人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2014】高解像度、低遅延、低残像、位置トラッキングにも対応した「Oculus Rift Development Kit 2」が予約開始

その他 全般

【GDC 2014】高解像度、低遅延、低残像、位置トラッキングにも対応した「Oculus Rift Development Kit 2」が予約開始
  • 【GDC 2014】高解像度、低遅延、低残像、位置トラッキングにも対応した「Oculus Rift Development Kit 2」が予約開始
  • 【GDC 2014】高解像度、低遅延、低残像、位置トラッキングにも対応した「Oculus Rift Development Kit 2」が予約開始
  • 【GDC 2014】高解像度、低遅延、低残像、位置トラッキングにも対応した「Oculus Rift Development Kit 2」が予約開始
  • 【GDC 2014】高解像度、低遅延、低残像、位置トラッキングにも対応した「Oculus Rift Development Kit 2」が予約開始
ここ数年でVR(バーチャルリアリティ)ゲームの可能性を大きく広げたVRヘッドセットの「Oculus Rift」。

先日には昨年より販売されていた開発者向けの「Development Kit」の販売終了が伝えられていましたが、本日新たに改良版となる「Development Kit 2」の予約受付が開始されました。

「Development Kit 2」は「Development Kit」の欠点を改良し、更に新たな機能を搭載。製品版に向けて着実な進化を遂げているようです。以下、「Development Kit 2」の特徴を簡単にご紹介。

・ 低残像のOLEDディスプレイ。
・ 解像度は片目あたり960x1080。
・ 正確で低遅延の位置トラッキング。
・ 内蔵の遅延テスター。
・ オンヘッドセットのUSBアクセサリーポート。
・ 新たな光学。
・ コントロールボックスの排除。
・ SDKの再デザイン。
・ UnityやUnreal Engine 4統合の最適化。

詳細なスペックは公式サイトにて掲載されているので気になる方はそちらをご覧ください。



OLEDディスプレイの採用や高解像度化などによりシミュレーター酔い(3D酔い)の低減が期待される「Oculus Rift Development Kit 2」は公式サイトにて350ドルで予約受付中。2014年7月より出荷が開始されるそうです。なお、出荷は先着順になるとの事です。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 佐賀県庁公式サイトに「ロケット団」の求人案内が出現―詳細は10月25日の生中継にて明らかに

    佐賀県庁公式サイトに「ロケット団」の求人案内が出現―詳細は10月25日の生中継にて明らかに

  2. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

    【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  3. 【昨日のまとめ】『FGO』×「ローソン」キャンペーン開催決定、『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』最初のパートナーは?、『PUBG』新規パッチリリースは次回以降正式版まで行わず…など(10/17)

    【昨日のまとめ】『FGO』×「ローソン」キャンペーン開催決定、『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』最初のパートナーは?、『PUBG』新規パッチリリースは次回以降正式版まで行わず…など(10/17)

  4. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  5. 『DARK SOULS』アストラの上級騎士スタチューの工場製作版ビジュアルが公開!

  6. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  7. 【特集】「男が惚れる漢ゲームキャラ」10選

  8. インパネ液晶で『テトリス』をプレイできるロシア製トラックの映像が海外で話題に

  9. 【特集】「無性に殴りたくなるゲームキャラ」10選

  10. 【特集】ゲームでイライラする10の要素

アクセスランキングをもっと見る