人生にゲームをプラスするメディア

ユービーアイソフトCEO「最大の課題は次世代機の普及台数」「Wii Uは値下げも期待」

ユービーアイソフトのYves Guillemot CEOはCVGとのインタビューに応え、いまの最大の課題は次世代機の普及台数であるとして、競争を通じて普及が加速することを期待したいと述べました。

ゲームビジネス 市場
Yves Guillemot CEO 写真提供: Getty Images
  • Yves Guillemot CEO 写真提供: Getty Images
ユービーアイソフトのYves Guillemot CEOはCVGとのインタビューに応え、いまの最大の課題は次世代機の普及台数であるとして、競争を通じて普及が加速することを期待したいと述べました。


Yves Guillemot CEO 写真提供: Getty Images


「(Kinectの同梱が外れた)Xbox Oneの新しい価格は良い兆候です。競争は非常に大事です。競争が起こることで、ユーザー数が増えていくことを期待したいです」

Guillemot氏は前世代機が8年間という長いサイクルになったことで、ゲーマーが新しいハードに殺到し、PS4とXbox Oneの垂直的な立ち上がりが実現したとしながらも、前世代機と次世代機の普及台数の差が懸念材料になっているとしました。

Wii Uについても、「今年は『Watch Dogs』と『ジャストダンス』があります。ハードが売れれば、作りたいゲームはもっとあります」と語り、『マリオカート8』や『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』がその可能性をもっと高める事を期待したいと述べました。

「Wii Uは適切な値段にすることも重要でしょう。それによってハードが売れればもっと投資できるようになります。我々にとって一番の課題は、現行機に比べて次世代機の普及台数がまだまだ少ないということだからです」
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

    「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  2. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

    『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  3. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

    ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  4. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  6. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  7. セガ、『サカつく』の川越氏と『ムシキング』の植村氏が退任

  8. 【TGS2015】中国で成功するスマホゲームに必須の「VIPシステム」とは? 『ウチ姫』も展開するKONGZHONG JPに聞いた

  9. ゲームを破壊する「技術力=グラフィック向上」という罠・・・「ゲームウォーズ 海外VS日本」第25回

  10. 【TGS2017】PS4一億台の普及に向けて、さまざまな努力を続けていくーSIE吉田修平氏インタビュー

アクセスランキングをもっと見る