人生にゲームをプラスするメディア

コーエーテクモ、平成27年3月期第2四半期連結累計期間の業績予想を上方修正 ― 『無双』シリーズが世界で好調

コーエーテクモゲームスは、平成27年3月期第2四半期連結累計期間の業績予想を上方修正しました。

ゲームビジネス 市場
コーエーテクモゲームスは、平成27年3月期第2四半期連結累計期間の業績予想を上方修正しました。

■連結業績予想数値の修正
平成27年3月期第2四半期連結累計期間(平成26年4月1日~平成26年9月30日)

売上高:160億円 → 160億円
営業利益:22億円 → 27億円(22.7% 5億円増)
経常利益:35億円 → 54億円(54.3% 19億円増)
四半期純利益:24億円 → 35億円(45.8% 11億円増)
一株当たり四半期純利益:27円63銭 → 40円29銭


PS4/PS3/Xbox One『真・三國無双7 Empires』が9月から11月に発売延期となったものの、Wii U『ゼルダ無双』や、PS4向けに発売した『無双』シリーズが、ワールドワイドベースで好調な販売を記録。また、主力ソーシャルゲームが計画を上回って推移したほか、ダウンロードコンテンツの伸長やイベント事業の活況もあり、全体として概ね当初予想の水準を確保する見通しになったと発表しました。

営業利益は、利益率が高い売上の構成比率が上昇したことに加えて、コスト低減にも努め、当初予想を上方修正。金融市場における円安、株高等を背景に営業外損益が大幅に向上することから、経常利益、四半期純利益についても当初予想を上回り、売上高、営業利益、経常利益、四半期純利益とも、経営統合以来、上半期としては最高となる見通しになるとしています。

通期の連結業績予想については、第3四半期以降の売上、利益比率が高いことを勘案し、当初予想のままにするとのこと。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 偶然の出会いが唯一無二のコンテンツを生んだ『El Shadai~エルシャダイ~』ディレクター竹安佐和記Xルシフェル役 竹内良太・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第22回

    偶然の出会いが唯一無二のコンテンツを生んだ『El Shadai~エルシャダイ~』ディレクター竹安佐和記Xルシフェル役 竹内良太・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第22回

  2. 【CEDEC 2010】ゲームに込めた情熱・技術を海の向こうまで正確に伝えるために GDD/TDDを書こう

    【CEDEC 2010】ゲームに込めた情熱・技術を海の向こうまで正確に伝えるために GDD/TDDを書こう

  3. 【E3 2012】『Dead Space3』『シムシティ』など、定番タイトルが並んだEAプレスカンファレンス

    【E3 2012】『Dead Space3』『シムシティ』など、定番タイトルが並んだEAプレスカンファレンス

  4. 様々な新機能を搭載したゲーム開発環境「Unity 4」登場 ― 日本語版サイトもオープン

  5. 海外ゲーマーが選ぶゲームの悪役ベスト25−栄光のトップは一体だれ?

  6. Forbesの最も稼いだキャラクターランキングでピカチュウが10位に

  7. 【E3 2009】任天堂プレスカンファレンス フォトレポート

  8. 【東京ゲームショウ2013】インディーズゲームとゲーム実況を融合させたステージイベント「インディーズゲームフェス2013」開催決定

  9. 【CEDEC 2013】知り合いと遊ぶからゲームは楽しい!LINE森川社長が語る「LINE GAME」の戦略

  10. 『MGS V: TPP』海外版スネークの声優交代、本人が改めて明言

アクセスランキングをもっと見る