人生にゲームをプラスするメディア

TVアニメ「妖怪ウォッチ」第39話の放送休止相次ぐ ─ 番組内のパロディネタが原因か

昨年、3DSソフトとしてデビューを果たした『妖怪ウォッチ』は、その完成度の高さや愛すべきキャラクターの数々が好評を呼び、後に始まったTVアニメと共に人気が爆発。ゲームソフトはミリオンヒットを達成し、妖怪メダルをはじめとする関連グッズも売り切れが続出しました。

その他 アニメ
今年の12月に発売予定の最新作『妖怪ウォッチ2 真打』
  • 今年の12月に発売予定の最新作『妖怪ウォッチ2 真打』
  • AT-X 公式サイトショット
昨年、3DSソフトとしてデビューを果たした『妖怪ウォッチ』は、その完成度の高さや愛すべきキャラクターの数々が好評を呼び、後に始まったTVアニメと共に人気が爆発。ゲームソフトはミリオンヒットを達成し、妖怪メダルをはじめとする関連グッズも売り切れが続出しました。

もちろんTVアニメの人気も高まるばかりで、小学生を中心に幅広い年代から支持を受け、今や国民的な支持を得るほどの作品へと成長しました。テレビ東京をはじめ全国の各局にて放送されており、日本中の少年少女が「妖怪ウォッチ」を楽しみにしています。

そんな、アニメでも勢いを増すばかりの「妖怪ウォッチ」ですが、このたびAT-Xとバンダイチャンネルが、TVアニメ「妖怪ウォッチ」第39話の放送を休止すると発表しました。第39話は、みんなにウソをつかせる妖怪“U.S.O.”と、大事なネタをバラしてしまう妖怪“ネタバレリーナ”が登場する回となります。

バンダイチャンネルは「後日改めて配信する」とし、時期が決まり次第案内する旨をアナウンスしています。またAT-Xは「作品供給元のテレビ東京の都合により休止いたします」と発表し、第40話以降に関しては10月26日以降から再開すると明かしました。

休止に関する詳細などは告げられていませんが、該当話の内容にはパロディネタが含まれており、それが休止の原因になったのではないかとの声も挙がっています。

(C)AT-X, Inc. All rights reserved.
(C)LEVEL-5/妖怪ウォッチプロジェクト・テレビ東京
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. νガンダムはやっぱり伊達じゃない!「解体匠機」で君の家の一角がラー・カイラムに【おもちゃショー2019】

    νガンダムはやっぱり伊達じゃない!「解体匠機」で君の家の一角がラー・カイラムに【おもちゃショー2019】

  2. このザク……動くぞ!?ガンダムで学ぶプログラミング「ジオニックテクニクス」【おもちゃショー2019】

  3. 『ゼルダの伝説 BotW』の続編が開発中! ゼルダやリンクの姿をちょい見せ【E3 2019】

  4. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  5. コミケ準備会、通行証をオークションに出品したサークルを公開…今後参加禁止に

  6. 『ポケカ』新強化拡張パック「リミックスバウト」より「リザードン&テールナーGX」を初公開!

アクセスランキングをもっと見る

1