人生にゲームをプラスするメディア

【レビュー】ボルテージ、だけどメンズもOK!グイグイ物語に引き込まれる『ゴシップライター ~消えたアイドルを救え!』

先日、DEVELOPER'S TALKの最新号でフィーチャーしたボルテージのiOS/Android向けゲーム『ゴシップライター ~消えたアイドルを救え!』。同社が今後力を入れていくという、恋愛に続く新たなジャンル、サスペンスをテーマにしたゲームです。

モバイル・スマートフォン iPhone
【レビュー】ボルテージ、だけどメンズもOK!グイグイ物語に引き込まれる『ゴシップライター ~消えたアイドルを救え!』
  • 【レビュー】ボルテージ、だけどメンズもOK!グイグイ物語に引き込まれる『ゴシップライター ~消えたアイドルを救え!』
  • 【レビュー】ボルテージ、だけどメンズもOK!グイグイ物語に引き込まれる『ゴシップライター ~消えたアイドルを救え!』
  • 【レビュー】ボルテージ、だけどメンズもOK!グイグイ物語に引き込まれる『ゴシップライター ~消えたアイドルを救え!』
  • 【レビュー】ボルテージ、だけどメンズもOK!グイグイ物語に引き込まれる『ゴシップライター ~消えたアイドルを救え!』
  • 【レビュー】ボルテージ、だけどメンズもOK!グイグイ物語に引き込まれる『ゴシップライター ~消えたアイドルを救え!』
先日、DEVELOPER'S TALKの最新号でフィーチャーしたボルテージのiOS/Android向けゲーム『ゴシップライター ~消えたアイドルを救え!』。同社が今後力を入れていくという、恋愛に続く新たなジャンル、サスペンスをテーマにしたゲームです。

インタビューをするからにはゲームを遊ばねば、という気持ちで始めた筆者でしたが、すっかりドハマり。今までボルテージさんのゲームも、こうしたノベルゲームも触った事は無かったのですが、気付けば連続ログインが30日以上。クリアまで遊ばせていただきましたので、ご紹介します。

■グイグイ引き寄せられるストーリー

本作は「ノベル型サスペンスアドベンチャー」と銘打たれ、物語を体験していくタイプのゲームです。キモはストーリーです。簡単にさわりを紹介すると、主人公はフリーランスの雑誌ライター、甲斐務。いわゆるゴシップ記者として芸能やスキャンダルなどを追う家業です。もう一人の主人公はタイトルにもある「救え」の対象となるクラビアアイドルの久世莉子。売れないライターと、落ち目のアイドル。番組収録中に起こった惨殺事件を追う記者と犠牲者の一人として物語は始まります。

ゲームは大きな章が三つ、その中に十数個のストーリーがあり、更にそれぞれが前・中・後編に分かれます。一つ一つは3、4分で読めるボリュームで、スマホならではの手軽さ。徐々に物語が、そしてテンポ良く語られていきます。事件を追う記者と犠牲者という有りがちな始まりですが、その事件の闇の深いこと。核心に届きそうなところで手が届かないジリジリ感。そうなのか、と思ったら裏返し、さらに裏返し、と次第に全容が見えていく物語に、つい引き込まれてしまいます。

ゲームシステムとしては毎日3枚配布されるストーリーパスで、一つのストーリー(前・中・後)が読めるという形。普通に読み進めていくと一ヶ月くらいはかかるでしょうか。もっと楽しみたい方には有料でアイテムを購入すれば早く進めることも可能。ただし結構なボリュームですので、一気に最後まで読み進めようとそれなりの出費を覚悟する必要あり。

課金せずとも毎日20~30分くらいは遊べるため、筆者は毎日地道に進めるスタイルで遊んでいました。一気に読み進めたい方はお金を払ってね、という感じでしょうか。(筆者はとっても面白かったので、感謝の気持ちで少しばかりの課金をしていました)

■単に読むだけじゃない

一つ一つのストーリーは前・中・後編という物語パートと、会話パートに分かれています。会話パートでは次の物語に進むために、関係する人物に話を聞いていきます。記者の聞き込み、というと少し違いますがイメージは近いです。会話には選択肢が幾つか用意され、正解を選ぶとキーワードが手に入ります。最後に適切なキーワードを選ぶと次の物語に進めます。

ノベルゲームというと受け身なイメージもありますが、この会話パートのおかげで、能動的に選択肢を選んでいく楽しさがあります。登場人物との会話を行うことで、物語をより深く理解していくことにも繋がる気がします。

インタビューでは長く遊べるゲームにしたいと述べられていましたが、既に追加されているサブコンテンツとしてサイドストーリーを楽しめる「日下の部屋」、ゲームに登場する女性キャラクターとの会話を楽しめる「秘密の部屋」というコンテンツが追加されています。こちらも、この世界をより深く楽しめるもので、一旦ストーリーをクリアした筆者も暫くこちらで楽しめる予感がしています。

魅力的な物語とゲームプレイ。恋愛ゲームには縁のなかった男子諸君も試して欲しい、ボルテージの新しい挑戦、『ゴシップライター ~消えたアイドルを救え!』でした。

点数 85/100
プレイ時間 15時間以上
《土本学》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『オクトパストラベラー大陸の覇者』新トラベラー「ドロテア」が1月23日のアップデートに登場!初の期間限定キャラとしての実力はいかに

    『オクトパストラベラー大陸の覇者』新トラベラー「ドロテア」が1月23日のアップデートに登場!初の期間限定キャラとしての実力はいかに

  2. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

    誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  3. 『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

    『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

  4. 次世代リアルカードバトル 『魔法図書館キュラレ』プレイレポ!骨太なストーリーと軽快なゲームテンポが魅力

  5. 「『FGO』2020年に実装されて“1番好きになったサーヴァント”は誰?」結果発表―トップ争いは異聞帯関係者! 全27騎の投票理由にも注目【アンケート】

  6. 『マリオカート ツアー』マルチプレイが3月9日に正式実装!毎日変わるルールで「ウデマエ」を競い合え

  7. 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】

  8. 『FGO』そもそも「ミニサーヴァント」って何者? 過去イベを振り返り、その生まれに迫る!

  9. 落ち着いたら『FGO』の聖地を巡ろう! 5周年企画「under the same sky」の各地域まとめ―特徴やサーヴァントとの繋がり、小ネタ等を紹介【西日本編】

  10. 『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

アクセスランキングをもっと見る