人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、第2四半期業績を発表・・・ヒット作やWii Uの勢い回復で営業損失は2億円まで改善

ゲームビジネス 市場

任天堂が29日発表した平成27年3月期の第2四半期業績は、売上高1713億9900万円(前年同期比-12.8%)、営業利益2億1500万円(-)、経常利益221億9600万円(-)、純利益143億円(-)でした。為替レートが想定より円安に振れているため、155億円の為替差益が発生し経常利益を押し上げています。

第2四半期は9月に国内で発売された『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』が国内で非常に好調だったほか、海外では10月発売ですが既に出荷が開始されていたため、販売本数は世界で322万本となりました。6月に海外で発売した『トモダチコレクション 新生活』が堅調で全世界での販売本数が127万本(累計312万本)となりました。Wii Uでは『マリオカート8』や『ゼルダ無双』が好調でした。

ハードウェアはニンテンドー3DSが209万本、Wii Uが112万台でした。

通期の業績予想は売上高5900億円、営業利益400億円、経常利益350億円、純利益200億円を据え置いています。第2四半期までの売上高は前年同期と比べて約10%のダウンですが、営業利益は約200億円改善していて、利益体質に近づいていると言えます。

通期についてはWii Uは『マリオカート8』の発売以降、勢いが回復しているとして、11月以降に発売する『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』に大きな期待を寄せています。また、同時に発売するamiiboは任天堂のキャラクターIPの積極利用の1つで、楽しみ方の幅を広げ、店頭でも露出の拡大や認知向上の効果も期待しているとのこと。

また3DSについても夏以降、ヒットタイトルが登場した事で勢いが改善しつつあり、『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』やサードパーティの有力タイトルで更に伸びることを期待しているとのこと。日本で先行となったNewニンテンドー3DSも好調な売上で、新しい商品の登場で3DSの一層の普及を目指すとしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

    メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

  2. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  3. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  4. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  5. 今週発売の新作ゲーム『World of Warcraft: Battle For Azeroth』『The Walking Dead: The Final Season』他

  6. エピック・ゲーム・ジャパンの設立発表会が開催~Unreal Engineで日本市場に本格進出

  7. 川島隆太教授、『脳トレ』のロイヤリティは受け取らず

  8. これがリアル「遊戯王」か!「HoloLens」で“リアルにモンスターを召喚”するデモ動画公開

  9. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  10. 【CEDEC 2012】静的解析ツールがバグを潰し、新人を育てる

アクセスランキングをもっと見る