人生にゲームをプラスするメディア

角川とドワンゴが経営統合へ

ゲームビジネス その他

日本経済新聞は、角川とドワンゴが持株会社方式で来春にも経営統合を行うと報じました。豊富なコンテンツを保有する角川と、「ニコニコ動画」で強固な会員基盤を持つドワンゴの組み合わせは強力なプレイヤーとなりそうです。

両社は報道を受け、そろってプレスリリースを出し、経営統合については会社として発表したものではないとしながらも、本日開催の取締役会に付議する予定で、決定し次第、速やかに開示する、としています。

角川は昨年10月に角川書店、アスキー・メディアワークス、エンターブレイン、メディアファクトリー、富士見書房など9社が合併して新生KADOKAWAとしてスタート。先日にはフロム・ソフトウェアの買収を発表するなど積極的な事業展開を進めています。

ゲーム関係では角川が傘下に角川ゲームスを保有し、フロム・ソフトウェアの買収も発表。ドワンゴもMAGES.やスパイク・チュンソフトを100%子会社として保有します。ゲームパブリッシャーとしても存在感を増しそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  3. 新春カプコンプロデューサー対談 川田将央×新妻良太 (後編) カプコンプロデューサーの仕事術

    新春カプコンプロデューサー対談 川田将央×新妻良太 (後編) カプコンプロデューサーの仕事術

  4. ハロウィンイメージの衣装でも登場!「トキメキメテオ Vol.3 鈴木ふみ奈」発売イベントレポ

  5. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  6. グリー、中国拠点の撤退を決定

  7. 面白いゲーム作りには絶対に妥協しないサムザップ・・・Social Top Runner Vol.2(4)

  8. 今週発売の新作ゲーム『逆転裁判4』『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』他

  9. 【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

  10. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

アクセスランキングをもっと見る