人生にゲームをプラスするメディア

『ポケモン金/銀』デザイン協力の斉藤むねお先生登場・・・「MANZEMIプロ講 座背景のプロ編」が京都開催

その他 全般

作例
  • 作例
  • 作例
  • 作例
  • 喜多野土竜氏
  • 斉藤むねお氏
トキワ荘プロジェクトは、京都第1期「MANZEMIプロ講座 背景のプロ編」を開催すると発表しました。

今回、2012年~2014年まで毎年東京で開催し好評だった「MANZEMIプロ講座 背景のプロ編」が初めて京都で開催されることが決定しました。この講座は、講師陣によって徹底的に練り込んだ講座カリキュラムにより初心者から連載作家までそれぞれが深みを感じられる内容になっています。

講座の仕上がり目標として、「マンガの背景の基礎に関して、体系的に理解する。」「直線無機物(校舎・ビル・日本家屋・ドーマーなど)に関して、プロのアシスタントで通用するレベルで描けるようになる。」「空間意識を学ぶことで、人体デッサンなどへの応用方法を学び、総合的な力を高める。」など、実用的なスキルを身につけることが掲げられています。

◆マンガの「背景」をテーマとする全4回の連続講座


開催日時:平成26年7月12日(土)~7月20日(日)/全4回(詳細はWEBにて)※毎回9時30分~16時30分までの講義となります
定員:45名※定員に達し次第、申し込みを締め切ります。
開催場所:京都市 登録会館/KPC貸会議室(曜日によって会場が異なります。詳細はWEBにて)
対象者:漫画家志望者(初心者歓迎・年齢不問)※これまで開催した講座では初心者から連載漫画家まで幅広く受講していただきました。
当日、必要なもの:筆記用具と定規(できれば三角定規2枚のセット)を必ずお持ちください。
費用、申込方法:
全4回受講券(1名分) \18,000
全4回受講券(2名分) \32,000
全4回受講券(3名分) \45,000
※2名分、3名分の受講券は知人・友人どうしで受講の際にご利用ください。

◆講師プロフィール


■斉藤むねお (さいとう むねお)
1966年2月15日 東京生まれ。1983年、高校在学中に1984年度第13回小学館新人コミック大賞に「克巳パラドックス」で入選デビュー。高校卒業後後、上條淳士・中津賢也のアシスタントのかたわら、読み切り作品・シリーズ作品掲載、短期集中連載を執筆。その後、週刊少年サンデー、月刊少年チャンピオン、コロコロコミックなどで連載。2010年にジャンプ・スクエア10月号誌上より「SQ.マンガゼミナールMANZEMI」連載開始し、2011年9月2日に単行本を発売。2013年11月26日に小学館から発売された「日本ふしぎ大発見!ミステリー探険」のまんがパートを担当。マンガ以外に『ポケットモンスター 金・銀』に登場するエンテイ・スイクン・ライコウのデザイン協力をする等も。

■喜多野土竜(きたの もぐら)
複数メンバーによる共同ペンネーム。今回講師を務めるメインライターは1993年青山学院大学文学部日本文学科卒業。出版社に10年と2ヶ月勤務後、独立してフリーに。マンガ原作以外にも月刊少年ライバルの企画記事ページ「ライバルドリームマッチ」のページや、「東京近郊動物園・水族館ガイド」などのガイド本の執筆参加や、「世界の王朝興亡史」など歴史関係書籍の執筆や、「時代小説100選」で時代小説の解説を一部執筆。2011年より京都嵯峨芸術短期大学マンガ分野非常勤講師。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

独学はもちろん、プロの現場でも見落としがちなポイントも取り扱われます。マンガを体系的に学びたい方、背景に苦手意識のある方等、是非この機会に挑戦してみてください。
《ひびき》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

    【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  2. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

    【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  3. 【昨日のまとめ】『モンハン:ワールド』発売日決定、PS4版『FFIX』配信開始、スクエニが新作ロボゲー『LEFT ALIVE』発表…など(9/19)

    【昨日のまとめ】『モンハン:ワールド』発売日決定、PS4版『FFIX』配信開始、スクエニが新作ロボゲー『LEFT ALIVE』発表…など(9/19)

  4. 【漫画:ほんにゃかゲーム生活!】第2回 ゲームざんまい!な女

  5. PS4名作『Bloodborne』の狩人がfigma化!―GOS予約特典は「使者」のフィギュア

  6. 【特集】タイトル名だけでゲーム内容を想像したら大変な事になった!

  7. 【特集】「東京ゲームショウ2017」各出展メーカーの特設サイトまとめ(随時更新)

  8. 【特集】『ポケモン』の「マッハじてんしゃ」を自作したファン現る―ゲームフリーク増田氏「凄過ぎる!かっこいい!」

  9. 【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  10. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る