人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2014】カオスすぎる3Dアクション『サンセットオーバードライブ』プレイレポ、気になる移動操作の詳細も掲載

E3 2014のMicrosoftメディアブリーフィングでは某人気FPSを思わせるシーンから一転、マッドネスな展開へと変貌する楽しいトレイラーを公開した同作。今回はプレイアブルデモが展示されていたので、早速ブースへ駆けつけプレイしてみました。

マイクロソフト Xbox One
【E3 2014】カオスすぎる3Dアクション『サンセットオーバードライブ』プレイレポ、気になる移動操作の詳細も掲載
  • 【E3 2014】カオスすぎる3Dアクション『サンセットオーバードライブ』プレイレポ、気になる移動操作の詳細も掲載
『ラチェット&クランク』や『Resistance』シリーズで知られるInsomniac Gamesは、Xbox One向けの新作3Dアクションゲーム『Sunset Overdrive』を開発中です。E3 2014のMicrosoftメディアブリーフィングでは某人気FPSを思わせるシーンから一転、マッドネスな展開へと変貌する楽しいトレイラーを公開した同作。今回はプレイアブルデモが展示されていたので、早速ブースへ駆けつけプレイしてみました。

今回は前述のメディアブリーフィングにて正式発表を迎えたCo-opモード専用のプレイアブルデモが用意され、最大8人のプレイヤーでミュータントを撃退していくWave形式の「Night Defence」モードをプレイすることができました。舞台となる夜の都市には「Overcharge Vat」と呼ばれる防衛対象が2つ存在し、これが破壊されないようゾンビを倒していくのが目標となります。マッチ終了後は倒したミュータントの数などによって変動するスコアにてランキングが表示される仕組みです。


まず本作をプレイする前に驚いたのが、電線上でのグラインドやレンチを使用したスライドへの移行、壁走りなど移動アクションが全て「Trversal(横断)」という名でXボタン1つに収まっているという点。操作は詳細に見ていくと、左スティックで移動し右スティックで視点移動、LBでサークル状の武器変更UIが表示され右トリガーで射撃。そしてBで近接攻撃、Aでジャンプ、XでTraversalアクションとかなりシンプルなスタイルでアクションを即座に楽しめます。

スタッフから手渡されたこの操作資料には「Traversalは命綱だ!とりあえず動いていれば死にはしない!」とのメッセージが記されており、またブース内でゲームの解説をしていたInsomniacのスタッフは何度も「カバーシューターじゃない!AとXを常に押せ!」と声を挙げていました。とにかく動き回る、アクションするが本作の真髄。プレイアブルデモをプレイした限りではまさにその通りで、グラインドや壁走りをしている限りプレイヤーが敵の攻撃にさらされることはまずありません。

ただしTraversalのアクションを常にチェインさせるには、立体的なマップの把握やプレイヤーの操作スキルが要求されます。Traversalの爽快感を味合わせるためか今回展示されたデモでは滅多なことでプレイヤーは死亡せz、恐らく難易度は低く設定されてた模様。しかし高難易度のステージやミッションであれば、移動アクションに失敗したり途切れてしまい危険地帯に落ちてしまうと、ゾンビたちにタコ殴りにされ即座に体力がゼロになるような展開も待っているはずです。

    ■E3 2014プレイアブルデモにて登場した武器リスト
  • AK-FU: マシンガン+バッドワード
  • Falming Compensator: ショットガン+バーニングな後味
  • One-Handed Dragon: ピストル+お祝い用花火
  • TNTeady: グレネードランチャー+テディベア
  • Captain Ahab: 鋭い正確さ+敵を魅惑する
  • Freeze Bomb: AOE+あの「Let It Go」の映画
  • ProPain Launcher: RPG+再生不可能なエネルギー
  • High Fidelity: 高ダメージ+跳弾するレコード

操作アクションのシンプルさに感心しつつも、筆者が最も感銘を受けたのは、とにかく動かしていても見ていてもあまりの過剰さに心が胸踊りワクワクする、『Sunset Overdrive』内で激しく轟くカオスエネルギーです。『ジェットセットラジオ』のグラインドアクション、あるいは『Mirror's Edge』や『Titanfall』のパルクールを全て1本のゲームにブチ込み、ライトでポップでファンキーに仕上げたといった感じのプレイフィール。8人のヒーローは好き勝手にド派手なアクションやトリックショットを決めており、プレイシーンは常にせわしくなく次の展開へと移り目をつむる暇もありません。敵の数が増えていくのに合わせて、プレイヤーが強力な武器で次々と激しい攻撃を繰り広げていく様子は、まるで子どもたちがロケット花火を両手にいっぱい持って飛び跳ね暴れまわっているよう。ボスタイプの敵などに対し攻撃が集中した時、近くにうっかり居ると映像は攻撃エフェクトの重なりによって花火鑑賞ムービーとなり、自身に何が起きているのかすらわからなくなります。

様々な要素を過剰かつカオシックに融合させてみた結果、過去に類を見ないような独自のエネルギーを有することに成功したように見える『Sunset Overdrive』。このままこの方向性で進んでいくのか、あるいはより落ち着いたスキルフルな3Dアクションゲームの体裁へ整えていくのかはInsomniacの今後の舵取り次第といえるでしょう。

『Sunset Overdrive』は海外にて10月28日に発売予定です。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

特集

マイクロソフト アクセスランキング

  1. AMD: 次世代Xboxのグラフィックは映画「アバター」と同じレベルになる

    AMD: 次世代Xboxのグラフィックは映画「アバター」と同じレベルになる

  2. Xbox OneのXbox 360下位互換機能はDLCもサポートへ―マイクロソフトが明らかに

    Xbox OneのXbox 360下位互換機能はDLCもサポートへ―マイクロソフトが明らかに

  3. 『ラスト レムナント』Xbox 360の本体セットパックを同時発売

    『ラスト レムナント』Xbox 360の本体セットパックを同時発売

  4. 【プレイレビュー】3DS版発売を前に前作『カルドセプト サーガ』を予習プレイ ~前編~

アクセスランキングをもっと見る