人生にゲームをプラスするメディア

『お姉チャンバラZ2~カオス~』クロスマージコンビネーションの詳細が公開、新要素「デア・ドライブ」とは?

ディースリー・パブリッシャーは、PS4ソフト『お姉チャンバラZ2~カオス~』の最新情報を公開しました。

ソニー PS4
沙亜也(デア・ドライブ)
  • 沙亜也(デア・ドライブ)
  • 神楽(デア・ドライブ)
  • アブドゥル
  • バサルムドラ
  • 『お姉チャンバラZ2~カオス~』クロスマージコンビネーションの詳細が公開、新要素「デア・ドライブ」とは?
  • 『お姉チャンバラZ2~カオス~』クロスマージコンビネーションの詳細が公開、新要素「デア・ドライブ」とは?
  • 『お姉チャンバラZ2~カオス~』クロスマージコンビネーションの詳細が公開、新要素「デア・ドライブ」とは?
  • 『お姉チャンバラZ2~カオス~』クロスマージコンビネーションの詳細が公開、新要素「デア・ドライブ」とは?
ディースリー・パブリッシャーは、PS4ソフト『お姉チャンバラZ2~カオス~』の最新情報を公開しました。

『お姉チャンバラZ2~カオス~』は、すべてが新しい『お姉チャンバラ』として誕生したセクシー&グロテスク・バイオレンス剣戟アクションゲームです。前作『お姉チャンバラZ』から、新アクション&新ゲームシステムが多数加えられてさらなるパワーアップを遂げています。

今回は、新しいバトルシステムの詳細をはじめとした、本作の醍醐味に迫る最新情報が公開されました。

◆新システム「クロスマージコンビネーション」


これまで同様に、2人のキャラクターを戦闘の局面によって切り替え(交代し)戦闘を行なうだけでなく、『Z2』では局面によって複数キャラクターが同時に戦闘を行なうことが可能です。プレイアブルキャラクターの動作に連携するように、もう1人のキャラクターが援護攻撃を行なう。1プレイヤーゲームでありながら、まるで仲間のキャラクターと意思疎通しているかのような複数キャラでのプレイが可能となりました。操作次第では連携攻撃も可能です。

ゲーム開始当初は、同時戦闘は2人だけですが、ゲーム進行によって最大4人までを呼び寄せて同時に戦うことが可能になります。一同に会した2組の姉妹が全員臨戦態勢でミッションへと参加。腕に自信のあるプレイヤーであれば、意のままにコンビネーション攻撃を繰り出すことが可能。そうでないプレイヤーも腕を磨いていくことで自分の美学に則ったプレイを行うことが実現します。

クロスマージコンビネーションは画面上のクロスマージゲージが溜まったキャラクターに発動します。このゲージは時間経過により、隊列の上のキャラクターから上昇。そのためキャラクターの隊列順(並び順は出撃時に選択可能)に留意しつつ、クロスマージゲージに注目することで2人~4人のキャラクターを任意にアクションに参加させることが可能です。また、戦いの局面にあわせて効率的に発動させることも必要となります。ここぞという場面(例えば巨大なボスとの戦闘など)に、最大人数で戦えるようタイミングを計ることが重要なのです。

◆進化したシステム「QTK(クイックタイムキル)」


特定の大型の敵(中ボス、大ボス)に対してのみ使用する特殊攻撃「QTK」が進化しました。敵の体力が残りわずかになると攻撃ガイドが表示されるのはこれまでと同様ですが、PS4のタッチパネルを用いた直感的な操作となり、またフィニッシュは複数キャラクターによる連携攻撃へと進化しました。

◆新要素「デア・ドライブ」が全ての戦闘力を開放する。


ブラン城の地下へと落ちた2組の姉妹は、神楽と彩、そして沙亜也と咲の2人ずつとなり離れ離れになってしまいます。もともと対立関係にあった神楽と彩の二人、仲良く共闘するわけもなく当然いがみ合う。その隙を突いて攻撃された神楽は大ダメージを負ってしまったのです。吸血族の神楽に仕方なく自分の血を吸わせる彩・・・。しかし、濃い忌血を大量に吸った神楽の体に突然異変が襲います。

■デア・ドライブとは?
吸血族が大量の忌血族の血液を吸収したことによって引き起こされた劇的な変身と能力覚醒。攻撃スピードが上昇し、攻撃力に至っては格段の上昇が引き起こされます。また必殺技エクスタシーコンビネーションのパワーゲージが常に上昇し続けるという恩恵も。

