人生にゲームをプラスするメディア

【The Elder Scrolls Online旅日記その6】癒し系カジート大戦記 ~初めてのPvP編~

その他 フォトレポート

【The Elder Scrolls Online旅日記その6】癒し系カジート大戦記 ~初めてのPvP編~
  • 【The Elder Scrolls Online旅日記その6】癒し系カジート大戦記 ~初めてのPvP編~
  • 【The Elder Scrolls Online旅日記その6】癒し系カジート大戦記 ~初めてのPvP編~
  • 【The Elder Scrolls Online旅日記その6】癒し系カジート大戦記 ~初めてのPvP編~
  • 【The Elder Scrolls Online旅日記その6】癒し系カジート大戦記 ~初めてのPvP編~
  • 【The Elder Scrolls Online旅日記その6】癒し系カジート大戦記 ~初めてのPvP編~


とうとうクローズドβテストが開始された『The Elder Scrolls Online』ですが、先日お届けしたタムリエル散策日記に引き続いて今回はPvPモードに焦点を当てたプレイ日記をお送りします。その舞台はシリーズファンにもおなじみの「シロディール」、プレイヤーが選んだ三つの各勢力が鎬を削る対人戦の楽しさをお伝えしていこうと思います。


シロディールマップ画面。PvPのみならずクエストも用意されています!

もちろん今回も、Game*Spark/INSIDEライター陣よりishigennとえれ子が参加。前回はニコニコしながら和気あいあいとプレイしていましたが、今回の三人はそれぞれが敵同士!戦場で出会った際には刃を交える覚悟を決めています。ishigennの勢力はマップ北西の青色勢力「Daggerfall Covenant」、えれ子は赤色の「Ebonheart Pact」、そして筆者は最大勢力だった「Aldmeri Dominion」に所属。また、PvPモードには戦略資源や重要アイテム「スクロール」なども登場しており、兵站線の概念などストラテジー的な要素なども多く実装されています。

■第1回戦:VS ishigenn

破壊された城壁、チャットには「ヤツらが来たぞ!」、これが戦争......

さて、PvPが開始されてまず筆者が辿り着いたのはタムリエル北西の砦「Fort Rayles」。序盤の段階で大きく差をつけていた我が勢力ですが、どうやら今回はライターishigennが所属する「Daggerfall Covenant」から激しい攻撃を受けているとのこと。急いで仲間達と防衛戦を行うことにしました。チャットでは「防衛戦のパーティメンバーを募集中!参加希望者はフレンド登録してくれ!」とメッセージを送り続けるプレイヤーがちらほら。急いで返事をして大規模パーティに参加しました。筆者が鍛え上げたカジートの得意スキルはヒーリング。部隊後方から前線で戦い続けるファイター達を回復し続けていたのですが......ダガーフォールの強敵達は激しい火力で我が砦を圧倒、いつの間にか城壁が大破。「Fort Rayles」が壊滅の危機に陥りました。ちなみにPvPモードには攻城兵器なども用意されており、プレイヤーが金額を支払うことによって軍備を増強したり、リスポーン地点であるCampを購入することが出来るようです。

「Fort Rayles」では一心不乱に味方を回復させたり高レベルな味方プレイヤーの快進撃を応援したりもしていましたが、破壊された城門から屈強な戦士達が次々と登場、見事に斬り捨てられました。その後グループチャットに「ここはもうダメだ、東に移動するぞ」とパーティをまとめる大親分プレイヤーからメッセージが届き、残念ながら敗北を認めることに。

■第2回戦:VS えれ子

こちらも苦戦。遠距離から震えながら味方の回復に専念しました

次なる目的地はタムリエル北東の砦。こちらでも熾烈な争いが繰り広げられており、その相手は放送部のえれ子が属する「Ebonheart Pact」。スコア的にはダントツだった我が勢力、敵も多い為ガンガン攻め込まれてしまっている模様です。先ほどの「Fort Rayles」では砦上からネチネチと攻撃を続けていましたが、こちらでは既に城内へ侵入されていた為に室内での防衛戦へと突入。パーティメンバーと共に敵勢力のプレイヤーを倒し続けていたものの、こちらも程なく陥落......ヒーラーとしての活躍も虚しく二連敗を喫してしまいました。

■はじめてのPvPを終えて

昼夜問わず繰り広げられる戦いはまさに熾烈。ちなみにペットのモンスターなども参加可能

その後は近隣の村を派閥内に取り入れ、木材などの資源確保に成功。来るべき次の戦いの準備をしてひとまず戦線から離脱しました。数時間に渡るPvPは単純な「対人戦」と言うよりも、まさに『TES』の世界で繰り広げられる戦争を駆け回っているような印象でした。もちろんストラテジーゲームのような戦略性だけでなく、一対一の斬り合いも過去作を超えた緊張感。筆者のようにMMORPGに馴染みがないプレイヤーでもすんなりと世界観に入り込み、楽しく遊ぶことが出来ると思います!

【The Elder Scrolls Online旅日記シリーズ】
その1: 筋肉モリモリオークで『TES』らしさを追求プレイ
その2: ダークエルフのぶらり冒険旅 ~シロディールを目指して~
その3: 癒し系カジート観光記 ~そうだ、王都へ行こう~
その4: 世はまさに戦国時代、筋肉モリモリオークが見たPvP攻城戦
その5: ダークエルフのぶらり冒険旅 ~運も実力のうち?~
その6: 癒し系カジート大戦記 ~初めてのPvP編~
《ハヤカワ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. スクウェア・エニックス社長が明かす今後の展望─今年度末からE3にかけて大型タイトルを順次発表、Nintendo Switchにも意欲

    スクウェア・エニックス社長が明かす今後の展望─今年度末からE3にかけて大型タイトルを順次発表、Nintendo Switchにも意欲

  2. 【昨日のまとめ】『どうぶつの森 ポケットキャンプ』配信日決定、『FGO』サーヴァント達の現代風ファッション、スイッチ版『Skyrim』海外レビューハイスコア…など(11/20)

    【昨日のまとめ】『どうぶつの森 ポケットキャンプ』配信日決定、『FGO』サーヴァント達の現代風ファッション、スイッチ版『Skyrim』海外レビューハイスコア…など(11/20)

  3. 【レポート】「日本におけるeスポーツの夜明け」を目指して─AMDが「闘会議」に賞金1,000万円を拠出すると発表

    【レポート】「日本におけるeスポーツの夜明け」を目指して─AMDが「闘会議」に賞金1,000万円を拠出すると発表

  4. あなたと相性ピッタリの“どうぶつ”は?「どうぶつの森 ポケットキャンプ占い」が“いいね”7千超えで人気沸騰

  5. 【特集】「デスクトップアーミー」×「フレームアームズ・ガール」コラボ第1弾「KT-321f 轟雷」フォトレビュー

  6. 【週刊インサイド】『FGO』臣下になりたい王様のアンケート結果が人気! 多彩な特集や『FGO』コラボも関心高まる

  7. セガゲームス、謎めく新作ティザーサイトを公開! “〇〇〇×RPG”とは一体…

  8. 【特集】『超絶にムズいゲーム』10選―コントローラ叩きつけるレベル!?

  9. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  10. GOTYは『ゼルダの伝説 BotW』に決定!「2017 Golden Joystick Awards」受賞作品リスト

アクセスランキングをもっと見る