人生にゲームをプラスするメディア

Zynga全従業員の15%のレイオフを実施―モバイルゲームやミドルウェアを開発するNaturalMotionを買収

米国に本拠を置く大手ソーシャルゲーム企業Zyngaは、第4四半期及び2013年の決算報告を行い全従業員の15%(314人)のレイオフと、モバイルゲームの開発や、ミドルウェアの研究開発を行うNaturalMotionの買収を発表しました。

ゲームビジネス その他
Zynga全従業員の15%のレイオフを実施―モバイルゲームやミドルウェアを開発するNaturalMotionを買収
  • Zynga全従業員の15%のレイオフを実施―モバイルゲームやミドルウェアを開発するNaturalMotionを買収
米国に本拠を置く大手ソーシャルゲーム企業Zyngaは、第4四半期及び2013年の決算報告を行い全従業員の15%にあたる314人のレイオフと、モバイルゲームの開発や、ミドルウェアの研究開発を行うNaturalMotionの買収を発表しました。

ZyngaはFacebook上で動くPCソーシャルゲームを主に開発、運営し、急成長を遂げた企業で、多くの買収を繰り返し、その規模を大きくしてきました。しかし、2011年頃より台頭してきたソーシャルゲームのモバイル化の波に乗りきれずに業績が悪化。2012年10月には日本支社を閉鎖、昨年6月にも全従業員の18%に当たる約520人の解雇を実施しています。

今回行われた314人のレイオフに対し、元Microsftのインタラクティブエンタテインメントビジネス部門プレジデントで現Zyngaの最高経営責任者Don・Mattrick氏は「将来の成長のために新しい基盤を作成し、支援することは極めて困難ですが、重要なアクションです。我々は解雇された人に対して、最大限の感謝をしたいと思います。」とコメントしています。

一方で、モバイル機器向けに『CSR Racing』や『Clumsy Ninja』の開発や、アニメーションオーサリングツール「morpheme」や「euphoria」等のミドルウェアの研究開発を行っている企業NaturalMotionを過去最大の買収額である約5.27億ドル(現在の為替レートで約541億9580万円)で買収。Don・Mattrick氏は「買収は、私達の創造的パイプラインを拡大し、Zyngaのモバイル分野における成長を加速させる。次世代技術やツールにより、速く、ヒットするゲームを提供出来るでしょう。」とコメントしています。

ここ数年で激動したソーシャル/モバイルゲーム業界。Zyngaが行った買収やレイオフは、渾身の一手となるのでしょうか。今後の動向が気になります。
《水京》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『Fallout 76』『ヒットマン2』『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/イーブイ』他

    今週発売の新作ゲーム『Fallout 76』『ヒットマン2』『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/イーブイ』他

  2. 【GDC 2013】ベテラン開発者が語るF2Pのゲームデザイン、マネタイズの鍵は「プレイヤーの感情」

    【GDC 2013】ベテラン開発者が語るF2Pのゲームデザイン、マネタイズの鍵は「プレイヤーの感情」

  3. ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

    ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

  4. VRチームは50人規模、馬場社長が明かす“コロプラが全力でVRに取り組む”理由

  5. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  6. ガンホー、ミクシィ、クルーズらが語るクラウドの活用~「AWS Summit Tokyo 2014」レポート

  7. “推しメン休暇”って実際どうなの?どんなキャラでもいいの?ジークレスト代表&社員にアレコレ聞いてみる

  8. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  9. 任天堂アメリカが海外YouTuberに「著作権侵害」申し立て―怒りを露わにした批判映像も

  10. ナムコランド「仮面ライダーアクションスタジアム」が大阪、広島に6月21日オープン

アクセスランキングをもっと見る