人生にゲームをプラスするメディア

骨盤底筋を鍛えられる女性向け異色ゲームコントローラー「Skea」が開発中

ゲームビジネス 開発

骨盤底筋を鍛えられる女性向け異色ゲームコントローラー「Skea」が開発中
  • 骨盤底筋を鍛えられる女性向け異色ゲームコントローラー「Skea」が開発中
  • 骨盤底筋を鍛えられる女性向け異色ゲームコントローラー「Skea」が開発中
  • 骨盤底筋を鍛えられる女性向け異色ゲームコントローラー「Skea」が開発中
  • 骨盤底筋を鍛えられる女性向け異色ゲームコントローラー「Skea」が開発中
  • 骨盤底筋を鍛えられる女性向け異色ゲームコントローラー「Skea」が開発中
  • 骨盤底筋を鍛えられる女性向け異色ゲームコントローラー「Skea」が開発中
  • 骨盤底筋を鍛えられる女性向け異色ゲームコントローラー「Skea」が開発中


最近ではValveの技術者による「舌を使った入力装置」が一部で関心を集めましたが、Kickstarterにて、さらにその上をいくようなコンセプトの異色ゲームコントローラープロジェクトが立ち上げられています。

Skea(Smart Kegel Exercise Aid)」と銘打ったこのデバイスは、女性を対象に、骨盤底筋の機能低下に伴う排尿障害や臓器下垂などを予防する目的で、ゲームを遊びながら気軽にトレーニングが行えるというもの。下の図や動画を見れば使い方は一目瞭然ですが、体内に挿入するその形状は、もはやゲームコントローラーではなく医療機器です。


Skeaは、『Alice in Continent』というスマートフォンの専用ゲームアプリと連動しており、プレイヤーがデバイスを挿入した状態で骨盤底筋に力を加えることで、画面上のキャラクターがジャンプする仕組み。ゲームはいわゆるランナー系で、主人公のアリスがウサギを追いかけたり、アイテムを集めたり、障害物を避けたりします。デバイスにはゲームの動きに合わせたリアルタイムバイブレーション機能も備わっているのだとか。


開発を行うのは、中国・北京を拠点とするスタジオLinkcube。Kickstarterページの概要によると、在籍メンバーはMITの高分子科学者やインペリアル・カレッジ・ロンドンの物理学者らで構成。世界で半数以上の女性が生涯にいちどは骨盤底筋の機能障害を患っているとの研究結果があり、これまで時間がかかり退屈だったその予防トレーニングを、楽しみながら簡単に行えるようにしたいと考えているそうです。


Skeaは現在もKickstarterで資金提供者が募られており、2014年12月の出荷を目処に、これから試作品の製造やゲームプレイベータテストを実施していくということです。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  2. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  3. コナミ、中国市場に向けモバイルゲーム『魂斗羅』最新作を配信 ― テンセントと協業で

    コナミ、中国市場に向けモバイルゲーム『魂斗羅』最新作を配信 ― テンセントと協業で

  4. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  5. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  6. 「CEDEC 2012」基調講演の講演者が決定 ― ソラの桜井政博氏、ILMの上杉裕世氏など

  7. ロケットカンパニー、『シェイプボクシングWii』をユービーアイにライセンス

  8. セガ、E3 2015への出展を見送り

  9. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  10. 米誌Game Informer最新レビュー

アクセスランキングをもっと見る