人生にゲームをプラスするメディア

【あぴゅレビュ!】第52回 Appleの製品発表会でも紹介された育成ゲーム『Clumsy Ninja』、注目しておくべし

最初のワンタッチからデバイスのテクノロジーを感じずにはいられない『Clumsy Ninja』。ザックリ言うと、「Clumsy=不器用」の忍者にプレイヤーが介入しながら育成をしていくゲームで、なにがすごいかっていうと、その反応の良さとスムーズすぎる動きにあります。

モバイル・スマートフォン 全般
『Clumsy Ninja』
  • 『Clumsy Ninja』
  • 【あぴゅレビュ!】第52回 Appleの製品発表会でも紹介された育成ゲーム『Clumsy Ninja』、注目しておくべし
  • 【あぴゅレビュ!】第52回 Appleの製品発表会でも紹介された育成ゲーム『Clumsy Ninja』、注目しておくべし
  • 【あぴゅレビュ!】第52回 Appleの製品発表会でも紹介された育成ゲーム『Clumsy Ninja』、注目しておくべし
  • 【あぴゅレビュ!】第52回 Appleの製品発表会でも紹介された育成ゲーム『Clumsy Ninja』、注目しておくべし
  • 【あぴゅレビュ!】第52回 Appleの製品発表会でも紹介された育成ゲーム『Clumsy Ninja』、注目しておくべし
  • 【あぴゅレビュ!】第52回 Appleの製品発表会でも紹介された育成ゲーム『Clumsy Ninja』、注目しておくべし
  • 【あぴゅレビュ!】第52回 Appleの製品発表会でも紹介された育成ゲーム『Clumsy Ninja』、注目しておくべし
最初のワンタッチからデバイスのテクノロジーを感じずにはいられない『Clumsy Ninja』。ザックリ言うと、「Clumsy=不器用」の忍者にプレイヤーが介入しながら育成をしていくゲームで、なにがすごいかっていうと、その反応の良さとスムーズすぎる動きにあります。

本作、実はいまだ日本語非対応なため、ややマニアックなタイトルであることに間違いないのがおしいところ。しかし、興味深いのが代表作に『ICO』や『ワンダと巨像』を持つ上田文人氏が、2013年に発売されたゲームの中で、最も関心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトルとして、この『Clumsy Ninja』を挙げているところです。

さて、早速内容に迫っていきましょう!

■タップするだけで、超ダサい忍者が見られて和む
ストーリーとしては、失踪した友達のキラを助けるために修行をするという目的があります。これを受けて、立派な、忍者らしいアクションが出来るように次々とミッションをクリアしていくことになります。

そのミッションがしょっぱな結構トンチンカンです(笑)。忍者の足をタッチして空中に吊るし上げるとか、スワイプでお腹をこすってゲラゲラ笑わせるナド。プレイヤーの指先一つでさまざまなアクションを起こすことができますが、これが目に見えない妖精さんのような感じ。忍者はなすがままに空中に情けなく釣らされてたり、手を引っ張ればドベシャアと転んだり見ているだけでダサさ丸出しカナリ和みます。

風船を括りつけて浮遊するミッションでは、風船をふくらませていると「オォ~」という感じでマジマジと忍者が見つめるので「君は一体何歳なんだ!」とツッコミたくなる。冒頭でいった通りミッション説明は英語で綴られているものの、グーグル飜訳などで和訳すれば理解できます。インサーネット、さすがである。

■トレーニングをするとちょっと忍者らしい動きを覚える
ミッションとは別のトレーニングモードでは、プレイヤーと忍者が協力してアクションや必殺技などを習得していきます。トランポリンだったら、忍者の着地地点にスワイプして中央を持って行ってあげる、サンドバックだったら、叩きやすいようにいい具合の位置にサンドバックを吊るしてあげる……過保護ッッッ!

こんな具合で、忍者としての成長を楽しみます。

■これが『Clumsy Ninja』の魅力とわかる瞬間
トレーニングを終えると、忍者が手を掲げてこちらを見ています。吊るしてほしいのかなと手をタップすると、「パチンッ!」という音。ハイタッチの要求だったと気づいたのは、ニッカリ満足気にサムズアップをした忍者の姿を見たから。この要求からSE+反応の一連の流れは、初めての体験ながらiOSならではの距離感だなと関心せずにはいられなかったです。

英語でとっつきにくいと思いますが、是非ハイタッチまではプレイしてみて!




※一般ユーザーからの投稿ですがFacebookの公式ページにてシェアされたものです

なまえ:Clumsy Ninja
ぶんるい:育成ゲーム
1回のプレイ時間:15分
対応OS:iOS
ねだん:無料(アプリ内課金あり)
ひとにつたえたい度:4(5点満点中)

今日の一言「やっぱり日本語版を!お願いします!」

それではまた来週!!

(C) (2012-2013) NaturalMotion Games Ltd
《きゃんこ》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ロックマンX』が帰ってきた!『ロックマンX DiVE』が豪華なシリーズクロスオーバーっぷりでプレイに熱中してしまった

    『ロックマンX』が帰ってきた!『ロックマンX DiVE』が豪華なシリーズクロスオーバーっぷりでプレイに熱中してしまった

  2. 次世代リアルカードバトル 『魔法図書館キュラレ』プレイレポ!骨太なストーリーと軽快なゲームテンポが魅力

    次世代リアルカードバトル 『魔法図書館キュラレ』プレイレポ!骨太なストーリーと軽快なゲームテンポが魅力

  3. 『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

    『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

  4. 12キロタマゴから生まれる新ポケモンは強いの?ジムやレイド、バトルリーグでの使い心地を考えよう【ポケモンGO 秋田局】

  5. シャドウミュウツー1日で3匹連続ゲット!SPロケットレーダーを溜め込んだからできた、奇跡の検証【ポケモンGO 秋田局】

  6. 『FGO』約4年使ったスマホを最新機種にしたら世界が変わった話―そのロード時間はステラが如く【特集】

  7. 世界樹装備と霊獣装備、どっちのガチャを引くべきか徹底討論!「全部欲しいけどジェムが足らん」という人はぜひチェック【ドラクエウォーク 秋田局】

  8. 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】

  9. 『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

  10. 『FGO』ガチャの○○教はどれくらいの効果を発揮するのか?死ぬ気で計367連引いて調べてみた!

アクセスランキングをもっと見る