人生にゲームをプラスするメディア

AC版『レフト 4 デッド』はマウス操作で、日本人キャラが実装 ─ ロケテストも開催

その他 アーケード

AC版『レフト 4 デッド』はマウス操作で、日本人キャラが実装 ─ ロケテストも開催
  • AC版『レフト 4 デッド』はマウス操作で、日本人キャラが実装 ─ ロケテストも開催
  • AC版『レフト 4 デッド』はマウス操作で、日本人キャラが実装 ─ ロケテストも開催
  • AC版『レフト 4 デッド』はマウス操作で、日本人キャラが実装 ─ ロケテストも開催
  • AC版『レフト 4 デッド』はマウス操作で、日本人キャラが実装 ─ ロケテストも開催
  • AC版『レフト 4 デッド』はマウス操作で、日本人キャラが実装 ─ ロケテストも開催
  • AC版『レフト 4 デッド』はマウス操作で、日本人キャラが実装 ─ ロケテストも開催
ニコニコ生放送にて、アーケードゲーム『レフト 4 デッド -生存者たち-』初のゲーム映像が公開され、実況生プレイや最新情報などが公開されました。

全世界でシリーズ累計2,000万本を突破した『レフト 4 デッド』シリーズを、タイトーが様々なアレンジを施し、アーケード用として各種要素を追加したのが、本作『レフト 4 デッド -生存者たち-』です。気になる新情報から操作方法まで手広く紹介されたので、こちらでまとめさせていただきます。

◆『レフト 4 デッド -生存者たち-』とは


番組内で語られた言葉を借りるならば、本作は「ゾンビから逃げ延びて4人で生き残るゲーム」です。もちろんこの説明だけでは、人気シリーズの最新作となる本作の魅力を語るには足りませんが、シリーズをまったく知らない方には、この説明で大まかなイメージは掴めることと思います。

舞台となるのは、現代アメリカ。ほとんどの人間がゾンビと化し、プレイアブルキャラクターとして選択できる4人だけが、現時点で確認されている生存者となります。ゾンビの大群の中に取り残された4人の、生き残りをかけて戦う凄惨な物語が始まるのです。

なお本作は、4人協力プレイに対応していますが、人数が足りない時は、その分をCPUが担当してくれるので、ひとりプレイでも仲間と共に進むことができます。プレイ映像を見ると、『レフト 4 デッド』らしく敵の移動速度が早いため、お互いの死角をフォローしあったり、ピンチに陥った相手を助けるといった行動が、生存のチャンスを高めてくれることでしょう。

ちなみに、仲間への攻撃判定もあるので、フレンドリーファイアには充分ご注意を。ちなみに実況プレイでは、仲間に火炎瓶を投げつけるのが大流行でした。皆さんが遊ぶ時には、気を付けてくださいね。

◆操作方法


アーケードゲームでポピュラーな操作デバイスといえば、スティック+ボタンでしょう。しかし本作の操作デバイスはまったく異なっており、右手にマウス、そして左手にはスティックとボタンがついたグリップ型コントローラを握る形となります。珍しいスタイルと言えますが、PCでFPSをプレイする方にとっては、右手のマウス操作はむしろ慣れている人も多いのでは。

なお右手で持つマウス自体で視点を操作。照準もマウスで合わせる形になります。そして左クリックで射撃し、右クリックで近接攻撃。またアイテムの前で左クリックを押すと入手するといった、アクションボタンの役割も兼ねています。

加えて、マウスホイールで武器やアイテムを選択できるので、切り替えもスムーズに行えます。またマウスは5ボタン式なので、リロードとライトの点灯も右手ひとつで自由自在です。

左手に持つのは、グリップ式のコントローラとなっており、Wiiのヌンチャクが近い形をしています。そちらについているスティックで移動し、上のボタンでジャンプ、下ボタンでしゃがむことが出来ます。

この他のアイテムとしてヘッドセットも用意されており、これで協力プレイをしているメンバーと意思疎通を図ることができます。本作はネット越しに全国のユーザーとも遊べるため、この機能は嬉しいポイントと言えます。

◆アーケード化における変更点


■キャラクターの変更
本作のプレイアブルキャラクターは、2人が日本人で、1人がハーフ、もう1人がアメリカ人。全員日本語を喋り、ゲーム中も様々なシチュエーションに合わせて発言します。

■アバターシステム
ゲーム中に獲得できるゲーム内マネーで、Web上のアバターアイテムを入手できます。これにより、キャラクターの見た目をカスタマイズすることが可能となるので、あなただけのキャラクターを作り上げることも。

■メガゾンビラッシュ
プレイ中に一定時間が経過すると、非常に協力なゾンビ軍団が突撃してきます。セーフルームに逃げ込めれば、このメガゾンビラッシュを回避することができます。なおプレイ実況中に一度メガゾンビラッシュが発生しましたが、生半可な状態では太刀打ちできないことがはっきりと分かりました。ちなみにその時は、ものの10秒もせずに全滅する結果に。

