人生にゲームをプラスするメディア

ゲームショウにコンパニオンは必要か? 今後のイベントで求められるものとは

その他 全般

米TechCrunchにSpencer Chen氏が寄稿した「Booth Babes Don’t Work」(ブースコンパニオンは機能しない)が話題となっています。Kotakuもこのコラムを引用しながら、議論をしています。



Spencer Chen氏は過去に大手ソフトウェア企業でマーケティングのトップを務め、展示会の責任者を務めた経験があるそうですが、ある時、コンパニオンありのブースと、経験豊かな説明員を配置したブースに分けたところ、後者の方が3倍の来場者を集め、利益に繋がったそうです。ブース内容の詳細が無い以上、この結果の評価は難しいところですが、議論のきっかけにはなりそうです。

ゲーム業界でも約10年前にブースにコンパニオンは不要なのでは? との議論があり、現在ではE3も随分と大人しくなり、PAXではコンパニオンが禁止されているようです。一方で東京ゲームショウやチャイナジョイ、台北ゲームショウといったイベントでは今も盛んにコンパニオンが起用されています。

Spencer Chen氏はその他のコンパニオンの問題点として、来場者を困惑させる、雇われのギャルは場に違和感を与える、来場するVIPはコンパニオンに話しかけたりしない、といった事も指摘しています。

ゲームショウのような大規模イベントは、発売前のゲームが事前に遊べる機会として成長したものの、現在では体験版の配信や、βテストの実施など、必ずしも一箇所にユーザーを誘致する必要性が薄れており、新規ユーザーよりも既存ユーザーに向けたファン感謝イベントに近いものにならざる得ないと筆者は考えています。ゲームショウは一種のお祭であり、それを盛り上げるためにブランドとコンパニオンのイメージが一致できるのであれば必ずしも否定されるものではないと考えます。皆さんの考えはいかがでしょうか?
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. “操縦できる紙飛行機”が登場! スマホで遠隔操作できる「PowerUp 3.0」が日本に上陸

    “操縦できる紙飛行機”が登場! スマホで遠隔操作できる「PowerUp 3.0」が日本に上陸

  2. 『スプラトゥーン2』の新情報か? 研究員から「シオカラーズ」に関連する極秘文書が到着

    『スプラトゥーン2』の新情報か? 研究員から「シオカラーズ」に関連する極秘文書が到着

  3. すべすべ手触りの小麦肌が魅力!『艦これ』フィギュア「リベッチオ」受注開始

    すべすべ手触りの小麦肌が魅力!『艦これ』フィギュア「リベッチオ」受注開始

  4. 『星のカービィ』とランジェリーブランドがコラボ! 可愛いルームウエアや雑貨など全6型で展開

  5. 【昨日のまとめ】「シオカラーズ」に関連する極秘文書が到着、『ラプラスリンク』プロジェクト終了、『FGO』「玉藻の前」水着フィギュア…など(4/25)

  6. 読み上げソフト「VOICEROID2」結月ゆかり&琴葉 茜・葵の発売日が決定!

  7. 『ペルソナ5』怪盗姿の「高巻杏」がフィギュア化!セクシーなボディスーツにもこだわり

  8. 『FGO』「アルトリア・ペンドラゴン(リリィ)」がfigmaに!キュートな姿も勇ましい姿も再現可能

  9. ソニーやMS攻撃した青年ハッカーに実刑判決―DDoSツール制作者

  10. 異色な“未来の低評価ゲームをレビューするSF小説”が書籍化決定、連載開始から一年で

アクセスランキングをもっと見る