人生にゲームをプラスするメディア

20年の時を経て名作映画『フォレスト・ガンプ』の初となる公式ゲームがiOS向けに登場

原作となったウィンストン・グルームの小説は1985年に出版され、さらに映画版は1994年に公開されましたが、それから20年の時を経て同作初となるオフィシャルゲーム『Run Forest Run』がiOS向けに発売されました。

モバイル・スマートフォン iPhone
20年の時を経て名作映画『フォレスト・ガンプ』の初となる公式ゲームがiOS向けに登場
  • 20年の時を経て名作映画『フォレスト・ガンプ』の初となる公式ゲームがiOS向けに登場
  • 20年の時を経て名作映画『フォレスト・ガンプ』の初となる公式ゲームがiOS向けに登場
嘘か真かお伽話のような壮大な人生をトム・ハンクス演じる主人公フォレスト自身が語りかける名作映画『フォレスト・ガンプ』。原作となったウィンストン・グルームの小説は1985年に出版され、さらに映画版は1994年に公開されましたが、それから20年の時を経て同作初となるオフィシャルゲーム『Run Forest Run』がiOS向けに発売されました。

ゲーム内では、フォレストが幼なじみであるジェニーと別れた後、理由もなくアメリカ大陸を走り続け、いつしか平和を願う男として大量のフォロワーを生んだシーンを再現。こちらに向かってくる車や障害物を避けつつ、アラバマ州の田舎地方やルート66といった映画にも登場した舞台をひたすらフォレストが走り続けていくアクションゲームとなっています。

海外メディアKotakuがプレイしたところ、チュートリアルは子供時代のフォレストがジェニーに指示を受けながらジャンプやドッジといった各種アクションを覚えていく様子が描かれたとのこと。『Temple Run』などで見られる人気の無限ラン&ジャンプジャンルということで真新しさはありませんが、映画のテーマと非常にマッチした作品となっているようです。なおタイトル名にもある『Run Forest Run』とは映画内にも登場するお馴染みのセリフ。


開発は『アナと雪の女王』の『Frozen Free Fall』など映画作品のゲームアプリを中心に手がけているモバイルゲームスタジオGenera Mobileが担当。現在はニュージーランド圏内のAppStoreでのみ販売されていることが伝えられています。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 【無駄な本気】アヒルボードでしか行けない湖のド真ん中に、ポケモンは出現するのか【ポケモンGO 秋田局】

    【無駄な本気】アヒルボードでしか行けない湖のド真ん中に、ポケモンは出現するのか【ポケモンGO 秋田局】

  2. 『FGO』「バトル・イン・ニューヨーク 2018」詳細発表! ピックアップ召喚には「ギルガメッシュ(アーチャー)」が

    『FGO』「バトル・イン・ニューヨーク 2018」詳細発表! ピックアップ召喚には「ギルガメッシュ(アーチャー)」が

  3. 『アークザラッド R』の世界を救った勇者アークと聖女ククル!伝説ではなく年齢相応の素顔と出会いを紐解く

    『アークザラッド R』の世界を救った勇者アークと聖女ククル!伝説ではなく年齢相応の素顔と出会いを紐解く

  4. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  5. 【UPDATE】『FGO』まだ引けてない恒常サーヴァントは?【アンケート】

  6. 『オルサガ』「ソラニン」原作者「浅野いにお」氏デザイン15UR「ミチル」を実装―30連で必ず選べる!

  7. 童話を舞台とした新作RPGプロジェクト『Project Echoes』の正式タイトル名が『グリムエコーズ』に決定!

  8. 『アズールレーン』謎に満ちた新キャラクターや4隻のケッコン衣装が公開―PS4でのコンシューマー化も決定!【1周年直前生放送まとめ】

  9. 「今、強化するべきポケモン」12選―今後のレイドが楽になるかも…?【ポケモンGO 秋田局】

  10. 「京まふ2018」は『FGO』一色!召喚体験コーナーや宝具のレプリカも展示された出展ゾーンをリポート

アクセスランキングをもっと見る