人生にゲームをプラスするメディア

【今日のゲーム用語】映画「Gamer」とは ─ 未来のディストピアなオンラインゲームをアクションで描く

ソフトやハードはもちろん、専門的な名称から業界人まで、ゲームに関わる様々な用語を多数収録している「ゲーム大辞典」。その中からひとつずつピックアップして紹介するこのコーナー、本日のテーマは映画「Gamer」です。

その他 全般
【今日のゲーム用語】映画「Gamer」とは ─ 未来のディストピアなオンラインゲームをアクションで描く
  • 【今日のゲーム用語】映画「Gamer」とは ─ 未来のディストピアなオンラインゲームをアクションで描く
ソフトやハードはもちろん、専門的な名称から業界人まで、ゲームに関わる様々な用語を多数収録している「ゲーム大辞典」。その中からひとつずつピックアップして紹介するこのコーナー、本日のテーマは映画「Gamer」です。

映画「Gamer」とは、2009年に公開されたSFアクション映画のこと。人間をコントロールできるオンラインゲームのような仮想空間「ソサエティ」が普及している世界を舞台とするディストピアを描く作品です。

本作は、ナノ細胞により人間の意識を操作できる技術が実用化された、近未来のアメリカが舞台。ネットワークを介して生身の人間を操る仮想空間「ソサエティ」が全米で人気を博しており、ソサエティの生みの親「ケン・キャッスル」が死刑囚同士を操作して戦わせるオンラインゲーム「スレイヤーズ」の運営を開始します。

30回勝ち続けると自由になれるため、スレイヤーズに参加する死刑囚が続出。無実の罪で捕まった主人公の「ケーブル」も外で待つ妻のために参加を決意。そんなケーブルを操作する17歳のゲーマーでありもう一人の主人公である「サイモン」と共に、スレイヤーズと陰謀を企むケン・キャッスルに立ち向かいします。

制作費5,000万ドルを投じたものの、興業収入は4,000万という思わしくない結果に。しかし未来のオンラインゲーム像を描いたとして評価する映画ファンも少なくありません。

映画「Gamer」をより詳しく知りたい方は、下記リンクより「ゲーム大辞典」の該当項目をチェックしてみてください。
■ゲーム大辞典:映画「Gamer」 URL:http://game-lexicon.jp/word/Gamer%EF%BC%88%E6%98%A0%E7%94%BB%EF%BC%89
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『FGO アーケード』プレイをサポートする「カルデアWebマイルーム(β版)」のサービスが開始―様々な情報をいつでも確認可能!

    『FGO アーケード』プレイをサポートする「カルデアWebマイルーム(β版)」のサービスが開始―様々な情報をいつでも確認可能!

  2. 『メタルギアソリッド』がボードゲーム化!E3 2019でプレイお披露目予定

  3. Epic Games、『フォートナイト』のクロスプラットフォームマルチ技術を他デベロッパーに開放へ

  4. 『スマブラSP』や『ポケモン ピカ・ブイ』にも使える! ペイパルの“500円クーポン”でDLソフトをお得にゲット

  5. 海外スタントマンが『スマブラSP』キレキレのアクションで大乱闘を再現!

アクセスランキングをもっと見る