人生にゲームをプラスするメディア

本物のペンキを使った“リアル”スプラトゥーンって…試遊台も出展される「闘会議2015」詳細解禁

その他 全般

本物のペンキを使った“リアル”スプラトゥーンって…試遊台も出展される「闘会議2015」詳細解禁
  • 本物のペンキを使った“リアル”スプラトゥーンって…試遊台も出展される「闘会議2015」詳細解禁
  • 本物のペンキを使った“リアル”スプラトゥーンって…試遊台も出展される「闘会議2015」詳細解禁
  • 本物のペンキを使った“リアル”スプラトゥーンって…試遊台も出展される「闘会議2015」詳細解禁
  • 本物のペンキを使った“リアル”スプラトゥーンって…試遊台も出展される「闘会議2015」詳細解禁
  • 本物のペンキを使った“リアル”スプラトゥーンって…試遊台も出展される「闘会議2015」詳細解禁
  • 本物のペンキを使った“リアル”スプラトゥーンって…試遊台も出展される「闘会議2015」詳細解禁
12月18日、ドワンゴは東京・ニコファーレで「闘会議2015」の発表会を開催し、各企画の詳細や出演者の続報を発表しました。



「闘会議」は2015年1月31日~2月1日に開催される、ユーザーが主体となって作るゲームの祭典。テレビゲーム、スマートフォンゲーム、アナログゲーム、そしてゲーム実況……と、ゲームでつながるコミュニティまでをも含む、あらゆるゲームが楽しめる総合イベントとなります。

◆協賛企業10社とその出展タイトルが明らかに


まずは協賛にサイバーエージェントが新たに名を連ね、協賛社は全10社に。協賛社一覧とその出典予定タイトルは以下のようになっています。

■任天堂(特別協賛)
大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U/Splatoon/マリオカート8 他

■ガンホー・オンライン・エンターテイメント
パズル&ドラゴンズ/ケリ姫スイーツ/サモンズボード/ディバインゲート 他

■コロプラ
クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ/白猫プロジェクト 他

■サイバーエージェント
ウチの姫さまがいちばんカワイイ/ガールフレンド(仮)/戦国炎舞 -KINZA- 他

■ミクシィ
モンスターストライク

■LINE
LINEゲットリッチ/LINEステージ/LINE:ディズニー ツムツム/LINEレンジャー

■スクウェア・エニックス
コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア/DIVEKICK/ブレイブリーセカンド/ドラゴンクエストX オンライン/ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト/ファイナルファンタジーエクスプローラーズ/ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア/ララ・クロフト アンド テンプル オブ オシリス 他

■セガ
世界樹と不思議のダンジョン/チェインクロニクル~絆の新大陸~/ファンタシースターオンライン2/ファンタシースターノヴァ/ぷよぷよ!!クエスト/maimai

■ソニー・コンピュータエンタテインメント
The Order:1886/Bloodborne/プレイステーションの過去名作タイトル

■バンダイナムコゲームス
GOD EATER2 レイジバースト/太鼓の達人 他


さらに、各企画の詳細が発表されましたのでそちらも紹介していきます。

◆ゲーム大会ステージ




1日目に『スマブラfor Wii U』の2on2大会が開催されます。2on2ということであれば、本来なら相方がいなければ出場すらできないわけですが、この大会はamiiboに記録された「フィギュアプレイヤー」をパートナーに出場できるのがユニークなところ。大会に備えて、今からフィギュアプレイヤーを鍛え上げておくのもいいかもしれません。そのほか、Web予選が実施されるPS4版『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア』の大会とTOPANGA主催による『ウルトラストリートファイターIV』の大会も告知されました。

◆実況ステージ


全部で8つ用意されているという実況ステージ。本日はそのうち「マリオカートスペシャルステージ」、「マインクラフトゲーム実況」、「自作ゲーム実況」の3つが発表されました。「マリオカートスペシャルステージ」は1992年発売のSFC『スーパーマリオカート』、1996年発売のニンテンドー64『マリオカート64』、そして今年Wii Uで発売された最新作『マリオカート8』の3本を実況。幅広い層が楽しめる実況になりそうです。

「マインクラフトゲーム実況」は12月28日~29日にニコニコ生放送で配信される「【闘会議特番】マインクラフト24時間ぶっ通しゲーム実況」で作成したワールドを使用するとのことですのでこちらも必見。最後の「自作ゲーム実況」は、2015年1月中旬までに「ニコニコ自作ゲームフェス5」に投稿された作品の中から実況する作品が選定されます。

◆ゲーム実況ストリート




「ゲーム好きのためのオフ会」と銘打たれた「ゲーム実況ストリート」では、来場者がその場でさまざまなゲームの実況をできる即席実況の場。実況を見る側から配信する側になってみたい……という人に、特にうってつけといえそうです。また、そこまででなくとも、同じゲームを愛する仲間探しの場としての機能も期待されます。

◆レトロゲームエリア




壁一面にゲーム年表を張り、当時を知る人は懐かしい思い出に浸れる……だけでは終わらないのがニコニコ流。なんと来場者たちもそこに各々の思い出を書き込める遊びを考えているそうです。また、往年の名作の裏ワザを実際に体験できる「裏ワザ研究会」や、アイロンビーズでドット絵風のキャラクターを作る手芸風味のコーナーも用意されます。

