人生にゲームをプラスするメディア

テーマはスチームパンク・アンダーグラウンド・ゴシック ― 『紫影のソナーニルRefrain』PSP/Xbox 360で登場

ソニー PSP

テーマはスチームパンク・アンダーグラウンド・ゴシック ― 『紫影のソナーニルRefrain』PSP/Xbox 360で登場
  • テーマはスチームパンク・アンダーグラウンド・ゴシック ― 『紫影のソナーニルRefrain』PSP/Xbox 360で登場
  • テーマはスチームパンク・アンダーグラウンド・ゴシック ― 『紫影のソナーニルRefrain』PSP/Xbox 360で登場
  • テーマはスチームパンク・アンダーグラウンド・ゴシック ― 『紫影のソナーニルRefrain』PSP/Xbox 360で登場
  • テーマはスチームパンク・アンダーグラウンド・ゴシック ― 『紫影のソナーニルRefrain』PSP/Xbox 360で登場
  • テーマはスチームパンク・アンダーグラウンド・ゴシック ― 『紫影のソナーニルRefrain』PSP/Xbox 360で登場
  • テーマはスチームパンク・アンダーグラウンド・ゴシック ― 『紫影のソナーニルRefrain』PSP/Xbox 360で登場
  • テーマはスチームパンク・アンダーグラウンド・ゴシック ― 『紫影のソナーニルRefrain』PSP/Xbox 360で登場
  • テーマはスチームパンク・アンダーグラウンド・ゴシック ― 『紫影のソナーニルRefrain』PSP/Xbox 360で登場
ライアーソフトは、PSP/Xbox 360ソフト『紫影のソナーニルRefrain』の最新PVを公開しました。

PCソフトでありながら、スチームパンクジャンルにこの一作ありと言わしめた『紫影のソナーニル』は、女性ファンからも幅広い支持を受け、PSP/Xbox 360ソフトとして新たに再誕します。

PC版を原作としながらも、「ヒュプノスの魔瞳」や、公式サイト上で公開された「ウイツィロポクトリの紅涙」をEXシナリオとして追加。新規イベントの充実やエピソードの彫り上げなどはもちろんのこと、クライマックスの全面差しかえも実施しており、新規ユーザーだけでなく、原作ファンにとっても刺激的な1作として作り上げられています。

またグラフィック面も、4:3で構成されていた原作のイベントCGを、16:9へと全面再構成。原作を越える1280×720の高解像度により、美麗かつ幻想的な本作の持ち味を、贅沢に堪能することができます。

多彩な進化が見られる本作ですが、その気になる物語のあらましが公開されているので、こちらで紹介させていただきます。

◆INTRODUCTIOM

蒸気機関が発達した異世界の、20世紀初頭となる西暦1907年。ニューヨークは、5年前に発生した《大消失》と呼ばれる原因不明の災害により、廃墟都市と呼ばれる存在へと変貌を遂げました。今は人影すらないその都市に、ひとりの女・エリシアが足を踏み入れます。

その一方で、廃墟都市の地下に広がる、出口のないその地下世界《アンダーグラウンド・ニューヨーク》を、記憶を失った少女リリィが、理由も定かではない漠然とした目的だけを胸に彷徨います。そして、2人が出会うことで、この物語は流転を始めていきます。

「──あそこに。あたしは、いいえ、あたしだけは、行かないといけない」

◆◆ ◆◆ ◆◆


公式サイトではすでに、主人公でありヒロインである、エリシアやリリィをはじめ、総計24名ものキャラクターが公開されているので、本作が気になる方は子細にチェックしてみることをお勧めします。

ですが、新たに本作へ興味を持った方は、いきなり多くの情報を調べるのは大変でしょう。そんな方には、このたび公開された最新PVがお勧めです。情報量よりも、本作の持つ雰囲気や、何よりも独特の空気感を味わえるこのPVで、その魅力の一端に触れてみてはいかがでしょうか。


YouTube 動画URL:http://www.youtube.com/watch?v=IOd2GQWQqD0

PSPとXbox 360にスチームパンクを運ぶ担い手となる『紫影のソナーニルRefrain』。唯一無二となる、妖しいほどに魅惑的で悲しいほど麗しいこの世界の、開演のベルが鳴るのはもうじき。この美しい幕開けに、立ち会ってみるのも一興かと存じます。

『紫影のソナーニルRefrain』は、2014年2月27日発売予定。価格は、6,400円(税抜)です。

(C)|ビジネスパートナー|ライアーソフト|
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

    『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

  2. 「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

    「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

  3. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  4. あっこれかぁ!『フォートナイト』エモートの元ネタたち―海外YouTubeユーザーがまとめ

  5. ローグライク2D探索型ACT『Dead Cells』正式リリース! 国内PS4/スイッチ版も配信

  6. 『モンハン:ワールド』魔獣「ベヒーモス」に挑め!無料大型アップデート第4弾配信開始

  7. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  8. 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】

  9. 【特集】『ドラクエXI』お得にスタートできる「ふっかつのじゅもん」、でも何がどう変わるの? LVの異なる「じゅもん」を入力してみた

  10. 『ウイイレ 2019』にはサッカー好きの夢が詰まっていた―新要素も交えて紹介するプレゼンレポ【E3 2018】

アクセスランキングをもっと見る