人生にゲームをプラスするメディア

ケイブ、平成26年5月期 第3四半期決算を発表 ― スマホアプリが売上高増加に貢献するも、業績不調

ゲームビジネス その他

ケイブ 平成26年5月期 第3四半期決算スクリーンショット
  • ケイブ 平成26年5月期 第3四半期決算スクリーンショット
ケイブは、平成26年5月期 第3四半期決算を発表しました。

売上高13億7400万円(前年同期比 18.4%減)、営業利益2億4800万円の赤字、経常利益2億4900万円の赤字、純利益2億7500万円の赤字となりました。

ケイブは業績に関して、既存タイトルの年末商戦における押し上げ効果に加えて、スマートフォンアプリ『ハローキティのパズルチェイン』と『ドン★パッチン』が売上高の増加に貢献したとしています。パチスロ「ジャグラー」の実機シミュレーターとRPGを融合したスマートフォンアプリ『ジャグラー×モンスター』は、平成26年3月のiOS正式版とAndroid正式版のリリースまで、ダウンロード数を制限したiOS先行版のみの配信だったため、業績への貢献は軽微となりました。

『ハローキティのパズルチェイン』『ドン★パッチン』『ジャグラー×モンスター』の3本ですが、研究開発費や運営体制構築のために投資が先行。こうしたことから、当第3四半期においても損失を計上したとのことです。また、同社が注力していくスマートフォン向けゲームアプリは、現在のリリースタイトルと今後のリリースタイトルの収益貢献規模により、業績が大きく左右されるとしています。こうしたことから、平成26年5月期の業績予想は困難であるとし、算定が可能になった時点での開示となるとのことです。また、今後は、スマートフォンネイティブゲームの配信開始、海外市場も見据えたクオリティの高いゲーム制作、2015年5月期から四半期に1本のペースで新規タイトルリリースなどを目指すとしています。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

    あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  2. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

    【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  3. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

    ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  4. 【CEDEC 2012】バイノーラルによる3Dサウンド制作 ― 「楽しい音」を作るには

  5. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  6. 今週発売の新作ゲーム『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』『Fallout 4 VR』『Okami HD』他

  7. 2017年11月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. 稲葉敦志と神谷英樹が語るプラチナ流開発、新作ゲーム開発スタッフを積極募集中

  9. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  10. 元CC2の渡辺雅央氏が独立!すでにスマートフォン向けゲームを制作中の模様

アクセスランキングをもっと見る