人生にゲームをプラスするメディア

映画「ニード・フォー・スピード」日本公開が2014年6月に決定―情報は随時開示

その他 全般

エレクトロニック・アーツは、人気カーレーシングゲームである『Need for Speed』を実写映画化した、DreamWorks製作の「ニード・フォー・スピード」が日本で公開されることをTwitterで発表しました。


2014年6月7日から全国ロードショーの本作は、主人公“トビー”役に海外ドラマシリーズの「ブレイキング・バッド」で、ジェシー・ピンクマンを演じたアーロン・ポール。監督にネイビーシールズ(2012)のスコット・ワウ。さらに、2013年11月には英語版トレイラーも登場、海外では2014年3月14日に公開が予定されています。国内公式サイトでは、あらすじが紹介されており、内容は次の通りです。


■あらすじ
天才カー・エンジニアにして、比類なきドライビング・テクニックを持つトビーは、親友を死に追いやり、無実の罪で自分を陥れたかつてのパートナー、ディーノに復讐を誓う。ディーノを破滅させるためには、芸術的なまでにチューン・アップされたスーパーカーたちが、超高速で公道を駆け抜ける禁断のストリート・レースで勝利するしかなかった。勝つためには手段を選ばないライバルたち。そして、伝説的レーサーであるトビー逮捕に執念を燃やす警察。絶体絶命の状況下でゴールを目指すトビー。その向こうに彼を待つのは、栄光か?それとも、破滅か? 監督に『Mr. & Mrs.スミス』などハリウッドの数多くのアクションシーンを創出した、スタントマン出身のスコット・ワウ。リアルなシーンの連続が、息を飲む。


《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【編集後記】最近のゲームはスクショ撮影が楽しすぎる

    【編集後記】最近のゲームはスクショ撮影が楽しすぎる

  2. 『GOD EATER3』主人公のイメージイラストや新アラガミを公開、グラフィックも大幅進化!

    『GOD EATER3』主人公のイメージイラストや新アラガミを公開、グラフィックも大幅進化!

  3. 【特集】もうバカにされない「オンラインゲーム英語スラングまとめ」

    【特集】もうバカにされない「オンラインゲーム英語スラングまとめ」

  4. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  5. 荒廃したビル街、赤い戦車、ハンター…謎めく映像「真・世紀末RPG、誕生。」がPlayStation JapanのYouTubeチャンネルに登場

  6. 【昨日のまとめ】サンリオが『FGO』のキャラをデザイン・プロデュース、『けものフレンズぱびりおん』事前登録スタート、ディライトワークスが新規プロジェクトのメンバー募集…など(10/19)

  7. 『真・女神転生 25th Anniversary』“バケツ”などがラインナップされた「みんなのくじ」が登場!

  8. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

  9. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  10. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る