人生にゲームをプラスするメディア

2014年オンラインゲーム市場規模は110億ドルに ― SuperData Researchが報告

『League of Legends』や『Dota 2』、『World of Tanks』などの台頭により、大幅な変化を迎えたオンラインゲーム市場。そんなオンラインゲーム市場規模が2014年末までに110億ドルに到達し、2017年には130億ドルに達するという研究結果をSuperDate Researchが報告しました。

PCゲーム オンラインゲーム
2014年オンラインゲーム市場規模は110億ドルに ― SuperData Researchが報告
  • 2014年オンラインゲーム市場規模は110億ドルに ― SuperData Researchが報告
『League of Legends』や『Dota 2』、『World of Tanks』などの台頭により、一昔前とは大幅な変化を迎えたオンラインゲーム市場。そんなオンラインゲーム市場規模が2014年末までに110億ドル(約1.19兆円)に到達し、2017年には130億ドル(約1.4兆円)に達するという研究結果をSuperData Researchが報告しました。

SuperData Researchによる現在の統計データでは、アジアの市場規模が一番大きくFree-to-Play(以下F2P)モデルで33億ドル、Pay-to-Play(以下P2P)モデルで9億ドルの市場が形成されています。ついでヨーロッパのF2Pで24億ドル、P2Pで7億ドル。北米のF2Pで14億ドル、P2Pで7億ドルと言った順になっています。

SuperData Researchの予測では、F2Pモデルでオンラインゲーム市場が膨らみ、2017年早期までに111億ドルの規模、通期で130億ドルへと到達する見込みであると報告。現在、オンラインゲームはデジタルゲーム市場でも21%の割合を占めていることのこと。

タイトル別の統計データでは、『League of Legends』がシェアの11.9%を占める9億4600万ドルを記録。4位には10周年を迎える『World of Warcraft』がランクインし、P2Pモデルでありながら、9.1%のシェアを誇っています。また、ランキング5位に位置する『World of Tanks』は3億6900万ドルながらも、より少ないユーザーベースで高い収益化に成功しているタイトルであると報告しています。

Free-to-Playのビジネスモデルが主流となって久しいオンラインゲーム市場。次々と新しいタイトルが登場しており、市場規模の拡大と同様、これからも熱いゲームプレイを期待できそうです。

※文中の誤字を訂正しました。コメントでのご指摘ありがとうございます。
《水京》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  2. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

    スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  3. 人気ストリーマー・RasさんがPC版『Apex Legends』ランクマッチにおけるチーターの多さに苦言―「チーター」がTwitterトレンドになる事態に【UPDATE】

    人気ストリーマー・RasさんがPC版『Apex Legends』ランクマッチにおけるチーターの多さに苦言―「チーター」がTwitterトレンドになる事態に【UPDATE】

  4. 「一緒に戦いましょう!」チーター騒動を受け『Apex Legends』セキュリティスタッフが日本のプレイヤーへ呼びかけ

  5. 『Barvillage』新システムアイテム「着ぐるみアイテム」販売開始

  6. PC版『Detroit: Become Human』配信開始! 最初のチャプターが遊べるデモ版も

  7. 圧倒的自由度が世界150カ国以上で支持される、MMORPG『黒い砂漠』を今こそ遊んでほしい5つの魅力を紹介

  8. Steamの「返金率」はどれくらい?ゲーム開発者が明かす

アクセスランキングをもっと見る