人生にゲームをプラスするメディア

バンダイナムコゲームス、DeNAと中国でアニメ「ONE PIECE」のスマホアプリを配信予定

ゲームビジネス その他

「ONE PIECE」
  • 「ONE PIECE」
  • バンダイナムコゲームスロゴ
バンダイナムコゲームスは、ディー・エヌ・エーの協力で、2014年にアニメ「ONE PIECE」のモバイル向けスマートフォンアプリを中国国内向けに配信する予定だと発表しました。

中国でも人気の高いアニメ「ONE PIECE」がスマートフォンアプリとして、中国国内向けに配信されます。アニメ「ONE PIECE」モバイル向けスマートフォンアプリは、タイトル未定、配信開始予定日は2014年、利用料はダウンロード無料の一部アイテム課金制となっています。詳細は未定。決定次第順次発表予定です。

バンダイナムコゲームスは、DeNAの協力により、2013年7月からソーシャルゲーム『ガンダムカードコレクション』を、韓国の「Daum Mobage(ダウムモバゲー)」にiOS/Androidアプリとして提供しています。今回の中国での展開をはじめ、アジアへの展開を順次行い、海外でのモバイル向けコンテンツビジネス事業を拡大していく予定とのことです。

(C)Eiichiro Oda/Shueisha, Toei Animation (C)NAMCO BANDAI Games Inc.
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

    戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  2. 「エロマンガ先生」山田エルフ大先生とお昼寝できるVRアプリ登場! 先行版ではツイスターゲームも

    「エロマンガ先生」山田エルフ大先生とお昼寝できるVRアプリ登場! 先行版ではツイスターゲームも

  3. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

    【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  4. AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

  5. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  6. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  7. 『Blade Strangers』や『RemiLore』など注目新作揃いのPikiiブース!【BitSummit Vol.6】

  8. 2009年、最も違法ダウンロードされたゲームは? 特にPCで被害が深刻

  9. 米国任天堂、シリコンバレーの新オフィスをスタート

  10. 【プレイレビュー】『ファークライ 3』日本語版Co-opマルチプレイモードプレビュー&プレイ動画

アクセスランキングをもっと見る