人生にゲームをプラスするメディア

【ニコニコ超会議3】戦闘システム「LMBS」が更に進化!『テイルズ オブ ゼスティリア』最新情報

ソニー PS3

【ニコニコ超会議3】戦闘システム「LMBS」が更に進化!『テイルズ オブ ゼスティリア』最新情報
  • 【ニコニコ超会議3】戦闘システム「LMBS」が更に進化!『テイルズ オブ ゼスティリア』最新情報
  • 【ニコニコ超会議3】戦闘システム「LMBS」が更に進化!『テイルズ オブ ゼスティリア』最新情報
  • 【ニコニコ超会議3】戦闘システム「LMBS」が更に進化!『テイルズ オブ ゼスティリア』最新情報
  • 【ニコニコ超会議3】戦闘システム「LMBS」が更に進化!『テイルズ オブ ゼスティリア』最新情報
バンダイナムコゲームスは、PS3ソフト『テイルズ オブ ゼスティリア』の最新情報を、「ニコニコ超会議3」のステージイベント上で発表しました。

数多のゲームで描かれるファンタジーの象徴とも言っても言い過ぎではない「ドラゴン」。『テイルズ オブ』シリーズでは、大きく関わることがさほどありませんでしたが、本作においては「物語の象徴となる」と明言されました。

物語の舞台となるのは、ハイランド王国とローランス帝国という二強国が支配権を争う大陸「グリンウッド」。そして、人間とは異なる「天族」という超常存在が、本作の重要な鍵を担います。現時点では、「ミクリオ」「エドナ」「ライラ」という3名の天族が公開中です。

もちろん、主人公であるスレイもフォーカスされます。人間でありながら天族を見ることができ、救世主的な存在である「導師」となり、人と天族が幸せに暮らせる世界を目指します。デザインは今風のニュアンスが重視されおり、20年に届こうとする『テイルズ オブ』の歴史の歩みを象徴してくれるキャラクターとなりそうです。

また少々余談となりますが、天族であり、導師と契約を結ぶ聖剣に宿る少女「ライラ」は、よくダジャレを口にするとのこと。立場的には、世界の命運に深く関わるキャラクターだけに、醸し出されるギャップやその人柄に親しみを感じられそうです。加えて、そういった振る舞いは、ある種のはぐらかしのようなものも含まれているとのことなので、彼女が一体何を秘めているのか、その秘密に迫る日が楽しみです。

そして、誰もが気になる戦闘システムに関しても、新たな情報が明かされました。直感操作で爽快感がある、これまでのシリーズでお馴染みの「LMBS(リニアモーションバトルシステム)」を更に進化させた「Fusionic Chain-LMBS(フュージョニックチェイン リニアモーションバトルシステム)」を用意するとのことです。

現段階で明らかになっているポイントとして、「人間の攻撃は、出が早い特技と突破力のある奥義」「天族の攻撃は、近中距離で戦える牽制能力のある特技と、広範囲で威力も高い天響術」という明確な違いが語られていますが、この新システムに関する詳しい解説は、次回の「テイルズ オブ フェスティバル」にて、映像を交えて詳細が発表されます。期待してお待ちください。

『テイルズ オブ ゼスティリア』は、発売日・価格ともに未定です。

(C)いのまたむつみ
(C)藤島康介
(C)BANDAI NAMCO Games Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

    あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  2. PSVR『カイジVR ~絶望の鉄骨渡り~』発売時期変更、2017年7月に延期

    PSVR『カイジVR ~絶望の鉄骨渡り~』発売時期変更、2017年7月に延期

  3. 【特集】『GUILTY GEAR』石渡太輔氏x「楽園追放」水島精二監督対談―3DCGだからできたことと、CGでは再現できない「魂の部分」とは

    【特集】『GUILTY GEAR』石渡太輔氏x「楽園追放」水島精二監督対談―3DCGだからできたことと、CGでは再現できない「魂の部分」とは

  4. 【PS Vita DL販売ランキング】『ダンジョントラベラーズ2-2』初登場首位、『ソルト アンド サンクチュアリ』は2位へ(4/28)

  5. 『仁王』DLC第1弾「東北の龍」の最新情報!―無料追加予定のPvP要素も公開

  6. PS4が「ロト エディション」になって登場!『ドラクエXI』や「はぐれメタル」USBカバーフィギュアが同梱

  7. スパイク・チュンソフト、PS4/PS Vita『ザンキゼロ』を発表─『ダンガンロンパ』クリエイターが放つ“ノンストップ残機サバイバルRPG”

  8. 『FFXIV: 紅蓮のリベレーター』のベンチマークソフトが配信開始! 新要素を綴る最新トレーラーもお披露目

  9. ソニー2016年度連結業績―PS4は2,000万台到達―ゲームは大幅増収増益

  10. PS4向け動画アプリ「DMM.com」がPSVRに対応、舞台「刀剣乱舞」など約1200タイトルが視聴可能

アクセスランキングをもっと見る