人生にゲームをプラスするメディア

PS4『The Order: 1886』最新デモハンズオン、QTEが鍵になる豪華アクション

Ready at Dawnスタジオ開発の三人称アクションアドベンチャー『The Order: 1886』。PlayStation Experienceのために用意されたデモをメディアショーケースでプレイしてきたので、さっそくインプレッションをお届けします。

ソニー PS4
PS4『The Order: 1886』最新デモハンズオン、QTEが鍵になる豪華アクション
  • PS4『The Order: 1886』最新デモハンズオン、QTEが鍵になる豪華アクション
  • PS4『The Order: 1886』最新デモハンズオン、QTEが鍵になる豪華アクション
  • PS4『The Order: 1886』最新デモハンズオン、QTEが鍵になる豪華アクション
  • PS4『The Order: 1886』最新デモハンズオン、QTEが鍵になる豪華アクション
  • PS4『The Order: 1886』最新デモハンズオン、QTEが鍵になる豪華アクション
  • PS4『The Order: 1886』最新デモハンズオン、QTEが鍵になる豪華アクション
The Game Awards 2014とPlayStation Experienceのキーノートで立て続けに新映像が封切られた、Ready at Dawnスタジオ開発の3人称アクションアドベンチャー『The Order: 1886』。PlayStation Experienceのために用意されたデモをメディアショーケースでプレイしてきたので、さっそくインプレッションをお届けします。


チャンプターVがフィーチャーされた今回のデモでは、主人公ガラハッド卿ひきいる騎士たちが、Agamemnonと呼ばれる巨大飛行船内の潜入ミッションに挑戦。飛行船の屋根からロープで側面を下って入口を目指す冒頭の場面は、カットシーンかと思わせていきなり操作可能。アナログスティックとXボタンを組み合わせて操作を行います。カットシーンで済まさずにシネマティックなゲームプレイが味わえるのは本作の魅力だと感じました。

ミッション序盤は、反乱軍の兵士をやり過ごしながら飛行船内部へと進むステルスゲームプレイが展開。半獣と呼ばれるモンスター系の敵は一切あらわれず、反乱軍の兵士が主な相手です。カバーリングやダッシュを駆使して姿を見られないように、背後から忍び寄って敵を一撃で倒すこともできます。その際は敵に近づくとQTEが発生、△マークが円の中に入った瞬間タイミングよくボタン入力すれば成功。


ステージ中には、ガラハッド卿が特殊なツールを用いて、鍵のかかったドアをこじ開けたりブレーカーを落とすポイントがあり、2本の動くスイッチに合わせてL3+R3をタイミングよく押し続けて固定するもの、DUALSHOCK 4のバイブレーションの度合いを感じ取って入力を行うものなど、ギミックに富んだQTE要素が用意されていました。

また、狭い室内で数人の敵を相手にする戦闘シーンにおいても連続的なQTE操作が求められ、ただボタンを入力するのではなく、スティック操作を組み合わせたりと変わった方式が採用。これらを単なる「QTEゲー」と一蹴するか、『Heavy Rain』のようにある種のQTEシステムの革新と見るかは、プレイヤー次第かもしれません。


デモの後半は、二階層にわかれた広間を舞台に、複数の反乱兵と激しい銃撃戦が繰り広げられます。スナイパーライフル、ショットガン(Combo Gun)、マシンピストル、グレネードと使える武器も多彩で、途中でカットシーンやQTEに操作を奪われることもなく、純粋なシューターとしてのゲームプレイが味わえました。こうしたプレイ中も、キャラクターたちは非常によくしゃべるので、それぞれの個性や立場などストーリー背景を理解しやすい作りです。

プレイを通してのインプレッションとしては、世界観やビジュアル、演出といった表面的な作り込みは一級品ながら、コントローラーを握って実際に遊ぶゲームプレイ面の作り込みに少々物足りなさを感じました。飛行船という今回の特殊なステージ環境も要因のひとつだったかもしれませんが、マップはほぼ1本道で、本筋から外れて何かを見つけるといった探索要素も見受けられず。リッチなシネマティックシーンも、クセのあるQTEに失敗して繰り返し見続けると魅力が薄れてしまいます。ただ、死亡時のリスタートが非常に早いのはデモで確認できました。

PS4タイトル『The Order: 1886』は日本国内で2015年2月20日に発売予定です。
《Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 「PS5」の販売情報まとめ【9月24日】─「ノジマオンライン」における9月の当選倍率は20~30倍程度

    「PS5」の販売情報まとめ【9月24日】─「ノジマオンライン」における9月の当選倍率は20~30倍程度

  2. リメイク版『月姫』を遊んでおきたい3つの理由ー「タイトルだけ知ってる」で終わらせるには、あまりにも惜しい…!

    リメイク版『月姫』を遊んでおきたい3つの理由ー「タイトルだけ知ってる」で終わらせるには、あまりにも惜しい…!

  3. 『テイルズ オブ アライズ』史上最速で100万本突破!その快挙に富澤Pやアルフェン役・佐藤拓也さんも反応

    『テイルズ オブ アライズ』史上最速で100万本突破!その快挙に富澤Pやアルフェン役・佐藤拓也さんも反応

  4. 『モンハン:ワールド』俺たちの相棒「受付嬢」のかわいい姿を見よう! “全DLC衣装”でじっくり楽しむ受付嬢フォトコレクション【ワールド編】

  5. 『原神』ミラーメイデンは“ノーパン”かもしれない…彼女を隅々まで観察し見えてきた、家庭的で拘束好きという可能性

  6. 『アトリエ』シリーズ13タイトルが最大60%オフ!コーエーテクモ「TGSセール」、10月4日まで

  7. 『原神』1周年動画で“計8項目のゲーム内データ”公開!ファトゥス「公子」との初戦勝率は…

  8. 再び国道依存症にならないか?PS5『デス・ストランディング ディレクターズカット』で進化した数々のポイント

  9. 『JUDGE EYES:死神の遺言』海外でも高評価、その面白さの理由を紐解く

  10. 『ソウルキャリバーVI』追加キャラ「カサンドラ」「覇王丸」参戦決定―シーズンパス2の告知も

アクセスランキングをもっと見る