人生にゲームをプラスするメディア

バンダイナムコホールディングス平成26年3月期決算を発表 ― コンテンツ事業が好調に推移し純利益250億5400万円に

ゲームビジネス その他

平成26年3月期決算スクリーンショット
  • 平成26年3月期決算スクリーンショット
バンダイナムコホールディングスは、平成26年3月期決算を発表しました。

売上高5076億7900万円(前年同期比 4.2%増)、営業利益446億7200万円(前年同期比 8.2%減)、経常利益474億5600万円(前年同期比 5.0%減)、純利益250億5400万円(前年同期比 22.6%減)となりました。

コンテンツ事業は、家庭用ゲームソフトにおいて、海外向けの『DARK SOULS(ダークソウル)II』、国内向けの『GOD EATER(ゴッドイーター)2』などのヒットに加え、『ディズニー マジックキャッスルマイ・ハッピー・ライフ』や前連結会計年度に発売した『太鼓の達人』シリーズなど複数タイトルのリピート販売が好調に推移したとのことです。また、ネットワークコンテンツでは、『ワンピースグランドコレクション』や『機動戦士ガンダム』シリーズ、『アイドルマスター』シリーズなどのソーシャルゲームの主力タイトルが安定的に推移。『機動戦士ガンダム』シリーズなどのスマートフォン向けアプリやオンラインゲームが業績向上に貢献しています。

トイホビー事業では、国内において、「獣電戦隊キョウリュウジャー」や「仮面ライダー鎧武/ガイム」、「ドキドキ!プリキュア」などの定番IPや、女児向け新規IP「アイカツ!」などの商品が、各事業を横断する展開により好調に推移したとのこと。また、平成26年1月から販売を開始した男児向け新規IP「妖怪ウォッチ」商品が人気となりました。海外においては、欧米地域では「Power Rangers(パワーレンジャー)」シリーズの商品が堅調に推移。しかし、欧米全体では、年初計画を下回ったとのことです。アジア地域においては、日本と連動した展開により、玩具やプラモデル、大人向けのコレクション性の高い玩具、カード商材などが人気となりました。

次期の見通しとして、国内のトイホビー事業は、「機動戦士ガンダム」「スーパー戦隊」「仮面ライダー」「プリキュア」「アイカツ!」など人気IPシリーズの安定的な展開により、事業基盤をさらに強化。また、小学生男児向けや大人層向けIPなど、IPラインナップの拡充をはかります。コンテンツ事業については、IPを軸に、様々なカテゴリーに向け商品・サービスを提供する「IP軸戦略」をさらに強化するとして、新規IPの創出・育成を強化します。ネットワークコンテンツでは、ユーザー嗜好の変化に対応した新規タイトルの投入や、既存タイトルのタイムリーな更新により、安定的な展開を推進。家庭用ゲームソフトでは、旬のIPを活用した国内向けタイトル、ワールドワイドで投入するタイトル、ネットワーク機能を活用したタイトルをバランスよく展開し、IP軸戦略の新たな出口として新規プラットフォームへの対応を行うとのことです。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『英雄伝説 閃の軌跡III』『ファイアーエムブレム無双』『FIFA 18』『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』他

    今週発売の新作ゲーム『英雄伝説 閃の軌跡III』『ファイアーエムブレム無双』『FIFA 18』『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』他

  2. 【TGS2017】PS4一億台の普及に向けて、さまざまな努力を続けていくーSIE吉田修平氏インタビュー

    【TGS2017】PS4一億台の普及に向けて、さまざまな努力を続けていくーSIE吉田修平氏インタビュー

  3. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

    【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

  4. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  5. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  6. 【GDC 2015】2人で作って10億円を稼いだ『クロッシーロード』のサクセスストーリー

  7. 物理ベースでの絵作りを通して見えてきたもの/アグニのデザイナーが語るリアルタイムワークフロー・・・スクウェア・エニックス・オープンカンファレンス2012

  8. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  9. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  10. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

アクセスランキングをもっと見る