が高く、各ジョブ専用装備を除いた全ての武器・防具が装備できる。自由なカスタマイズが魅力の「すっぴん」は、技や攻撃・補助の組み合わせも自在。反面、秀でた特技がないのでコストには要注意。

■賢者

魔法攻撃力。魔法回復力とともに最高峰の能力を持つ。魔法アタッカー&ヒーラー向きのユニークアビリティ「精神統一」を使いこなせば、魔法能力をさらに活かすことができる。高い魔力で攻撃魔法の能力を活かし、上位の魔法もお手のもの。それだけにSP消費には気を配りたいところ。

■青魔道士

「ラーニング」で敵の技を学習し、青魔法として修得することができる特殊なジョブ。前方への連続攻撃「ゴブリンパンチ」や防御無視の攻撃「グランドトライン」、前方に火属性の魔法ダメージを放つ「ファイアブレス」など攻撃技も多彩な上に、防御を上昇させたり浮力を付加するといった技も習得するため、様々な役割を果たすことができる。

◆召喚獣「フェニックス」



炎をまとった巨大な鳥の姿の召喚獣。大きな翼を羽ばたかせ、勢いよく空中から突進したり火の玉を雨のように降らせる攻撃で、冒険者を翻弄する。

自身が窮地に追いやられると「転生の炎」を発動。詠唱が終わると同時に体力が回復してしまうので、詠唱中に倒しきることが出来なければ何度でも蘇る。このことから、「炎の不死鳥」と呼ばれる。

フェニックスの攻撃には基本的に炎の効果がついている。そのため、攻撃を食らうと炎のデバフがついてしまうことも。持っていくアイテムやアビリティに気を配ることが重要となる。

◆フィールド


■ヒバト山

フェニックスが潜む山頂へ続く山道。

■ポージョ空洞

オーディンがいるポージョの森へと続くフィールド。このエリアにはクリスタルで形成された道がある。ここからも別のエリアに移動できるようだが……。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


『ファイナルファンタジー エクスプローラーズ』は好評発売中。価格は、パッケージ版が5,800円(税抜)、ダウンロード版が4,500円(税抜)、アルティメットボックスが13,000円(税抜)です。

(C)2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

    スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  4. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  5. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 現代のプレイヤーにも目を向けた細やかな配慮を楽しんでほしい─スイッチで再始動した『SEGA AGES』仕掛け人に聞く【TGS 2018】

  8. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  9. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  10. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る