人生にゲームをプラスするメディア

映画「ニード・フォー・スピード」日本公開が2014年6月に決定―情報は随時開示

その他 全般

エレクトロニック・アーツは、人気カーレーシングゲームである『Need for Speed』を実写映画化した、DreamWorks製作の「ニード・フォー・スピード」が日本で公開されることをTwitterで発表しました。


2014年6月7日から全国ロードショーの本作は、主人公“トビー”役に海外ドラマシリーズの「ブレイキング・バッド」で、ジェシー・ピンクマンを演じたアーロン・ポール。監督にネイビーシールズ(2012)のスコット・ワウ。さらに、2013年11月には英語版トレイラーも登場、海外では2014年3月14日に公開が予定されています。国内公式サイトでは、あらすじが紹介されており、内容は次の通りです。


■あらすじ
天才カー・エンジニアにして、比類なきドライビング・テクニックを持つトビーは、親友を死に追いやり、無実の罪で自分を陥れたかつてのパートナー、ディーノに復讐を誓う。ディーノを破滅させるためには、芸術的なまでにチューン・アップされたスーパーカーたちが、超高速で公道を駆け抜ける禁断のストリート・レースで勝利するしかなかった。勝つためには手段を選ばないライバルたち。そして、伝説的レーサーであるトビー逮捕に執念を燃やす警察。絶体絶命の状況下でゴールを目指すトビー。その向こうに彼を待つのは、栄光か?それとも、破滅か? 監督に『Mr. & Mrs.スミス』などハリウッドの数多くのアクションシーンを創出した、スタントマン出身のスコット・ワウ。リアルなシーンの連続が、息を飲む。


《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】ヤマダ電機がスイッチ販売キャンペーンについて謝罪、マイニンテンドーストアでのスイッチの注文状況、『FGO』水着イベントに向けメンテナンス延長…など(8/9)

    【昨日のまとめ】ヤマダ電機がスイッチ販売キャンペーンについて謝罪、マイニンテンドーストアでのスイッチの注文状況、『FGO』水着イベントに向けメンテナンス延長…など(8/9)

  2. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

    【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  3. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

    【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  4. 【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  5. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

  6. 「レーシングミク 2017 Ver.」予約受付開始―クリアパーツで再現された長い髪とフリルスカートが可愛すぎる!

  7. 韓国絵師のキム・ヒョンテ氏がTwitterを日本向けに開設―『Fate』等のイラストを公開中

  8. 『スペースインベーダー』オリジナル手帳が先行販売決定―レトロでシックなデザイン

  9. 『Fate/EXTELLA』シリーズ最新作の公式サイトとキービジュアルが公開、詳細は8月30日解禁!

  10. 【特集】『連休に没頭できるSteamゲーム』10選

アクセスランキングをもっと見る