人生にゲームをプラスするメディア

グラフィックでゲーマーを驚かせることは難しくなった、Crytekの開発スタッフ語る

ここ数年も『Crysis 3』や『Ryse: Son of Rome』などハイクオリティなビジュアルをアピールする作品を出し続けてきた同社ですが、開発スタッフの1人がグラフィックでゲーマーを驚かせることは難しくなったと胸の内を明かしました。

その他 全般
2007年に初代『Crysis』を発売し、美麗なグラフィックとCryEngineの存在を示したドイツのゲーム会社Crytek。ここ数年も『Crysis 3』や『Ryse: Son of Rome』などハイクオリティなビジュアルをアピールする作品を出し続けてきた同社ですが、開発スタッフの1人がグラフィックでゲーマーを驚かせることは難しくなったと胸の内を明かしました。

海外WebサイトDSOGamingの取材にこたえたのは、Crytekの本拠地フランクフルトのスタジオにて働いているレンダリングエンジニアのNicolas Schulz氏。インタビューは『Crysis 3』や『Ryse』を技術的に迫る内容で、その中で以下のようなやり取りがおこなわれています。

DSO Gaming: 初代『Crysis』は当時としては信じられないようなビジュアルとフィジクスを持ったゲームでした。『Crysis 3』も驚異的だったんですが、初代と比較して見るとビジュアルの新境地を開いたようには感じられません。今後グラフィックの限界を押し上げるような同様のゲームを作りますか?それとも2007年に『Crysis』が成し遂げたようなことは現在では不可能だと思いますか?

Nicolas Schulz: マテリアルやライティング、フェイシャルアニメーションのクオリティにおいて、『Ryse』はリアルタイムグラフィックの境界線を大きく引き上げたように思う。とはいえ全体的に初代『Crysis』の時と比較してみると、われわれゲーム業界が到達した現在のクオリティレベルでは、人々を心の底から驚かせることがだんだんと難しくなっている。とは言え、まだ研究できるエリアは十分に残っているし、当然、可能なかぎり境界線を推し進めていくよ。

2013年2月には『Crysis 3』、また昨年末に『Ryse: Son of Rome』のXbox One版をリリースしたCrytek。現在は『Arena of Fate』に『Hunt: Horrors of the Glided Age』、『Warface』とFree-to-Playタイトルの開発を進めています。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「コナン」最新刊で

    「コナン」最新刊で"黒ずくめの組織"ボスの正体判明! 灰原哀、TVCMで24年越しの真実語る

  2. 「FGO」「アズレン」人気キャラ大集合! 「コスプレ博 in TFT」美女レイヤーまとめ【写真110枚】

  3. マクドナルド、ハッピーセット「スーパーマリオ」を販売開始―ゲームとして遊べる玩具満載!

  4. カラオケで歌いたいアニソンといえば?『ハルヒ』「God knows...」を抑えたトップは…

  5. 新作リズムゲーム『WACCA』ロケテストが開催!平日にも関わらず多くの参加者が秋葉原に集う

アクセスランキングをもっと見る