人生にゲームをプラスするメディア

『Thief』のバナー広告に『FF』のシーフが!そのデザインもドット風に表現

シーフのようにこっそり出していたらしいです

ソニー PS4
『Thief』のバナー広告に『FF』のシーフが!そのデザインもドット風に表現
  • 『Thief』のバナー広告に『FF』のシーフが!そのデザインもドット風に表現
  • 『Thief』のバナー広告に『FF』のシーフが!そのデザインもドット風に表現
スクウェア・エニックスは、PS4/PS3/Xbox ONE/Xbox360ソフト『Thief(シーフ)』と『ファイナルファンタジー』がコラボレーションしたバナー広告を展開しました。

練達の盗賊「ギャレット」を操り、貴重な財宝や隠された秘密を目指す、一人称視点によるステルスアクションゲーム『Thief』。1998年から始まったシリーズの最新作でありながらも、「再起動(リブート)」の役目を担っており、ここから新たなる『Thief』世界が紡がれていきます。

国内での発売日も6月12日に決定し(Xbox ONE版は未定)、また多彩な情報やトレーラーなども公開され、本作の活気は増していくばかり。あらゆる影に身を潜め、シティの支配者「男爵」と「シティ」をめぐる混乱を舞台とする本作は、発売日に向けて多彩な形で拡がりを見せています。


その名を更に広く伝える本作のバナー広告に、同社の看板タイトル『FF』シリーズのシーフが登場しました。その広告を見て頂ければ一目瞭然ですが、『FF』テイスト満載の2頭身シーフと「ぬすむ」「にげる」などのお馴染みのコマンドが、『Thief』のロゴと共に掲載されています。

広告も全体的にドット風なアレンジで、発売日も「6がつ 12にち はつばい」と表記され、往年の時代を感じさせます。『FF』シリーズの1作目から登場しているシーフだけに、懐かしさを感じる方向性のデザインとなったのでしょうか。

シーフによる『Thief』の宣伝、というユニークなこのバナー広告。どこかで見かけたら、それをきっかけにクリックしてみるのも一興かもしれませんね。

『Thief(シーフ)』は、2014年6月12日発売予定。価格は、7,800円(税抜)です。
なおXbox One版は、発売日・価格ともに未定です。

Thief (C) 2014 Square Enix Ltd. All rights reserved. Developed by Eidos-Montreal. THIEF, the THIEF logo, EIDOS-MONTREAL and the EIDOS logo are trademarks of Square Enix Ltd. SQUARE ENIX and the SQUARE ENIX logo are trademarks or registered trademarks of Square Enix Holdings Co., Ltd. All other trademarks are the property of their respective owners.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  3. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

    不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  4. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

  5. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  6. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  7. PS4『モンハン:ワールド』受付嬢の新衣装に思わずドキッ!アステラ祭【豊穣の宴】は9月21日から

  8. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

  9. 【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

  10. 10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは

アクセスランキングをもっと見る