人生にゲームをプラスするメディア

ID@Xboxに馳せる期待。インディーゲーム開発者が語るマイクロソフトの今と昔

マイクロソフトの新プログラム、ID@Xboxの登場で開拓への兆しが見られる同社のインディーゲーム開発。これまで中小デベロッパーに対していかに後ろ向きな姿勢であったかを、『Hyper Light Drifter』のクリエイター、Alex Preston氏がEdgeのインタビューで語りました。

ゲームビジネス 開発
Hyper Light Drifter
  • Hyper Light Drifter
  • Guacamelee
  • Super Meat Boy
  • 1001 Spikes
  • Divekick
  • Phil Harrison氏

Hyper Light Drifter

マイクロソフトの新プログラム、ID@Xboxの登場で開拓への兆しが見られる同社のインディーゲーム開発。これまで中小デベロッパーに対していかに後ろ向きな姿勢であったかを、『Hyper Light Drifter』のクリエイター、Alex Preston氏がEdgeのインタビューで語りました。

同氏はマイクロソフトのデベロッパーへの対応について、「以前はホントにクソったれだった」と鋭い言葉で自らの体験を振り返りました。「今はずいぶんフレンドリーになった。それもこれもID@Xboxプログラムの責任者、Chris Charlaたちのおかげさ。たいした人だよ。俺たちみたいな中小デベロッパーのよき理解者なんだ」

「ソニーには当初からお世話になったし、今後うちの作品のXbox版をソニープラットフォームに先立って押し出していくことはないと思う」 Preston氏によると、既に自社製品をソニーからローンチすることを優先しているとのことで、インディーゲーム業界でのソニーのリードは明らかなようです。

また同氏は、マイクロソフトのローンチパリティ(全プラットフォームで発売日が同じであること)という契約条項にも触れています。その中で、「パリティどうこうが問題なんだ。マイクロソフト自身にとって良いポリシーとは思えないし、とてもじゃないが中小デベロッパーのメリットにはならない」と語り、知名度の低い小規模デベロッパーにとって同社からのリリースが極めて不利である現状を強調しました。

先日、Gaijin EntertainmentのCEO、Anton Yudintsev氏が語ったMicrosoftへの想いをお伝えしましたが、同社の現状にこうした不満を募らせるインディーゲームの開発者は決して少なくはありません。


Guacamelee

Drinkbox Studioの『Guacamelee』は既にPlayStationプラットフォームからのデビューを果たしています。同社共同設立者であるRyan MacLean氏は、Xbox OneとWii U向けスペシャルエディションのリリースイベントにて、同業者たちの想いを総括しました。「デベロッパーの視点から見て、理想的なのはリリースするプラットフォームを自分たちで選べる自由なんだ。各プラットフォーム所有者の好みは何となく分かるからね」


Super Meat Boy

また、『Super Meat Boy』の開発者、Edmund McMillen氏とTommy Refenes氏はドキュメンタリー映画『Indie Game: The Movie』の中で、Microsoftとの苦労に馳せた忌憚ない想いをぶつけています。


1001 Spikes

一方で、ローンチパリティには肯定的な意見もあります。マルチプラットフォームで同時にリリースした『1001 Spikes』の開発元、NicalisのTyrone Rodriguez氏は「我々にとってはむしろ好都合だ」と、そのメリットを語りました。同氏によると、全機種同時にローンチすることでプロモーションとマーケティングが容易になり、後発プラットフォームユーザーによる興味の喪失も防げるとのことです。


Divekick

同様の意見は他にもあり、『Divekick』を手掛けるIron GalaxyのCEO、Dave Lang氏は、70人の社員を抱える同スタジオだからこそ、利益を最大にするためにもローンチパリティが必要であると語りました。しかし、4人体制のような小規模スタジオにとっては同時リリースが負荷となり、逆にデメリットになるであろうことを付け加えています。


Phil Harrison氏

このように、マイクロソフトのローンチパリティに関して賛否両論あるようですが、インディーゲームデベロッパーとの関係構築において、競合他社との間に大きな開きがあることは否めません。同社のPhil Harrison氏は、ID@Xboxプログラムをより洗練されたものにするため日夜努力を続けるChris Charla氏とそのチームを高く評価しているとのことで、同社の今後益々の変化が待たれるところです。
《》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『Battlefield V』『絶体絶命都市4 Plus Summer Memories』『シェンムー I&II』他

    今週発売の新作ゲーム『Battlefield V』『絶体絶命都市4 Plus Summer Memories』『シェンムー I&II』他

  2. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  3. 【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

    【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

  4. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  5. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  6. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  7. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  8. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  9. 【台北ゲームショウ2016】寺田貴信氏が『スパロボ』誕生や参戦作品について語った「寺田の趣味では・・・」

  10. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

アクセスランキングをもっと見る