人生にゲームをプラスするメディア

『Thief』のバナー広告に『FF』のシーフが!そのデザインもドット風に表現

シーフのようにこっそり出していたらしいです

ソニー PS4
『Thief』のバナー広告に『FF』のシーフが!そのデザインもドット風に表現
  • 『Thief』のバナー広告に『FF』のシーフが!そのデザインもドット風に表現
  • 『Thief』のバナー広告に『FF』のシーフが!そのデザインもドット風に表現
スクウェア・エニックスは、PS4/PS3/Xbox ONE/Xbox360ソフト『Thief(シーフ)』と『ファイナルファンタジー』がコラボレーションしたバナー広告を展開しました。

練達の盗賊「ギャレット」を操り、貴重な財宝や隠された秘密を目指す、一人称視点によるステルスアクションゲーム『Thief』。1998年から始まったシリーズの最新作でありながらも、「再起動(リブート)」の役目を担っており、ここから新たなる『Thief』世界が紡がれていきます。

国内での発売日も6月12日に決定し(Xbox ONE版は未定)、また多彩な情報やトレーラーなども公開され、本作の活気は増していくばかり。あらゆる影に身を潜め、シティの支配者「男爵」と「シティ」をめぐる混乱を舞台とする本作は、発売日に向けて多彩な形で拡がりを見せています。


その名を更に広く伝える本作のバナー広告に、同社の看板タイトル『FF』シリーズのシーフが登場しました。その広告を見て頂ければ一目瞭然ですが、『FF』テイスト満載の2頭身シーフと「ぬすむ」「にげる」などのお馴染みのコマンドが、『Thief』のロゴと共に掲載されています。

広告も全体的にドット風なアレンジで、発売日も「6がつ 12にち はつばい」と表記され、往年の時代を感じさせます。『FF』シリーズの1作目から登場しているシーフだけに、懐かしさを感じる方向性のデザインとなったのでしょうか。

シーフによる『Thief』の宣伝、というユニークなこのバナー広告。どこかで見かけたら、それをきっかけにクリックしてみるのも一興かもしれませんね。

『Thief(シーフ)』は、2014年6月12日発売予定。価格は、7,800円(税抜)です。
なおXbox One版は、発売日・価格ともに未定です。

Thief (C) 2014 Square Enix Ltd. All rights reserved. Developed by Eidos-Montreal. THIEF, the THIEF logo, EIDOS-MONTREAL and the EIDOS logo are trademarks of Square Enix Ltd. SQUARE ENIX and the SQUARE ENIX logo are trademarks or registered trademarks of Square Enix Holdings Co., Ltd. All other trademarks are the property of their respective owners.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. エウルア生誕祭に『聖剣伝説3』あんべよしろう氏がイラスト投稿!『原神』屈指のネタ武器「マグロ大剣」がマッチ

    エウルア生誕祭に『聖剣伝説3』あんべよしろう氏がイラスト投稿!『原神』屈指のネタ武器「マグロ大剣」がマッチ

  2. たった1つのボタンで『DARK SOULS III』をクリアする猛者現る―モールス信号のように器用に操作

    たった1つのボタンで『DARK SOULS III』をクリアする猛者現る―モールス信号のように器用に操作

  3. 「PS5」の販売情報まとめ【10月26日】─「ノジマオンライン」は抽選販売を展開中、「Amazon」の抽選結果が本日発表

    「PS5」の販売情報まとめ【10月26日】─「ノジマオンライン」は抽選販売を展開中、「Amazon」の抽選結果が本日発表

  4. 「PS5」の販売情報まとめ【10月25日】─「ノジマオンライン」の当選倍率が60倍に急増

  5. 美しくも儚い少女たちの青春物語が尊い…スピーディーで爽快なバトルも楽しめる『BLUE REFLECTION TIE/帝』プレイレポ

  6. 筆者はいかにしてPS5を手に入れたのか ─ PS5を入手する3つの方法と入手確率アップの法則【GW特集】

  7. 『FF14』80万ダメージ超えを出せるのは今だけ!?青魔道士が熱い理由を徹底解説―RW素材集めの周回もソロで楽々、これがリミテッドジョブの実力だ

  8. 「ガストブランドの集大成とも言える作品」―『BLUE REFLECTION TIE/帝』細井総合P&土屋開発Pが語る制作秘話

  9. 「PS5」の購入意欲を調査! 8割以上が購入を希望─「絶対に購入する」「ソフトが揃ってきたら」「Proが出たら」など様々な声【アンケート】

  10. 「配達員にパクられました」―AmazonでPS5を購入完了したはずが…ひとりのゲームファンに起こった悲劇

アクセスランキングをもっと見る