人生にゲームをプラスするメディア

初代から『FFVII』まで、60曲を超える収録楽曲を公開 ─ 『シアトリズム FFCC』音楽や映像をじっくり楽しめるモードも

任天堂 3DS

公式サイトショット
  • 公式サイトショット
  • 『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』ロゴ
スクウェア・エニックスは、ニンテンドー3DSソフト 『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』の最新情報と収録楽曲を公開しました。

現在、ナンバリングだけでも14タイトルが展開し、続編や番外な作品を含めれば更にその裾野が広がる『ファイナルファンタジー』シリーズ。作品ごとに、個性的なシステムや美しいグラフィックなど、魅力は多岐に渡りますが、どのタイトルでも素晴らしいBGMが奏でられていることでも知られています。

そんな『FF』シリーズの中から名曲を多数を選び出し、リズムゲームとして構築した『シアトリズム ファイナルファンタジー』は、本シリーズのかつてない方向性を打ち出した意欲作であり、その完成度の高さや、名曲と一体感を覚えるゲーム性などが高く評価され、好評を博するとともに、続編『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』のリリースが決定しています。

前作の魅力を継承しつつも、様々な進化を遂げる『シアトリズム FFCC』。このたび更新された公式サイトにて、ミュージックステージの楽曲を楽しめる「ミュージックプレイヤー」や、EMSで流れるムービーを鑑賞できる「シアター」などの要素も明らかとなりました。プレイ中はリズムゲームに集中してしまい、音楽を落ち着いて満喫することや、ゆっくりムービーを眺めるのはなかなか難しいもの。ですがこれらの機能のおかげで、焦らずにその魅力を堪能できそうです。

また、リズムゲームとして肝心な、収録楽曲の一部も公開されました。今回明かされたのは、初代『FF』からPS初のタイトルとなった『VII』まで。お気に入りの曲があるかチェックしてみてください。

◆楽曲リスト


■『FF』
「戦闘シーン」「中ボスバトル(初登場)」「ラストバトル(初登場)」「メイン・テーマ」「コーネリア城(初登場)」「オープニング・テーマ(ミュージックステージ変更)」「マトーヤの洞窟」「グルグ火山」「飛空船(初登場)」「海底神殿」

■『FFII』
「戦闘シーン 1」「反乱軍のテーマ」「戦闘シーン 2」「メインテーマ」「街(初登場)」「ダンジョン」「魔導士の塔」「フィナーレ」

■『FFIII』
「バトル1」「バトル2」「最後の死闘」「クリスタルのある洞窟」「悠久の風」「果てしなき大海原(初登場)」「水の巫女エリア(ミュージックステージ変更)」「ドーガとウネの館(初登場)」「クリスタルタワー」

■『FFIV』
「バトル1」「バトル2」「ゴルベーザ四天王とのバトル」「最後の闘い」「赤い翼(iOS版より)」「愛のテーマ(ミュージックステージ変更)」「ファイナルファンタジーIV メインテーマ」「トロイア国(初登場)」「ゾットの塔(初登場)」「飛空艇(初登場)」「巨人のダンジョン」

■『FFV』
「ファイナルファンタジーV メインテーマ(長さ調整)」「バトル1」「ビッグブリッヂの死闘」「決戦(長さ調整)」「最後の闘い」「4つの心」「ハーヴェスト(初登場)」「はるかなる故郷」「マンボdeチョコボ」「飛空艇(初登場)」「新しき世界(iOS版より)」「光を求めて」

■『FFVI』
「戦闘」「決戦」「死闘」「妖星乱舞」「ティナのテーマ」「エドガー、マッシュのテーマ(初登場)」「セリスのテーマ」「飛空艇ブラックジャック(初登場)」「仲間を求めて」「邪神の塔(初登場)」

■『FFVII』
「闘う者達」「更に闘う者達」「J-E-N-O-V-A」「エアリスのテーマ(ミュージックステージ変更)」「片翼の天使(長さ調整)」「F.F.VIIメインテーマ」「ゴールドソーサー(初登場)」「星降る峡谷」「空駆けるハイウインド(初登場)」「最期の日」

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


なお、このたび明かされた楽曲の数々は、公式サイトにて試聴も可能です。本作の予習として聴くもよし、プレイした日々を懐かしく思い出すもよしです。また、「バトル1」などの曲を作品ごとに聞き比べてみるのも、味わい深いかもしれませんね。この試聴を楽しみつつ、本作の続報や発売日を楽しみにお待ちください。

『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』は、2014年4月24日発売予定。価格は、パッケージ版が5,800円(税抜)、ダウンロード版が4,444円(税抜)、『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール シアトリズム エディション』が23,000円(税抜)です。

(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Developed by indieszero Co., Ltd.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

    【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

  2. 『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』の予約受付が開始―アローラフォトクラブなど新要素もりだくさん

    『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』の予約受付が開始―アローラフォトクラブなど新要素もりだくさん

  3. 【TGS2017】美人コンパニオンさんがいるフォトスポットも盛りだくさん!セガゲームスブースレポート

    【TGS2017】美人コンパニオンさんがいるフォトスポットも盛りだくさん!セガゲームスブースレポート

  4. 【読者アンケート】「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」結果発表─『烈火の剣』『蒼炎の軌跡』『聖戦の系譜』の三つ巴を制したのは……

  5. 『project OCTOPATH TRAVELER』体験版プレイユーザーを対象としたアンケートサイトが公開

  6. スイッチ対応アケコン「8BITDO NES30 Arcade Stick」国内向けに予約開始!

  7. あの『マインクラフト』がNewニンテンドー3DSに登場!『Minecraft New Nintendo 3DS Edition』配信開始

  8. ニンテンドースイッチ本体にファミコン版『ゴルフ』が隠されていることが判明!―故・岩田聡氏の命日にのみ起動可能

  9. 【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

  10. 3DS向けVC『ポケットモンスター 金・銀』は、ポケモンの通信交換や対戦機能も搭載

アクセスランキングをもっと見る