人生にゲームをプラスするメディア

ラムザたちは生還したのか!? ─ 『ファイナルファンタジータクティクス』17年の月日を経て、松野氏が真実を明かす

ソニー PS

PSP版『ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争』パッケージ
  • PSP版『ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争』パッケージ
1997年6月に、当時のスクウェアからリリースされた『ファイナルファンタジータクティクス』は、『FF』シリーズ初のシミュレーションRPGとして注目を集め、またシリーズでお馴染みの「ジョブチェンジ」システムなどが組み込まれた意欲作でした。

本作のディレクターを務め、脚本を手がけた松野泰己氏は、身分や貧富、民族の差などの歴史的な問題を扱う物語なども得意としており、その実力は本作でも遺憾なく発揮。卓越したゲーム性とともに、作り込まれた設定や引き込まれるストーリー、歴史の裏側を紐解く手法などで、多くのユーザーを虜にしました。

そんな本作を締めくくるエンディングですが、これまで「主人公のラムザたちは生き残ったのか?」という点においてファンの間で意見が二分していました。生還説の方が多勢ですが、死亡説を掲げている方も少ない数ではなく、それぞれの解釈で本作の結末を受け止めていました。

ですがこのたび、松野氏が自身のTwitterアカウントにて、ラムザたちの生存/死亡に関しての公式設定を明かしました。その内容をこちらで紹介させていただきますが、ここから先はネタバレとなるので、その点を留意した上で、読み進めてください。




ラムザたちは全員生還したという公式設定の発表により、ファンの間で分かれていた論議にも終焉が迎えられました。実に17年にも及ぶ月日を経ての真実に、感慨深く思う方もいることでしょう。

なお、コメントの中で「LoV3側から依頼があった」とのことですが、これは『ロード オブ ヴァーミリオン III』に、コラボとしてラムザとアグリアスが参戦することが関連しているものと思われます。こちらも、17年振りに得た彼らの新たな活躍の舞台と言えるかもしれませんね。

また作中でのラムザたちのその後に関しても、松野氏がこのようにコメントを残しています。




歴史の表舞台から姿を消したラムザたちは、どのような冒険へ挑んだのでしょうか。その冒険譚が語れる日も、いつか来て欲しいものですね。

(C) 1997, 2007, SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER ILLUSTRATION: Akihiko Yoshida
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. ポストエフェクトミドルウェア「YEBIS3」がコナミの新タイトル『ANUBIS Z.O.E:M∀RS』に採用

    ポストエフェクトミドルウェア「YEBIS3」がコナミの新タイトル『ANUBIS Z.O.E:M∀RS』に採用

  2. 『アイドルマスター ステラステージ』公式生放送「ステラチャンネル第3回」で最新情報が公開

    『アイドルマスター ステラステージ』公式生放送「ステラチャンネル第3回」で最新情報が公開

  3. PS4『プロジェクト・ニンバス:CODE MIRAI』配信開始!―タイ産空戦ロボゲーPS4リマスター

    PS4『プロジェクト・ニンバス:CODE MIRAI』配信開始!―タイ産空戦ロボゲーPS4リマスター

  4. 【レポート】『バイオハザード7』無料エピソード「Not A Hero 」をPS VRで体験…撃て、殴れ、そして恐怖せよ!

  5. 【プレイレポ】3Dグラフィックとボイスで生まれ変わる『聖剣伝説2』―懐かしくもしっかり新しい

  6. 『仮面ライダー クライマックスファイターズ』豪華ゲストと贈る生放送が決定―キバやウィザードなどの詳細も公開

  7. PS Storeで使える10%オフクーポンが配布中―「ニコデ、ハンガク」セールと併用可能!

  8. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  9. 日本一ソフトウェア「ハイパー掘り出し物市 第1弾」が開催―『ボク姫PROJECT』のPS4用アバターも販売

  10. 『バイオハザード7』クリスDLCの配信日が決定!―本編後日談を描く新DLC「エンド オブ ゾイ」も

アクセスランキングをもっと見る