◆ゲーム好きのためのまるなげ広場


スペースのみを提供し、ほかはすべて文字通り有志のユーザーに丸投げするという異例の場。企画を募集したところ多くの応募が殺到し、すでに受け付け終了となったことが発表されました。当日はどのようなにぎわいを見せるのでしょうか。

◆自作ゲームエリア




「ゲームを作る文化も応援していきたい」という理念の下に用意されたエリア。スパイク・チュンソフト代表取締役会長の中村光一氏が学生時代に手がけたPC-8801版『ドアドア』がまさかのプレイアブル出展されるほか、自作ゲームをプロのクリエイターに見てもらい、アドバイスをもらうことができる相談コーナーが設けられるとのことです。

◆アーケードゲームエリア


『アルカナハート3』、『DEAD OR ALIVE 5 Ultimate: Arcade』、『電撃文庫FIGHTING CLIMAX』、『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA Ver2.0』、『ブレードアークス from シャイニング』の大会を同時開催。『電撃文庫FIGHTING CLIMAX』と『ブレードアークス from シャイニング』の優勝者は後日開催される、セガ主催による同タイトル全国大会の決勝トーナメントへの出場権を得られるとのことで、特に白熱した戦いになりそうです。

◆リアルゲームエリア




Wii Uで2015年春発売予定の対戦アクション『Splatoon』の雰囲気を体感できるアトラクションを予定。インクをぶちまける内容にしたいようですが、いかに来場者の服や体は汚れないようにするか、模索している最中のようでした。実現すれば爽快感は相当すごそうです。また、同ブースではWii Uソフトの方の『Splatoon』が国内初のプレイアブル出展されるのも注目。4対4で遊べる環境を2セット、計16台が用意される予定とのことです。

◆アナログゲームエリア


短時間でお手軽に遊べる初級コーナー、他の人とのだましあいや読みあいが楽しめる中級コーナー、その気になれば何時間でも楽しめる上級コーナーの3段階が用意され、希望に応じたアナログゲームが楽しめます。また、任天堂が二つ返事で容認してくれたという任天堂公認花札大会が開かれるのも大きな見どころ。ルールは「こいこい」になるとのことです。この年末年始は花札に触れてみるのもいいかもしれませんね。


◆イベント前にさらなる発表会が開催決定、大晦日には特番も!


駆け足で紹介してもかなりの分量になってしまいましたが、これでもまだまだ気になることも多い「闘会議2015」。2015年1月15日に配信される「超会議+闘会議発表会」でさらなる続報・詳報が発表されるとのことです。

また、「闘会議」と直接の関係があるわけではありませんが、12月31日の午前11時から「年末ゲーム実況特番 大晦日ファイナルクエスト ~自宅を警備するのは君だ!~」が配信されることも発表されました。『太鼓の達人』を使った紅白“太鼓”合戦や視聴者も一緒に狩りに参加できる『モンスターハンター4G』狩り納め、そして年越しのカウントダウンなど、13時間におよぶ放送となるそうです。「師も走り回るほど忙しい」という意味で12月のことを師走といいますが、ゲームファンも配信の視聴にゲームにと、2014年最後の年越しの瞬間まで忙しくなりそうです。

■闘会議2015
・主催:niconico
・会場:千葉・幕張メッセ国際展示場4~7ホール
・開催期間:
 2015年1月31日(土)10:00~18:00
 2015年2月1日(日)10:00~17:00
・入場券:
 一般入場券:【前売券】1000円 【当日券】1500円 【2日通し券】1500円
 優先入場券:【1日指定券】1200円 【2日通し券】1700円

(C) niwango, inc. All rights reserved.
《蚩尤》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】「デスクトップアーミー」×「フレームアームズ・ガール」コラボ第1弾「KT-321f 轟雷」フォトレビュー

    【特集】「デスクトップアーミー」×「フレームアームズ・ガール」コラボ第1弾「KT-321f 轟雷」フォトレビュー

  2. 【週刊インサイド】『FGO』臣下になりたい王様のアンケート結果が人気! 多彩な特集や『FGO』コラボも関心高まる

    【週刊インサイド】『FGO』臣下になりたい王様のアンケート結果が人気! 多彩な特集や『FGO』コラボも関心高まる

  3. 「Fate/Apocrypha」トレーディング令呪アクリルキーホルダーとホログラムTシャツが発売決定

    「Fate/Apocrypha」トレーディング令呪アクリルキーホルダーとホログラムTシャツが発売決定

  4. あなたと相性ピッタリの“どうぶつ”は?「どうぶつの森 ポケットキャンプ占い」が“いいね”7千超えで人気沸騰

  5. 【特集】『超絶にムズいゲーム』10選―コントローラ叩きつけるレベル!?

  6. セガゲームス、謎めく新作ティザーサイトを公開! “〇〇〇×RPG”とは一体…

  7. 『BLAZBLUE』シリーズ10周年記念プロジェクトが始動、アニバーサリーサイトがオープン

  8. 『ロックマンX』オリジナルアーマーコンテスト開催!最優秀作は岩本佳浩先生によるイラスト化も

  9. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』コラボギアコードが「コロコロ」1月号に付属、『スーパーボンバーマン R』にゴエモンや藤崎詩織が参戦、一度は食べてみたいカービィ世界の食べ物10選…など(11/15)

  10. 【レポート】「日本におけるeスポーツの夜明け」を目指して─AMDが「闘会議」に賞金1,000万円を拠出すると発表

アクセスランキングをもっと見る