人生にゲームをプラスするメディア

アクセスブライト、スマホ版『STEINS;GATE』の中国展開に踏み出す ─ MAGES.との業務提携も発表

モバイル・スマートフォン iPhone

アクセスブライト、スマホ版『STEINS;GATE』の中国展開に踏み出す ─ MAGES.との業務提携も発表
  • アクセスブライト、スマホ版『STEINS;GATE』の中国展開に踏み出す ─ MAGES.との業務提携も発表
  • アクセスブライト、スマホ版『STEINS;GATE』の中国展開に踏み出す ─ MAGES.との業務提携も発表
アクセスブライトは、中国での拠点である上海通耀信息科技有限公司を通じ、国産モバイルゲームなどのコンテンツの中国展開を支援に取り組んでおり、このたび『STEINS;GATE』の中国展開を実施すると発表しました。

志倉千代丸氏が企画・原作を務める想定科学ADVシリーズの第2弾『STEINS;GATE』は、2009年にXbox 360に登場。タイムトラベルそのものの構造に重点をおいた視点や、個性的なキャラクターたちが彩る緊迫した展開、そして感情を揺さぶる結末などが多くのユーザーから支持され、PS3やPS Vitaへの移植をはじめ、TVアニメ化や劇場公開など、多彩に活躍の場を拡げる一大タイトルとなりました。

その『STEINS;GATE』を生み出した志倉氏が代表を務めるMAGES.とアクセスブライトが、『STEINS;GATE』の中国展開におけるライセンス契約を締結し、2014年5月にリリースを予定していることが判明しました。

先日、『STEINS;GATE』の海外PC版となる”English Edition”のゴールデンマスターが完成したばかりですが、そちらに続く海外展開となります。なお今回の動きは、中国政府が上海に開設した上海自由貿易試験区にて、外資系企業に家庭用TVゲーム機の製造・販売の解禁を決定した発表を受け、その戦略的な位置付けとしての研究も視野に入れていることも明かしています。

またアクセスブライトは、中国で『STEINS;GATE』海賊版などの著作権侵害を発見した場合、中国におけるモバイルゲーム配信プラットフォームや大手法律事務所と協力しながらMAGES.と一緒に対応していく方針も述べ、その確固たる姿勢も示しました。

(C)2009-2014 MAGES./5pb./Nitroplus
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『少女前線』にいったい何が?運営と開発に亀裂、元運営が語る真相とは

    『少女前線』にいったい何が?運営と開発に亀裂、元運営が語る真相とは

  2. 『少女前線』日本版の正式タイトルが『ドールズフロントライン』に決定―名称の変更は、商標所有者による悪質な違約と妨害のため

    『少女前線』日本版の正式タイトルが『ドールズフロントライン』に決定―名称の変更は、商標所有者による悪質な違約と妨害のため

  3. Google Playストア発生の障害が解消―購入データが反映されない場合は「払い戻し」を

    Google Playストア発生の障害が解消―購入データが反映されない場合は「払い戻し」を

  4. 『バンドリ!』7月20日追加予定のカバー楽曲「Reach Out To The Truth」の一部プレイ動画を先行公開!

  5. Google Playストアにて障害が発生中―アプリ各社が一時的に購入を控えるよう呼びかけ

  6. 『ゴリラが背中に湿布を貼ってくれる』Unityでゴリラに取りつかれた奇ゲーを量産するHaruma Toshiyukiとは?【特集】

  7. 『バンドリ!』×『ペルソナ』コラボの開催日やメンバーイラストが明らかに!公式生放送「@ハロハピCiRCLE放送局」まとめ

  8. 『FGO』第2部第2章「無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング 消えぬ炎の快男児」を考察【特集】

  9. 『ファンタジーライフ オンライン』サービス開始が7月23日に決定!前日には配信記念の生放送も実施

  10. 『アークザラッド』新作のティザーサイトが公開!気になる詳細は7月30日に解禁

アクセスランキングをもっと見る