人生にゲームをプラスするメディア

【今日のゲーム用語】「恐縮だが・・・」とは ─ 印象深い、『バイオショック』の名台詞

その他 全般

【今日のゲーム用語】「恐縮だが・・・」とは ─ 印象深い、『バイオショック』の名台詞
  • 【今日のゲーム用語】「恐縮だが・・・」とは ─ 印象深い、『バイオショック』の名台詞
ソフトやハードはもちろん、専門的な名称から業界人まで、ゲームに関わる様々な用語を多数収録している「ゲーム大辞典」。その中からひとつずつピックアップして紹介するこのコーナー、本日のテーマは「恐縮だが・・・」です。

「恐縮だが・・・」は、『バイオショック』に登場するアトラスが主人公・ジャックに対して使った台詞で、本作を遊んだ方にとっては印象深いワードです。本来ならば、相手に迷惑をかけてしまったり、過分な厚意を寄せられた時に、申し訳なさを伝える言い回しとして使われる言葉ですが、本作に置いては「強制力を持つ一言」として使用されます。

この言葉はある目的のため、フランク・フォンテインがジャックを裏から操るべくかけた暗示、洗脳なのです。彼は当初、アトラスの口癖として気に留めていませんでしたが、フォテンテインの宿敵、アンドリュー・ライアンと対峙した際に「恐縮だが・・・」という言葉に強制力があると知らされ、その後はブリジット・テネンバウムに協力を仰ぎつつ、フォンテインからの洗脳を解くため奔走する事になります。

なお物語の序盤、「恐縮だが・・・まで開けないでほしい」と書かれた封筒をジャックが手にしている場面があり、その直後アトラスが“恐縮”という言葉を繰り返し使用しています。察しの良い方や英語に慣れたプレイヤーは、ここで違和感を覚えたことでしょう。

「恐縮だが・・・」をより詳しく知りたい方は、下記リンクより「ゲーム大辞典」の該当項目をチェックしてみてください。
■ゲーム大辞典:「恐縮だが・・・」 URL:http://game-lexicon.jp/word/%E6%81%90%E7%B8%AE%E3%81%A0%E3%81%8C%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『ロックマンX2』より「エックス セカンドアーマー」のフィギュアが発売決定!LED2色発光ギミックが楽しめる

    『ロックマンX2』より「エックス セカンドアーマー」のフィギュアが発売決定!LED2色発光ギミックが楽しめる

  2. セイバーをリアル世界に召喚!? 宝具解放エフェクトが美しい─斬撃の動きに合わせてプロジェクションマッピングが追従

    セイバーをリアル世界に召喚!? 宝具解放エフェクトが美しい─斬撃の動きに合わせてプロジェクションマッピングが追従

  3. 『ゼノギアス』アクションフィギュアプロジェクト始動!リデザイン/監修は石垣純哉氏が担当

    『ゼノギアス』アクションフィギュアプロジェクト始動!リデザイン/監修は石垣純哉氏が担当

  4. 【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』に関するAmazon「プライム ナウ」サービスが話題に―「ポケモンラリー2017」やNew3DS生産終了などにも関心集中

  5. 【昨日のまとめ】セイバーをリアル世界に召喚!?、『スプラトゥーン2』「前夜祭」は誰に向けたもの?、カップヌードルの新商品がどう見ても『スプラトゥーン2』…など(7/19)

  6. 「シン・ゴジラ」の第4形態が全高約49cmの巨大サイズで立体化! 放射線流発射シーンが再現できる限定版も

  7. 「古事記」がラノベに!?日本の神様が活躍する和風ファンタジー作品「日本の神様とはじまりの物語」発売決定

  8. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  9. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  10. 『リトルバスターズ!』10周年記念!『クドわふたー』アニメ化に向けクラウドファンディングが幕開け

アクセスランキングをもっと見る