人生にゲームをプラスするメディア

『JSR』と『ミラーズエッジ』を融合させた3DローラーACT『ホバー:リボルト オブ ゲーマーズ』Kickstarter始動

任天堂 Wii U

『JSR』と『ミラーズエッジ』を融合させた3DローラーACT『ホバー:リボルト オブ ゲーマーズ』Kickstarter始動
  • 『JSR』と『ミラーズエッジ』を融合させた3DローラーACT『ホバー:リボルト オブ ゲーマーズ』Kickstarter始動
  • 『JSR』と『ミラーズエッジ』を融合させた3DローラーACT『ホバー:リボルト オブ ゲーマーズ』Kickstarter始動
  • 『JSR』と『ミラーズエッジ』を融合させた3DローラーACT『ホバー:リボルト オブ ゲーマーズ』Kickstarter始動

前半部分は先日公開されたアルファトレイラー。2:50ごろから未見のゲームプレイ映像が確認可能

今年1月からSteam Greenlightに登場しひそかに注目を集めていた『Hover: Revolt of Gamers』。先日から予告されていたようにKickstarterにて目標額3万8,000ドルを目指すクラウドファンディングのキャンペーンが開始されました。Kickstarterキャンペーンの開始にあわせ、未見のプレイ映像やディテールも解禁されています。

『Hover: Revolt of Gamers』はSF調のオープンワールドを自由自在に駆け巡ることが可能なローラースケート&パルクール3Dアクションタイトル。新市長によってビデオゲームに関与するものすべてが弾圧され、警備ドローンがゲーム機を奪い市民を監視する異世界の近未来都市が本作の舞台。『フィフス・エレメント』や『Star Wars』のような世界の中で、プレイヤーは現市長に対し反乱を起こすゲーマーたちのチームを結成し、ゲームカルチャーを弾圧から解放していくことが目的となります。

開発陣が伝えるように、ゲームプレイは『ジェットセットラジオ』のローラースケートアクションに、『Mirror's Edge』のパルクールを組み合わせたような内容です。プレイヤーはその身につけた高性能スーツと共に超スピードで近未来都市を駆け巡り、スライドや跳躍および壁蹴りで町中を走破。グラインドやクレイジーなトリックをキメつつ、警備ドローンや敵対チームを相手に様々なミッションに挑戦していきます。


レースやスコアアタック、アイテム収集といったイベントでゲーマーを打ち倒し仲間にする。町中で弾圧されている市民を助け警備ドローンから逃げる。没収されたゲームハードを奪うためドローンを追跡する。潜入任務からプロパガンダの妨害工作まで、様々なミッションが登場する『Hover: RoG』


マウス&キーボードであろうとジョイパッドであろうと、操作性は少ないボタン数で即座に手に馴染むようなスタイルが目指されている

先に挙げた『JSR』と『Mirror's Edge』両作と異なる点は、アビリティや装備のアップグレードシステムが搭載されているという点。町中で雇用したゲーマーたちは、入手した経験値を使用することでアビリティを強化することが可能で、町のショップでは資金を使って装備品を購入することもできます。

ゲーマー側とポリス側に分かれて戦うオンラインマルチプレイヤーを搭載している点も『Hover: RoG』の特徴の1つ。プレイヤーは対戦型およびCo-opのマルチプレイヤーに参加したり、レースイベントやスコアバトルをリアルタイムでクリエイトすることが可能。マルチプレイヤーではトリックをキメると敵チームのモラルを下げ、味方の統計値をブーストする「Stunning Auras」など特異なメカニックも登場します。なおソロプレイ中などいついかなる時でも即座にマルチプレイヤーへ切り替えられるようなシステムが導入予定とのこと。

また今回公開された映像中にて確認できる「Rewind」機能も気になるメカニック。映像の3分50秒頃から登場するこの「Rewind」は、各ゲーマーの高性能スーツによってプレイヤーのアクションを巻き戻すことが可能になる(ただし周囲の時間が巻き戻るわけではない)という機能で、失敗したアクションなどを即座に取り戻すことが可能となる模様です。


プレイヤーの指揮のもと反乱を目指すチームに、麻痺グレネードなどを使用するポリスたち。さらには暴力的なゲーマーチーム「the Breakers」なるライバル勢力も登場。マルチプレイヤーでは様々なクランへも参加可能とのこと

開発を担当するMidgar Studioは、2011年に26歳前後の若き開発者ら3人によって設立されたフランスのインディーデベロッパー。『Hover: RoG』は2013年10月ごろから開発されているとのことで、Kickstarterで成功すれば今後もまだまだ更なるクオリティアップが望めそうです。また外してはならないのが、『ジェットセットラジオ』などを筆頭にセガタイトルにて「長沼サウンド」を披露してきたコンポーザー長沼英樹氏が同作へと楽曲を提供する点。3万8,000ドルの初期ゴールにく敢えて、6万ドルに到達した場合はグラフィティモードに加え同氏のサウンドトラックもリリースされる予定となっています。

『Hover: Revolt of Gamers』はPC/Mac/Linuxに加え/PS4/Xbox One/Wii Uを対象にリリース予定。『ジェットセットラジオ』の新作をいつまでも待っていたというユーザーは、ぜひKickstarterのキャンペーンページをチェックしてみましょう。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』好きなスペシャルウェポン投票はなんとマルチミサイルが圧勝!【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』好きなスペシャルウェポン投票はなんとマルチミサイルが圧勝!【読者アンケート】

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. スイッチ版『ROBOTICS;NOTES ELITE』の存在が明らかに―スイッチ版『メモリーズオフ -Innocent Fille-』も発売か

  5. PS4/PS Vita/スイッチ向けADV『STEINS;GATE ELITE』発売日が決定!

  6. 『スプラトゥーン2』Ver.3.1.0の注目ブキ8選

  7. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  9. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  10. シンプルで大人っぽくデザインされた「ピカチュウ」が可愛い、レザーアイテムが新登場!

アクセスランキングをもっと見る