しかし一方では、過度な能力覚醒によって負荷が生じるためか、体力が減少し続けるというデメリットも存在します。最悪死に至るという代償を支払う能力覚醒ですが、これを補ってあまりあるほどに高い攻撃力は魅力。

◆敵キャラクター


『お姉チャンバラZ2~カオス~』には大小さまざま、そして新旧さまざまな敵達が登場します。代表的な敵ボスをいくつか紹介します。

■砂漠のボス「アブドゥル」
砂漠を根城にしている異様な風体の大男で、下半身はサソリにも似た形状となっています その正体は、忌血族の一族であった男性。自ら進んで忌血の被験体となるも、忌血を制御することはできず理性が著しく退行し、肉体は奇妙に変質してしまいました。忌血族と吸血族の戦争においては、半ば捨て駒として異国の地に送られるも、強靭な肉体のおかげで辛くも生き残り、砂漠に身を隠すに至ります。戦争での傷が癒えぬ間は存外に大人しかったアブドゥル。現地の住人からは戦神として密かに崇められていましたが、エヴァンジュの策略によりわずかに残されていた理性さえ奪われてしまい名実共に、エヴァンジュの下僕と成り下がってしまいます。 身に着けている装束は、理性あった頃に現地の女性から贈られたものですが、もはやアブドゥルにその記憶はありません。

■天空都市遺跡のボス「バサルムドラ」
吸血族が太古に生み出した龍型の超大型生物兵器。忌血族の呪法を参考に創られています。幾多の血により鍛えられた戦斧と肉体を持ち、さらに火球を自在に操る高い知性と戦闘力を備えます。ジャバウォックの前身にあたる存在。しかし忌血を流用した為か、もとからの吸血衝動が異常なまでに高まり、ケツァルコアトルなど他の大型生物兵器を捕食しないと生きられず、結果的には失敗作として遺跡に封じられることとなります。頭部だけを独立した兵器として扱う案もありましたがそれも見送られ、存在自体が抹消されてしまいました。エヴァンジュが世界中の吸血族を調査していた際、遺跡の存在とその目的を突き止めることができ、呪法に磨きをかけた状態でバサルムドラは現代に甦りました。古参かつ真のハイブリッドとして立ち塞がります。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『お姉チャンバラZ2~カオス~』は2014年10月30日発売予定。価格は6,800円(税別)です。

(C)TAMSOFT (C)D3 PUBLISHER
《ひびき》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『The Wonderful 101: Remastered』6月11日発売決定!スイッチ版のほかPC/PS4版も展開するプラチナ初のパブリッシングタイトルに

    『The Wonderful 101: Remastered』6月11日発売決定!スイッチ版のほかPC/PS4版も展開するプラチナ初のパブリッシングタイトルに

  2. 『スペースチャンネル5 VR』×「初音ミク」コラボDLCの開発が発表!発売記念の割引セールやARプロモーションも実施中

    『スペースチャンネル5 VR』×「初音ミク」コラボDLCの開発が発表!発売記念の割引セールやARプロモーションも実施中

  3. PS4『FF7 リメイク』×『FF14』W購入特典のコラボテーマ配信開始!背景・アイコン変化に加え、BGM「Prelude」が流れる

    PS4『FF7 リメイク』×『FF14』W購入特典のコラボテーマ配信開始!背景・アイコン変化に加え、BGM「Prelude」が流れる

  4. 『バイオハザード RE:3』体験版の詳細は近日中に発表―ネメシスとの死闘を描く新たなプレイ映像も公開

  5. 『FF7 リメイク』召喚獣「サボテンダー」と「コチョコボ」の紹介映像公開!クラウドをサポートするその姿は、可愛くも頼もしい

  6. 『龍が如く7 光と闇の行方』紗栄子が「喪服」姿に!成り上がりをサポートする各種アイテムセット“無料DLC第4弾”配信開始

  7. 『FF7 リメイク』召喚獣「カーバンクル」のバトルシーンが公開!「きゅ~」と鳴きながら仲間に力を与える姿は必見

  8. 『バイオハザード RE:2』あるある10選!誰もがアイテムのやりくりに悩みタイラントで遊ぶ!?

  9. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  10. 本編をプレイしなければわからない “約束された怪作 ”『龍が如く7』【プレイレポ】

アクセスランキングをもっと見る