■マッチングの最適化
「店内協力」や「全国協力」などが選べる本作ですが、プレイヤーの戦績によりクラスが設定され、そのクラスを元に適正なマッチングを行うため、力量の近いメンバー同士で遊べます。

■スキルアイテム
便利なスキルアイテムを持ち込むことができます。以下は一例です。
・回復速度アップ:緊急パックでの回復完了時間が短くなります。
・ジョッキー返し:ジョッキーの襲来を1度回避できます。
・チャージャー返し:チャージャーの突撃を1度回避できます。

■武器選択
ゲームに参戦するとき、自分でカスタマイズした武器パックから武器を選択できます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


アバターのカスタマイズやスキルアイテムの活用などは、「NESiCA」が必要となります。あなたの「NESiCA」が、この世界を生き抜く最大の武器となるかもしれませんね。

家庭用のコントローラ操作に慣れた方にとっては、マウスプレイに不安を感じるところもあるかもしれませんが、番組の中では操作に不慣れな初心者の方も、比較的スムーズに移動や射撃をこなしており、あまり戸惑う様子はありませんでした。マウス+コントローラ操作への煮詰めはかなり力を入れて開発されているので、安心してプレイに臨んでください。

それでも一抹の不安を感じるという方は、5月23日から25日に実施されるロケテストに参加してみてはいかがでしょうか。東京・横浜・名古屋・大阪の4箇所で行われるので、その魅力と操作方法にいち早く触れるチャンスと言えます。嬉しいロケテスト特典もあるので、そちらもお見逃しなく。

◆ロケテスト情報


■開催日時:5月23日 10時 ~ 5月25日

■開催店舗
・東京 / Hey
・横浜 / ラウンドワン横浜駅西口店
・名古屋 / 名古屋レジャランドささしま店
・大阪 / セガ難波アビオン

■ロケテスト ルール
1プレイ 100円、コンティニュー100円となります。
コンティニューは2回までとなります。
ゲームモードは「シングルプレイ」と「全国協力」のどちらかを選択出来ます。

■ロケテスト限定特典
1.ロケテストに参加すると、ゲーム内で使える「アバターTシャツ」プレゼント
2.ロケテスト期間中にキャンペーンをクリアした方には、「金のプライパン」をプレゼント

※特典の獲得には「NESiCA」を使用していただく必要がございます。
※「アバターTシャツ」「金のプライパン」の付与は、製品稼働開始後となります。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


このほかにも、出演声優サイン色紙などが当たる「ロケテスト参加特典抽選会」の実施も予定されているロケテストに参加し、新鮮なプレイ体験を持ち帰ってみるのも一興ですよ。

フレンド登録をしたクランマッチングから、全国のユーザーとの協力プレイまで、様々な仲間たちと死線をくぐり抜ける『レフト 4 デッド -生存者たち-』。その実態の一端が明かされた放送となりましたが、気になる新情報はまだまだあるはず。新たな続報を心待ちにしておきましょう。


YouTube 動画URL:http://www.youtube.com/watch?v=uSJr1GzyVj8

【訂正】
生放送にて、出演者が「右クリックで射撃し、左クリックで近接攻撃」と発言しておりますが、メーカーに確認を取ったところ「左クリックで射撃し、右クリックで近接攻撃」と逆になっておりましたので訂正致しました。


(C)2014 Valve Corporation. All rights reserved. Valve, the Valve logo, Left 4 Dead and the Left 4 Dead logo are trademarks or registered trademarks of Valve Corporation in the United States and/or other countries. All other trademarks are property of their respective owners.

(C)TAITO CORPORATION 2014 ALL RIGHTS RESERVED.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『FGO』どの★4サーヴァントをもらう?、【京まふ2017】新情報満載の『FGO』ステージレポート、日清カップヌードル「謎肉」の正体を暴露!?…など(9/18)

    【昨日のまとめ】『FGO』どの★4サーヴァントをもらう?、【京まふ2017】新情報満載の『FGO』ステージレポート、日清カップヌードル「謎肉」の正体を暴露!?…など(9/18)

  2. 【特集】実写映画よりもド迫力!?『ドット絵の名作Steamゲーム―アクション編』7選

    【特集】実写映画よりもド迫力!?『ドット絵の名作Steamゲーム―アクション編』7選

  3. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

    【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  4. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  5. 「EVO Japan2018」メイン競技7タイトルを発表、参加受付は12月31日まで

  6. 「TGS2017」カプコンブースの物販情報や、『モンスターハンター:ワールド』の試遊整理券配布場所を公開

  7. 日清カップヌードルの「謎肉」、その正体を暴露!?「名探偵コナン」の“黒い犯人・犯沢さん”が秘密に迫る

  8. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  9. 【特集】「東京ゲームショウ2017」各出展メーカーの特設サイトまとめ(随時更新)

  10. 『ニーア オートマタ』2Bの体型を完全再現した海外コスプレイヤーが現る…

アクセスランキングをもっと見る