人生にゲームをプラスするメディア

スクエニHD、平成26年3月期業績予想を上方修正 ― 『新生FFXIV』『DQ スーパーライト』などが好調

スクウェア・エニックス・ホールディングスは、平成26年3月期の業績予想を上方修正しました。

ゲームビジネス その他
スクウェア・エニックス・ホールディングスは、平成26年3月期の業績予想を上方修正しました。

◆平成26年3月期通期連結業績予想数値の修正

■前回発表予想
売上高:1400億円~1500億円
営業利益:50億円~90億円
経常利益:50億円~90億円
当期純利益:35億円~60億円

■今回修正予想
売上高:1550億円(3.3~10.7%増)
営業利益:105億円(16.7~110.0%増)
経常利益:125億円(38.9~150.0%増)
当期純利益:66億円(10.0~88.6%増)

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

同社は修正の理由として、MMORPG『ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア』のソフトウェア販売の好調、スマートフォン向けアプリ『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』のスタートの好調、『Thief』(欧米のみ)、『ファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスター』、『トゥームレイダー ディフィニティブエディション』など家庭用ゲーム機向けソフトウェアの販売好調に加え、グループ全体の経費削減の徹底から、売上高及び営業利益が業績予想数値の範囲を上回る見込みになったと説明しています。

また、円安による為替差益を計上したことなどよって、経常利益及び当期純利益についても、業績予想数値の範囲を上回る見込みとなり、連結業績予想を修正したとしています。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ガンダム」ガンプラとゲームの融合…新企画『ガンダムブレイカー バトローグ プロジェクト』始動

    「ガンダム」ガンプラとゲームの融合…新企画『ガンダムブレイカー バトローグ プロジェクト』始動

  2. 映画とバイクと落語からゲームのアイデアを得る!? 『エースコンバット』など制作のクリエイターが登壇ーディライトワークス「肉会 Vol.12」レポート

    映画とバイクと落語からゲームのアイデアを得る!? 『エースコンバット』など制作のクリエイターが登壇ーディライトワークス「肉会 Vol.12」レポート

  3. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

    なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  4. VR空間でSAO世界を体験!「ソードアート・オンライン エクスクロニクル Online Edition」開催決定

  5. スクウェア・エニックス、本社を新宿イーストサイドスクエアに移転

  6. アメリカゲーム業界就職事情・・・日本とは違うサバイバル術

  7. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  8. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  9. 『Left 4 Dead2』の続編に不買運動−19000人以上が参加

  10. e-Sports市場は今後3年で2.5倍成長する―ノブコブ・吉村さん登壇のトークイベント「ちょっと先のおもしろいゲームの世界」をレポート

アクセスランキングをもっと見る