人生にゲームをプラスするメディア

パズドラを越えられるのはガンホーだけ ― 今後の成長戦略は「パズドラに新ゲーム」「新作投入」「世界同時配信タイトル開発」

ゲームビジネス その他

ガンホー・オンライン・エンターテイメント
  • ガンホー・オンライン・エンターテイメント
  • 『パズドラ バトルトーナメント -ラズール王国とマドロミドラゴン-』
  • 『サモンズボード』ロゴ
  • 「スーパーセル」ロゴマーク
過去最高売上最高益を達成したガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下ガンホー)は、2013年12月期決算説明会資料を公開し、今後の展開を明かしました。

既にお伝えしているとおり、ガンホーの平成25年12月期決算は、売上高1630億6000万円(前年同期比 531.5%増)、営業利益912億2800万円(前年同期比 881.1%増)、経常利益901億400万円(前年同期比 863.1%増)、純利益547億6800万円(前年同期比 567.1%増)であり、全世界ゲーム売上ランキング・全世界パブリッシャー別売上ランキング共に1位となっています。

そんなガンホーの今後の成長戦略として、同社代表取締役社長CEO兼エグゼクティブ プロデューサーである森下一喜氏は、カズノミクスと題して3つの戦略を説明しています。

◆既存価値の最大化

昨年発売した『パズドラZ』や、今春稼動予定のアーケードゲーム『パズドラ バトルトーナメント -ラズール王国とマドロミドラゴン-』、公式グッズといった『パズル&ドラゴンズ』IPを使った展開を進め、『パズル&ドラゴンズ』自体にも新ゲームを追加すると発表しました。

◆新規価値の創造

新作ゲーム『サモンズボード』を投入すると発表しました。

◆海外展開の強化

昨年買収したスーパーセルの活用と海外支社の連携強化により、世界同時配信タイトルの開発を進めると発表しました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

そしてガンホーは、「本質=面白いゲーム開発」とし、「パズドラを創ったガンホーこそパズドラを越えられる。オリジナルしかオリジナルを越えられない。」と締めくくりました。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

    【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  2. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

    あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  3. 今週発売の新作ゲーム『マーベルVS. カプコン:インフィニット』『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』『Project CARS 2』他

    今週発売の新作ゲーム『マーベルVS. カプコン:インフィニット』『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』『Project CARS 2』他

  4. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  5. ゲーム実況者をプロデュースする「ワタナベアマダクション」設立、ドワンゴとワタナベエンターテインメントの合弁会社

  6. アメリカゲーム業界就職事情・・・日本とは違うサバイバル術

  7. ゾンビになって映画を一足先に体験!?VR映像『BIOHAZARD VENDETTA : Z Infected Experience』5月24日配信

  8. 噂のプロゲーマー専門学校、梅原大吾の特別講義を4月に開催―プロゲーマーになる方法を語る

  9. 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

  10. ソニー、子会社でオンラインゲーム運営のSony Online Entertainmentを米投資運用会社に売却

アクセスランキングをもっと見る