人生にゲームをプラスするメディア

【JAEPO 2014】名越稔洋氏「もう一度キッズアーケード市場を盛り上げる」 『ヒーローバンク』ステージ

その他 アーケード

【JAEPO 2014】名越稔洋氏「もう一度キッズアーケード市場を盛り上げる」 『ヒーローバンク』ステージ
  • 【JAEPO 2014】名越稔洋氏「もう一度キッズアーケード市場を盛り上げる」 『ヒーローバンク』ステージ
  • 【JAEPO 2014】名越稔洋氏「もう一度キッズアーケード市場を盛り上げる」 『ヒーローバンク』ステージ
  • 【JAEPO 2014】名越稔洋氏「もう一度キッズアーケード市場を盛り上げる」 『ヒーローバンク』ステージ
  • 【JAEPO 2014】名越稔洋氏「もう一度キッズアーケード市場を盛り上げる」 『ヒーローバンク』ステージ
  • 【JAEPO 2014】名越稔洋氏「もう一度キッズアーケード市場を盛り上げる」 『ヒーローバンク』ステージ
  • 【JAEPO 2014】名越稔洋氏「もう一度キッズアーケード市場を盛り上げる」 『ヒーローバンク』ステージ
  • 【JAEPO 2014】名越稔洋氏「もう一度キッズアーケード市場を盛り上げる」 『ヒーローバンク』ステージ
  • 【JAEPO 2014】名越稔洋氏「もう一度キッズアーケード市場を盛り上げる」 『ヒーローバンク』ステージ
ニンテンドー3DSゲームをはじめ、マンガ、テレビアニメ、トレーディングカードゲーム、玩具と壮大なスケールで展開される「ヒーローバンク」プロジェクト。アーケード版『ヒーローバンク アーケード』も夏に稼働予定です。本作のステージイベントが、ジャパンアミューズメントエキスポ2014のセガブースで行われました。

「ヒーローバンク」はお金がテーマの異色の世界観で、100億円の借金を背負ってしまった小学生がヒーロー着を身に纏い、お金稼ぎに奮闘するというバトルアクション。ステージに立った制作総指揮の名越稔洋氏は「お金がテーマという事で色眼鏡に見られるかもしれませんが、その大切さ、有難み、ドラマといったものも伝え、バトルあり、ドラマあり、勇気と友情の熱い物語になっています」とコメントしました。

ステージにはアーケード版の総合プロデューサー西山泰弘氏も登場して、ゲームの具体的な内容に触れました。アーケード版は世界観、キャラクター、設定などは引き継ぎながら、新しい筐体やボードを使用し、大画面でクオリティの高い映像、理解し易く、しかし奥深いゲーム性を追求したとのことです。アーケード版は3vs3の6人のタッグマッチとなり、カードデッキの構成とサイコロの運が勝負を分けていきます。「キッズ市場には様々なゲームがありますが、セガならではのきっちりしたゲームを作っていきたい」と西山氏は話しました。

新たな筐体を起したことで、幾つか良い点があったと言います。1つはスポットライト。「本作のバトルはプロレスなんです。プロレスといえばスポットライト。筐体にスポットライトを組み込み、その興奮を味わえるようになっています」(西山氏)。もう1つは質の高いカードの排出です。「最新のプリンター形式を採用することで、キラカードの印刷にも対応。印刷特有の曲がりも無い質の高いカードを実現できました」(西山氏)とのこと。お金をイメージした派手なカードは特徴となりそうです。

最後に名越氏は「ヒーローバンクは様々な展開がありますが、一つ一つ、きっちりやっていきます。もうすぐ発売の3DS版も皆が驚くくらいのテレビCMを投下し、キッズ向けに確立したブランドを作るためにセガサミーグループが一体となって展開していきます。ご期待ください」と挨拶してステージを締めました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】カスタマイズスイッチ本体の次回注文は4月28日以降、『GWで一気にプレイしたい海外良質RPG』10選、『ドラクエXI』「スキルパネル」で自由な育成…など(4/24)

    【昨日のまとめ】カスタマイズスイッチ本体の次回注文は4月28日以降、『GWで一気にプレイしたい海外良質RPG』10選、『ドラクエXI』「スキルパネル」で自由な育成…など(4/24)

  2. ローソンの菓子パンが『スカイリム』のスイート・ロールに似ていると話題に―早速編集部が食レポ!

    ローソンの菓子パンが『スカイリム』のスイート・ロールに似ていると話題に―早速編集部が食レポ!

  3. 異色な“未来の低評価ゲームをレビューするSF小説”が書籍化決定、連載開始から一年で

    異色な“未来の低評価ゲームをレビューするSF小説”が書籍化決定、連載開始から一年で

  4. “操縦できる紙飛行機”が登場! スマホで遠隔操作できる「PowerUp 3.0」が日本に上陸

  5. 『星のカービィ』とランジェリーブランドがコラボ! 可愛いルームウエアや雑貨など全6型で展開

  6. 日本一ソフトウェア、新作に関するホラーな360度動画を公開 ─ 夜の神社には不気味な存在が…

  7. 『スプラトゥーン2』の新情報か? 研究員から「シオカラーズ」に関連する極秘文書が到着

  8. 新感覚プライズマシン「TRYPOD」が発表―クレーン操作が苦手でもOK!

  9. 『ゼルダの伝説 BotW』リンクのアクションフィギュア登場―ソード・弓矢・シーカーストーン等が付属!

  10. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る