人生にゲームをプラスするメディア

PS Vita版『MHF-G』プレイ映像初公開、『フリーダムウォーズ』は最強クラスのアブダクターと対決

6月6日にニコニコ生放送で放映した「PlayStation 夏の大花火大会」の番組中に実演した『モンスターハンターフロンティアG』と『フリーダムウォーズ』のプレイ動画が公開されました。

ソニー PSV
PS Vita版『MHF-G』プレイ映像初公開、『フリーダムウォーズ』は最強クラスのアブダクターと対決
  • PS Vita版『MHF-G』プレイ映像初公開、『フリーダムウォーズ』は最強クラスのアブダクターと対決
  • PS Vita版『MHF-G』プレイ映像初公開、『フリーダムウォーズ』は最強クラスのアブダクターと対決
6月6日にニコニコ生放送で放映した「PlayStation 夏の大花火大会」の番組中に実演した『モンスターハンターフロンティアG』と『フリーダムウォーズ』のプレイ動画が公開されました。

この番組では、大人気推理ADV『ダンガンロンパ』シリーズの外伝的作品に当たる『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』や、SFを舞台とするアクションRPG『ファンタシースター ノヴァ』の最新情報などが飛び出しましたが、見どころはそれだけではなく数多くの注目タイトルがステージ上で実演されました。

その中でも、Vita版としては今回がゲームプレイ映像初公開となる『モンスターハンターフロンティアG』と、“荊”を使った高速立体機動が魅力的な『フリーダムウォーズ』の両タイトルが、特に注目を浴びました。

PS3やWii Uにも展開した『MHF-G』が、この夏いよいよPS Vitaに上陸します。そのサービス開始に先駆けて、「フォロクルル」の狩猟を目的としたプレイがステージ上でお披露目。シリーズお馴染みの「片手剣」や「太刀」、「弓」と共に、新武器「穿龍棍」による白熱する狩りの始まりです。

なお、このイベントの実演プレイは、ゲーム実況に慣れた方々をゲストプレイヤーとして招いているため、滑らかで賑やかな掛け合いを交わしながら共闘を行うという、まさにお祭りと言える賑やかぶりとなっています。実際に友達同士で遊んでいるかのような会話の応酬とテンションの高さが、本作の楽しさをいっそう際立たせてくれました。

『MHF-G』は、PS Vita初上陸となる『MH』関連のタイトル。しかも『フロンティア』シリーズなので、ナンバリングの『MH』を遊んでいる方にとっても新鮮な驚きや楽しさが詰め込まれており、今回の討伐対象となる「フォロクルル」も『フロンティア』シリーズのオリジナル。その迫力ある姿形や苛烈な攻撃を今からでもチェックしたい方は、こちらの動画からご覧ください。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=heiiTA_x9FM

そして『フリーダムウォーズ』の実演では、まず敵と交戦する前に、移動や攻撃、防御と様々な場面で活躍する“荊”の使い方の説明から入ります。実際に荊を使用した挙動が披露されると「おおー」「気持ちいい!」といった生の感嘆が上がり、本作に対する期待をいきなり膨らませてくれました。

アブダクターと対峙しての戦闘においても、荊を様々に使いこなして戦闘を有利に展開。その後、市民を無事に奪還し、見事「レッツ貢献!」となりました。しかし、『フリーダムウォーズ』の実演プレイはここからが本番となります。最強クラスと紹介されたのアブダクター「ディオーネ」は、これまで公開された映像などでも圧倒的な殲滅力で襲いかかってくる様子などが明かされています。その天獄アブダクターへと挑む、更なる挑戦が行われました。

順調だった1戦目とは大きく異なり、次々と戦闘不能状態に陥るメンバー。会話のやりとりにも、緊張感や絶望といった空気が混ざります。必死に仲間を回復させ、時にディオーネからダウンを奪うといった好プレーも見せますが、その挑戦の結果が果たしてどのような結末を迎えたのか。気になる方は、こちらをチェックしてみましょう。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=bHK3hHyteU0

『フリーダムウォーズ』は今月末に、『MHF-G』は8月中旬に提供されるので、今年は共闘に忙しい夏となりそうです。暑さに負けぬ熱戦を乗り越えるためにも、今回のプレイ映像で一足先に予習しておくのはいかがでしょうか。

PS Vita版『モンスターハンターフロンティアG』は、8月13日サービス開始予定で、月額課金制です。

『フリーダムウォーズ』』は、2014年6月26日発売予定。価格は、パッケージ版が5,800円(税抜)、ダウンロード版が4,800円(税抜)です。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2007, 2014 ALL RIGHTS RESERVED.
(C)Sony Computer Entertainment Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

    「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

  2. 対戦格闘ACT『グランブルーファンタジー ヴァーサス』PS4向けに発表!開発はアークシステムワークス

    対戦格闘ACT『グランブルーファンタジー ヴァーサス』PS4向けに発表!開発はアークシステムワークス

  3. PS4『グランブルーファンタジー Re: LINK』最新PV、開発中プレイ動画が公開!お馴染みモンスターや新星晶獣の姿も

    PS4『グランブルーファンタジー Re: LINK』最新PV、開発中プレイ動画が公開!お馴染みモンスターや新星晶獣の姿も

  4. 『バイオハザード RE:2』恐怖の一端が垣間見える短編動画第4弾を公開!この空気に耐えられるか…

  5. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  6. 「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう

  7. PS4『JUDGE EYES:死神の遺言』本日13日発売!圧倒的なボリュームの追加DLCを一挙公開

  8. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  9. 【12/15更新】『グランブルーファンタジー Re: LINK』発売日や対応機種は?現時点の情報まとめ

  10. 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』武具デザインコンテストを世界4地域で開催─今度はオトモ装備も応募可能ニャ!

アクセスランキングをもっと見る