人生にゲームをプラスするメディア

【今日のゲーム用語】「Snoop Dogg」とは ─ 自身が登場するゲームをリリースするなどマルチに活躍するラッパー

ソフトやハードはもちろん、専門的な名称から業界人まで、ゲームに関わる様々な用語を多数収録している「ゲーム大辞典」。その中からひとつずつピックアップして紹介するこのコーナー、本日のテーマは「Snoop Dogg」です。

その他 全般
【今日のゲーム用語】「Snoop Dogg」とは ─ 自身が登場するゲームをリリースするなどマルチに活躍するラッパー
  • 【今日のゲーム用語】「Snoop Dogg」とは ─ 自身が登場するゲームをリリースするなどマルチに活躍するラッパー
ソフトやハードはもちろん、専門的な名称から業界人まで、ゲームに関わる様々な用語を多数収録している「ゲーム大辞典」。その中からひとつずつピックアップして紹介するこのコーナー、本日のテーマは「Snoop Dogg」です。

「Snoop Dogg」はアメリカのラッパー。1972年にL.A.のロング・ビーチで生まれ、19歳の時にラッパーとして生きようと決意。ネイト・ドッグ、ウォーレン・Gと共に「クリーク213」というグループを立ち上げ、全米デビューを果たします。

少年時代をギャングとして過ごしたバックグラウンドがSnoop Dogg独自のスタイルを作り上げ、後に音楽活動を通じての社会貢献や自身のバスケットボール・チームを立ち上げるなど、慈善活動にも力を入れました。

映画業界への進出も果たすかたわら、Snoop Dogg本人がプレイヤーキャラクターとして登場する対戦格闘ゲーム『Way of the Dogg video game』をリリースするなど、意欲的な活動と活躍は留まるところを見せず、世界中にSnoop Doggのファンがいます。ちなみに『Way of the Dogg video game』はタイトルからも分かる通り、ブルース・リーの映画からインスパイアを得ています。

「Snoop Dogg」をより詳しく知りたい方は、下記リンクより「ゲーム大辞典」の該当項目をチェックしてみてください。名前の由来なども記載されています。
■ゲーム大辞典:「Snoop Dogg」 URL:http://game-lexicon.jp/word/Snoop+Dogg
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 舞元啓介主催「にじさんじ最強雀士決定戦」が4月12日開催決定!優勝ライバーは誰だ【読者アンケート】

    舞元啓介主催「にじさんじ最強雀士決定戦」が4月12日開催決定!優勝ライバーは誰だ【読者アンケート】

  2. 「屋根裏部屋」でのウェブミーティングは、まるで心の怪盗団!? アトラスが『P5R』の画像をテレワーク時の背景として提案

  3. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  4. 教科書「NEW CROWN」のキャラデザ・イラストを『ラブプラス』箕星太朗氏が担当!「キャラクターも成長するように描いた」

  5. 【週刊インサイド】スイッチ本体の高騰・品薄に関心集中─『あつまれ どうぶつの森』カブ取引やイースターのたまごなどに迫る特集も話題に

アクセスランキングをもっと見る