人生にゲームをプラスするメディア

『MGS V: TPP』海外版スネークの声優交代、本人が改めて明言

ゲームビジネス 人材

『MGS V: TPP』海外版スネークの声優交代、本人が改めて明言
  • 『MGS V: TPP』海外版スネークの声優交代、本人が改めて明言
小島プロダクションの代表作『METAL GEAR SOLID』シリーズで、長年にわたり海外版における主人公の声優を務めてきたデイヴィット・ヘイター氏。最新作『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』ではキャストを交代すると以前から伝えられていましたが、止まないファンからの問い合わせに対し本人が改めてツイッターで断言しました。

ヘイター氏の降板は以前から公式に伝えられているにも関わらず、復帰や違った形での出演があるのか尋ねるファンからの問い合わせは絶えなかったようです。これに対し同氏はツイッターで、「これで百万回目だし、最後だ。私はMGS Vには出ない。いかなる形でも。全く。冗談抜きで。出ないんだよ。真実だ」とバッサリ回答。本作に同氏が関わっていないことを断言しています。


英語版スネークのキャスト交代に関しては、今年4月に本人がファンに向けた声明を公表。関係者に続投の有無を確認したところ、自分が必要とされていないと知らされたとのことでした。決定は制作チームの意向なので仕方がないとする一方で、15年間で9作品を通してスネークの役作りに膨大な時間と労力をつぎ込んできたことを振り返ると、スネークから別人の声が聞こえてくるのは違和感を覚えると語っていた同氏。もし自分に選ぶ権利があったなら生涯スネークを演じたかったと、率直な気持ちを伝えていました。

度重なる問い合わせにうんざりしたかのようにも取れるつぶやきを見せた同氏。プロダクションの意向に従うほかないと現実を受け入れる自身と、続投して欲しいと願うファンの期待に応えたいという気持ちの間で葛藤した証なのかもしれません。現在、海外版でスネークの後任を務めているのはベテランハリウッド俳優、キーファー・サザーランド氏です。
《》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

    2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

  2. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. ドラコレスタジオ兼吉氏が語る 「メイド・イン・ジャパン」で世界を目指すコナミのソーシャルコンテンツ

    ドラコレスタジオ兼吉氏が語る 「メイド・イン・ジャパン」で世界を目指すコナミのソーシャルコンテンツ

  4. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  5. 【Autodesk×Unity】セガが語るUnityで作るiPhoneゲーム、そしてコンテンツ工学

  6. かわいいペーパークラフトの世界−ファミコン、E缶、マリオ、オバマ大統領などを無料公開

  7. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  8. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  9. セガ、『イナズマイレブン』特許侵害でレベルファイブを提訴

  10. 物理ベースでの絵作りを通して見えてきたもの/アグニのデザイナーが語るリアルタイムワークフロー・・・スクウェア・エニックス・オープンカンファレンス2012

アクセスランキングをもっと見る