人生にゲームをプラスするメディア

【今日のゲーム用語】映画「Gamer」とは ─ 未来のディストピアなオンラインゲームをアクションで描く

ソフトやハードはもちろん、専門的な名称から業界人まで、ゲームに関わる様々な用語を多数収録している「ゲーム大辞典」。その中からひとつずつピックアップして紹介するこのコーナー、本日のテーマは映画「Gamer」です。

その他 全般
【今日のゲーム用語】映画「Gamer」とは ─ 未来のディストピアなオンラインゲームをアクションで描く
  • 【今日のゲーム用語】映画「Gamer」とは ─ 未来のディストピアなオンラインゲームをアクションで描く
ソフトやハードはもちろん、専門的な名称から業界人まで、ゲームに関わる様々な用語を多数収録している「ゲーム大辞典」。その中からひとつずつピックアップして紹介するこのコーナー、本日のテーマは映画「Gamer」です。

映画「Gamer」とは、2009年に公開されたSFアクション映画のこと。人間をコントロールできるオンラインゲームのような仮想空間「ソサエティ」が普及している世界を舞台とするディストピアを描く作品です。

本作は、ナノ細胞により人間の意識を操作できる技術が実用化された、近未来のアメリカが舞台。ネットワークを介して生身の人間を操る仮想空間「ソサエティ」が全米で人気を博しており、ソサエティの生みの親「ケン・キャッスル」が死刑囚同士を操作して戦わせるオンラインゲーム「スレイヤーズ」の運営を開始します。

30回勝ち続けると自由になれるため、スレイヤーズに参加する死刑囚が続出。無実の罪で捕まった主人公の「ケーブル」も外で待つ妻のために参加を決意。そんなケーブルを操作する17歳のゲーマーでありもう一人の主人公である「サイモン」と共に、スレイヤーズと陰謀を企むケン・キャッスルに立ち向かいします。

制作費5,000万ドルを投じたものの、興業収入は4,000万という思わしくない結果に。しかし未来のオンラインゲーム像を描いたとして評価する映画ファンも少なくありません。

映画「Gamer」をより詳しく知りたい方は、下記リンクより「ゲーム大辞典」の該当項目をチェックしてみてください。
■ゲーム大辞典:映画「Gamer」 URL:http://game-lexicon.jp/word/Gamer%EF%BC%88%E6%98%A0%E7%94%BB%EF%BC%89
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

    【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  2. なぜ『聖剣伝説3』のリースは20年以上愛されているのか?―その魅力ポイントを解説【特集】

    なぜ『聖剣伝説3』のリースは20年以上愛されているのか?―その魅力ポイントを解説【特集】

  3. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE 』case57「コクーン殺人事件 その1」

  4. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】無人島から離れられない

  5. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE 』case56「狂信」

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る