人生にゲームをプラスするメディア

「じゃがりこ」 を入れるパーティーゲーム「じゃがりこパニック」、その罰ゲームが意外とハード

その他 玩具

「じゃがりこパニック」
  • 「じゃがりこパニック」
  • 「じゃがりこ」 を入れるパーティーゲーム「じゃがりこパニック」、その罰ゲームが意外とハード
  • 「じゃがりこ」 を入れるパーティーゲーム「じゃがりこパニック」、その罰ゲームが意外とハード
  • 「じゃがりこ」 を入れるパーティーゲーム「じゃがりこパニック」、その罰ゲームが意外とハード
  • 「じゃがりこ」 を入れるパーティーゲーム「じゃがりこパニック」、その罰ゲームが意外とハード
  • 「じゃがりこ」 を入れるパーティーゲーム「じゃがりこパニック」、その罰ゲームが意外とハード
  • 「じゃがりこ」 を入れるパーティーゲーム「じゃがりこパニック」、その罰ゲームが意外とハード
  • 「じゃがりこ」 を入れるパーティーゲーム「じゃがりこパニック」、その罰ゲームが意外とハード
タカラトミーアーツは、2014年11月13日より、「じゃがりこパニック」を発売すると発表しました。

「じゃがりこパニック」は、カルビーより発売されているスナック菓子の「じゃがりこ」を、ゲーム感覚で食べることができる商品です。希望小売価格は2,800円(税抜)。食べる行為に「ゲーム性」という遊びを加え、じゃがりこが飛び出す仕組みになっています。じゃがりこが飛び出した人には、罰ゲームも。実際の「じゃがりこ」を、ハラハラドキドキしながら食べることができます。

遊び方は、「じゃがりこ」のマスコットキャラクター・キリンの「じゃがお」の形をした本体に、ふたをはがした「じゃがりこ」を容器ごとセットするだけ。あとは、本体の頭部分(じゃがおヘッド)を閉めて、何人かで順番に「じゃがおヘッド」を持ち上げて「じゃがりこ」を1本取り、次の人に回していきます。すると、「じゃがおヘッド」を開けた際に、一定の確率で「じゃがりこ」が「ガシャン」と飛び出します。「じゃがりこ」が飛び出してしまった人は、罰ゲームとして「ペナルティーカード」をひき、「両端の人から耳に息を吹きかけられる」「両端の人からお腹のお肉をツンツンされる」など、そこに書いてある罰ゲームをしなくてはいけません。

じゃがりこが飛び出す勢いは、じゃがりこが容器の外にこぼれない程度に保ちつつ、遊んでいる人がビックリするような高さになるようにバネの強度が調整されています。また、とび出す際に、本体の「じゃがお」の腕が後ろに動くというアクションも加えられています。

◆「じゃがりこパニック」


・希望小売価格:2,800円(税抜)
・本体サイズ:W170mm×H185mm×D140mm
・重さ:284g
・内容:本体、取扱説明書、ペナルティーカード(18枚+予備2枚)
・対象年齢:15歳以上
・取扱い場所:全国の量販店、玩具専門店、雑貨店 などの玩具売場、菓子売場ほか

サクサク美味しい「じゃがりこ」を使ったパーティーゲーム「じゃがりこパニック」。家族や仲間と美味しく、楽しく遊んでみてはいかがでしょうか。

(C)T‐ARTS (C) カルビー
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  2. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

    サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  3. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

  4. 【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』注目ブキや前作との違いが話題に―PS4『GRANBLUE FANTASY Re: LINK(仮)』プレイ映像にも興味津々

  5. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case08「対立」

  6. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームのプロデューサーを呼び捨てして罵倒するという悪意

  7. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case09「奪還・前編」

  8. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  9. どのシチュが好み?「#イーブイとデートなうに使っていいよ」が開催中―抽選50名にしっぽクッション、内1名はイーブイが直接手渡し!

アクセスランキングをもっと見る