人生にゲームをプラスするメディア

は…発想のスケールで…勝った『ジョジョの奇妙な冒険 ASB』山手線ジャックが「交通広告グランプリ 2014」受賞

バンダイナムコゲームスは、PS3『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』の発売時に実施した山手線の車体広告「ジョジョASBトレイン」が、ジェイアール東日本企画による「交通広告グランプリ 2014」にて、企画部門の優秀作品賞を受賞したと発表しました。

ソニー PS3
車外を「ジョジョ」キャラがジャック
  • 車外を「ジョジョ」キャラがジャック
  • 車内も「ジョジョ」の世界観に
  • 『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』パッケージ
バンダイナムコゲームスは、PS3『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』の発売時に実施した山手線の車体広告「ジョジョASBトレイン」が、ジェイアール東日本企画による「交通広告グランプリ 2014」にて、企画部門の優秀作品賞を受賞したと発表しました。

『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』は、現在も「ウルトラジャンプ」にて最新作「ジョジョリオン」が連載中の荒木飛呂彦先生の人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの歴代キャラクターたちが登場する「スタイリッシュ対戦格闘ジョジョアクション」ゲームです。「ジョジョ」の世界観を忠実に表現した圧倒的なグラフィックが呼び、昨年8月の日本発売を皮切りに、北米、欧州、アジア地域でも発売。累計出荷本数は60万本を突破しています。

「ジョジョASB(オールスターバトル)トレイン」は、2013年8月26日から9月9日かけて展開したもので、ゲームに登場する総勢33名の人気キャラクターが山手線の一編成をまるごとジャックして運行。車両の外観はもちろん、内装に至るまで「ジョジョ」一色の世界観を構築し、ファンを中心に好評を得ました。また、期間中には併せてPCやスマートフォン向けに特設サイトを設置。「ジョジョASBトレイン」の運行位置をリアルタイムで配信し、ファンが車両を見れるよう工夫したことで、Twitterのハッシュタグを中心に連日目撃情報が共有され、全国へと話題が広がりました。

■「ジョジョASBトレイン」の取り組み
・ゲームに参戦するキャラクター33名が車両ドア横をジャック
・中吊り、吊り革、トレインチャンネルなど、車内をジャック
・運行状況をリアルタイムで共有できるスペシャルサイトを設置
・Twitterで目撃情報を全国のファンと共有

リアルとネットが連動した大型プロモーションという発想のスケールが実を結んだ今回の受賞。「ジョジョ」の作品人気は留まるところを知りません。

『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』は、好評発売中で価格は7,980円(税込)です。

(C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
(C)BANDAI NAMCO Games Inc.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

    『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

  2. 『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

    『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

  3. 何がカット・変更された?『サイバーパンク2077』初日パッチ適用前のビルド調査プロジェクトがスタート

    何がカット・変更された?『サイバーパンク2077』初日パッチ適用前のビルド調査プロジェクトがスタート

  4. PS Plus加入者は8月3日より無料で遊べる!新作バトロワACT『Hunter’s Arena: Legend』来月発売

  5. 『モンハン:ワールド』俺たちの相棒「受付嬢」のかわいい姿を見よう! “全DLC衣装”でじっくり楽しむ受付嬢フォトコレクション【ワールド編】

  6. 「PS5」の販売情報まとめ【7月29日】─ここ数日の動きは鈍め、しばらく厳しい展開か

  7. 【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

  8. 「PS Plus」2021年8月度フリープレイはPS版新登場バトロワ『ハンターズアリーナ:レジェンド』!その他ラインナップも公開【UPDATE】

  9. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  10. 今年の夏は『パワプロ2020』で甲子園へ行こう!新要素で過去最高の呼び声高い「栄冠ナイン」の魅力と中毒性を解説

アクセスランキングをもっと見る