人生にゲームをプラスするメディア

Oculus VR共同創立者が中退したメリーランド大学に3100万ドルを寄付

「Oculus Rift」の開発会社、Oculus VR社の共同創立者であるBrendan Iribe氏が、中退した米メリーランド大学に3100万ドルの寄付を行いました。日本円で33億円に上るこの寄付は、同大学史上最高の金額だそうです。

ゲームビジネス その他
Oculus VR共同創立者が中退したメリーランド大学に3100万ドルを寄付
  • Oculus VR共同創立者が中退したメリーランド大学に3100万ドルを寄付
「Oculus Rift」の開発会社、Oculus VR社の共同創立者であるBrendan Iribe氏が、中退した米メリーランド大学に3100万ドルの寄付を行いました。日本円で33億円に上るこの寄付は、同大学史上最高の金額だそうです。

Iribe氏はメリーランド大学に入学し、そこで共同創立者となるMichael Antonov氏と出会ったとしています。前述の通り、同氏は新入生の時、「Oculus Rift」開発前に設立したスタートアップ企業立ち上げのため、早々にメリーランド大学を中退してしまいましたが、メリーランド大学は「Oculus Rift」のインスピレーションを与え、自身の人生を決定づけた場所であるとし、いつか恩返しをしたいと考えていたそうです。そして今回、奨学金やコンピューターサイエンスの新校舎の建設資金として、3100万ドルを寄付し、恩返しを果たすこととなりました。

 
また、共同創立者のAntonov氏は新校舎の建設資金として400万ドル、Iribe氏の母であるElizabeth Trexler氏もコンピューターサイエンスの教授職2枠の為に300万ドルを寄付したと大学は発表しています。ちなみにAntonov氏はIribe氏とは異なり、メリーランド大学を卒業したとのことです。

メリーランド大学ではコンピューターサイエンスを専攻する学生の数が急激に増加しており、2009年に約760人だった学生が、2013年には約1300にまで増えたそうですが、Iribe氏やAntonov氏のような先輩がいるということも、人気を集めることに寄与しているのかもしれません。尊敬する先輩からの寄付は、次の時代の先駆者たちの学びの助けとなりそうです。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】「CEDEC+KYUSHU2016」日野晃博氏による開幕講演…九州のゲーム開発者よ、オリジナルIPを開発しよう!

    【レポート】「CEDEC+KYUSHU2016」日野晃博氏による開幕講演…九州のゲーム開発者よ、オリジナルIPを開発しよう!

  2. 【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

    【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

  3. Wiiでの運動はスポーツの代わりにはならない―英大学研究

    Wiiでの運動はスポーツの代わりにはならない―英大学研究

  4. 2019年6月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 『NintendoDREAM』ディレクター サオヘン氏インタビュー 第一回

  6. 【CEDEC 2013】「飯野賢治は最後まで"ゲームクリエイター"だった」故・飯野賢治氏らが受賞したCEDEC AWARDSレポート

  7. ユーリの騎士団時代を描く『テイルズ オブ ヴェスペリア』劇場用アニメ

  8. Kindleが日本上陸!Amazon「Kindle Fire HD」など4機を順次発売

  9. 発覚!元任天堂広報H氏2度目の転職

  10. 国際学生バーチャルリアリティコンテスト(IVRC)決勝大会の出展作品を徹底リポート

アクセスランキングをもっと見る