人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、第2四半期業績を発表・・・ヒット作やWii Uの勢い回復で営業損失は2億円まで改善

任天堂が29日発表した平成27年3月期の第2四半期業績は、売上高1713億9900万円(前年同期比-12.8%)、営業利益2億1500万円(-)、経常利益221億9600万円(-)、純利益143億円(-)でした。

ゲームビジネス 市場
任天堂が29日発表した平成27年3月期の第2四半期業績は、売上高1713億9900万円(前年同期比-12.8%)、営業利益2億1500万円(-)、経常利益221億9600万円(-)、純利益143億円(-)でした。為替レートが想定より円安に振れているため、155億円の為替差益が発生し経常利益を押し上げています。

第2四半期は9月に国内で発売された『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』が国内で非常に好調だったほか、海外では10月発売ですが既に出荷が開始されていたため、販売本数は世界で322万本となりました。6月に海外で発売した『トモダチコレクション 新生活』が堅調で全世界での販売本数が127万本(累計312万本)となりました。Wii Uでは『マリオカート8』や『ゼルダ無双』が好調でした。

ハードウェアはニンテンドー3DSが209万本、Wii Uが112万台でした。

通期の業績予想は売上高5900億円、営業利益400億円、経常利益350億円、純利益200億円を据え置いています。第2四半期までの売上高は前年同期と比べて約10%のダウンですが、営業利益は約200億円改善していて、利益体質に近づいていると言えます。

通期についてはWii Uは『マリオカート8』の発売以降、勢いが回復しているとして、11月以降に発売する『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』に大きな期待を寄せています。また、同時に発売するamiiboは任天堂のキャラクターIPの積極利用の1つで、楽しみ方の幅を広げ、店頭でも露出の拡大や認知向上の効果も期待しているとのこと。

また3DSについても夏以降、ヒットタイトルが登場した事で勢いが改善しつつあり、『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』やサードパーティの有力タイトルで更に伸びることを期待しているとのこと。日本で先行となったNewニンテンドー3DSも好調な売上で、新しい商品の登場で3DSの一層の普及を目指すとしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『九龍妖魔學園紀 ORIGIN OF ADVENTURE』『VALORANT』『アウター・ワールド』『世界のアソビ大全51』他

    今週発売の新作ゲーム『九龍妖魔學園紀 ORIGIN OF ADVENTURE』『VALORANT』『アウター・ワールド』『世界のアソビ大全51』他

  2. 2020年6月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2020年6月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 2020年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2020年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 2020年1月発売の新作ゲームは何を買う?注目タイトルまとめ!【年末年始特集】

  5. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  6. 世界に通用するゲーム作りはここから生まれる・・・プラチナゲームズの本音を語る座談会(前編)

  7. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  8. 2020年5月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  9. 【CEDEC 2010】良い立体視を作るコツとは?そのお作法を紹介

  10. 今週発売の新作ゲーム『DOOM Eternal』『Half-Life: Alyx』『ONE PIECE 海賊無双 4』『ライフ イズ ストレンジ 2』他

アクセスランキングをもっと見る