人生にゲームをプラスするメディア

【LINE CONFERENCE TOKYO 2014】MMORPGも登場、カジュアルが売りの「LINE GAME」コア並走は成功なるか

LINEは舞浜アンフィシアターにて、「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」を開催しました。本記事ではプレゼンテーションのひとつ、「LINE GAME」についてお伝えします。

モバイル・スマートフォン iPhone
【LINE CONFERENCE TOKYO 2014】MMORPGも登場、カジュアルが売りの「LINE GAME」コア並走は成功なるか
  • 【LINE CONFERENCE TOKYO 2014】MMORPGも登場、カジュアルが売りの「LINE GAME」コア並走は成功なるか
  • 【LINE CONFERENCE TOKYO 2014】MMORPGも登場、カジュアルが売りの「LINE GAME」コア並走は成功なるか
  • 【LINE CONFERENCE TOKYO 2014】MMORPGも登場、カジュアルが売りの「LINE GAME」コア並走は成功なるか
  • 【LINE CONFERENCE TOKYO 2014】MMORPGも登場、カジュアルが売りの「LINE GAME」コア並走は成功なるか
  • 【LINE CONFERENCE TOKYO 2014】MMORPGも登場、カジュアルが売りの「LINE GAME」コア並走は成功なるか
  • 【LINE CONFERENCE TOKYO 2014】MMORPGも登場、カジュアルが売りの「LINE GAME」コア並走は成功なるか
  • 【LINE CONFERENCE TOKYO 2014】MMORPGも登場、カジュアルが売りの「LINE GAME」コア並走は成功なるか
  • 【LINE CONFERENCE TOKYO 2014】MMORPGも登場、カジュアルが売りの「LINE GAME」コア並走は成功なるか
LINEは舞浜アンフィシアターにて、「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」を開催しました。本記事ではプレゼンテーションのひとつ、「LINE GAME」についてお伝えします。

エンターテインメントプラットフォームのプレゼンテーションに登壇した執行役員CMOの舛田淳氏。まずは、「LINE GAME」がトータルで4億4千万ダウンロードを達成したこと告げ、日本で大流行をみせた『LINE ディズニーツムツム』は2,800万ダウンロード、『LINE ポコパン』は3,700万ダウンロードを記録したことを発表しました。

3,800万ダウンロードの『LINE クッキーラン』は日本だけではなく、タイのスマートフォンゲーム市場を変えたほどのタイトルに成長。やや敷居の高いと思われたタワーディフェンスゲーム『LINE レンジャー』も2,200万を達成し、こちらもタイや台湾などで特に親しまれているそうです。

その結果、カジュアルゲーム×「LINE GAME」の法則はすでに出来ており、もっとさまざまなユーザーにもっと多彩なジャンルのゲームを世界に提供したいと舛田氏。その第一弾とも言える、先日配信された本格RPG『LINE レヴァナントゲート』は、ミドルユーザーやコアユーザー向けに制作されているため、いままで支持されていなかった層にプレイされていることも実感していると語りました。

今後は、カジュアルとコアを並行して展開していくこととなった「LINE GAME」。近日配信のタイトルについて、カジュアルサイドは最初のヒット作となった『LINE POP』の続編にあたる『LINE POP2』、LINEキャラクターが活躍するパズルゲーム『LINE TRIO』を予定。コアサイドは、シミュレーションRPG『LINE アルビオン戦記』、PCゲームクラスの3Dグラフィックスを実現させた本格MMORPG『LINE 英雄の軍団』などが予定されています。

この戦略を世界規模で加速させるために、幾つかのコンテンツパートナーとより密接な関係を築いていく方針。すでに報道されたようにLINEとサイバーエージェントとの合併会社の設立LINEとグリーの共同出資子会社の設立を決定したと言います。

また、これとは別に世界にチャレンジする日本のゲーム会社の支援を目的にした「LINE Game Global Gateway」を通じた戦略も発表されました。その第1号となったのは、リアル対戦型脳トレ『BrinWars』を提供するトランスリミット。『BrinWars』は早くも世界で300万ダウンロードを飛ばし、アメリカのApp Storeで1位を獲得。ファンドが出資を行い、日本のタイトルが成功した例が出来上がったことで、これからも積極的に支援を行っていくとのこと。

スタートは順調。カジュアルからコアまで手がける「LINE GAME」が1年後どうなっているのか楽しみながら見守っていきたいですね。

(C) LINE Corporation
《きゃんこ》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ウマ娘』「メジロマックEーン杯」から「ハルウララだけで有馬記念」まで!ルームマッチ実装に伴い、続々と“個性的なレース”が開催

    『ウマ娘』「メジロマックEーン杯」から「ハルウララだけで有馬記念」まで!ルームマッチ実装に伴い、続々と“個性的なレース”が開催

  2. 『ウマ娘』「フジキセキ」の勝負服が初公開!原案そのままの姿に「流石フジ先輩」「セクシー過ぎる!」の声殺到

    『ウマ娘』「フジキセキ」の勝負服が初公開!原案そのままの姿に「流石フジ先輩」「セクシー過ぎる!」の声殺到

  3. 『ウマ娘』ヒシアマゾンはマイル~中距離の追込ウマ娘!SSRサポ「バンブーメモリー」には“まさかのマイナススキル”あり

    『ウマ娘』ヒシアマゾンはマイル~中距離の追込ウマ娘!SSRサポ「バンブーメモリー」には“まさかのマイナススキル”あり

  4. 汗と涙のリアルな表現こそが『IDOLY PRIDE』の真骨頂!ーアイドルは感情爆発の先で何を視る

  5. 『ウマ娘』“ヒシアマ姐さん”こと「ヒシアマゾン」が育成ウマ娘に!新サポート「バンブーメモリー」「シンコウウインディ」と共に6月21日実装

  6. 「ベリアル」のこころは希少価値の高い耐久特化!アンコールを使うスーパースターに持たせるのも面白い【ドラクエウォーク 秋田局】

  7. 『ウマ娘』第4回レジェンドレース開幕!初戦の相手は「マヤノトップガン」―史実再現の“追込マヤノ”が牙をむく

  8. ウマ娘たちは“なぜ人間体型で時速70kmも出せるのか?”その走り方を、マンガ・ゲームを科学的に調べる「空想科学研究所」が考察

  9. 『ウマ娘』“福引チャンス”や“安心沢刺々美”の期待値は…?気になるイベントを「育成イベントギャラリー」で検証してみた【特集】

  10. ストラテジーファンに勧めたい『インフィニット・ギャラクシー』―広大な宇宙を自分だけの戦艦で駆け抜けるロマンを、いつでもどこでも

アクセスランキングをもっと見る