人生にゲームをプラスするメディア

【今日のゲーム用語】「トゥーンレンダリング」とは ─ 二次元と3Dが出会った、魅力的な表現

その他 全般

【今日のゲーム用語】「トゥーンレンダリング」とは ─ 二次元と3Dが出会った、魅力的な表現
  • 【今日のゲーム用語】「トゥーンレンダリング」とは ─ 二次元と3Dが出会った、魅力的な表現
ソフトやハードはもちろん、専門的な名称から業界人まで、ゲームに関わる様々な用語を多数収録している「ゲーム大辞典」。その中からひとつずつピックアップして紹介するこのコーナー、本日のテーマは「トゥーンレンダリング」です。

「トゥーンレンダリング」とは、アニメやマンガのような二次元の絵柄を3Dグラフィックスで表現する技術のこと。ゲーム業界のみならず、アニメ、映画業界にも普及しており、リアルなグラフィックと一線を画する技術として広がりを見せている表現方法です。

トゥーンレンダリングの先駆けとなったアクションゲーム『ジェット セット ラジオ』では、その独特な世界観を表現することに成功。当時はまだトゥーンレンダリングという言葉が一般的ではなく、セガ内では「マンガディメンション」と呼ばれていました。

現在では様々なメーカーがこの技術を採用しており、特にキャラクターを魅力的に描くタイトルなどで使用されています。一例をあげるならば、アイドルたちを育成する『アイドルマスター』シリーズではアニメのような可愛らしいキャラクターの生き生きとした姿に多くのユーザーが惹きつけられ、大人気シリーズとして今も厚い支持を受けています。

「トゥーンレンダリング」をより詳しく知りたい方は、下記リンクより「ゲーム大辞典」の該当項目をチェックしてみてください。このほかのタイトルに関しても言及されています。
■ゲーム大辞典:「トゥーンレンダリング」 URL:http://game-lexicon.jp/word/%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 人気アニメ「キルラキル」が対戦アクションゲーム化!『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』発表

    人気アニメ「キルラキル」が対戦アクションゲーム化!『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』発表

  2. 【昨日のまとめ】『FGO』コスプレしてみたいサーヴァント結果発表、『ポケモンGO』色違いヨーギラスをゲットできた?、『ZOIDS FIELD OF REBELLION』はどういうゲームだったのか…など(6/16)

  3. 【昨日のまとめ】『エースコンバット7』新画像公開、『モンハン:ワールド』×『FFXIV』コラボを辻本良三氏&吉田直樹氏に訊く、『FGO』「Target」表記の意味を運営が紹介…など(6/15)

  4. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  5. 数々の発表を振り返る!「E3 2018」各社プレスカンファレンスひとまとめのひとまとめ

  6. 「クレしん」"シロ"がシロの飼い主に!? しんのすけ新声優・小林由美子さんにTwitterの反応は?

アクセスランキングをもっと見る