人生にゲームをプラスするメディア

【Game of the Year 2013】PlayStation Vita部門はコーエーテクモの新作『討鬼伝』

その他 全般

【Game of the Year 2013】PlayStation Vita部門はコーエーテクモの新作『討鬼伝』
  • 【Game of the Year 2013】PlayStation Vita部門はコーエーテクモの新作『討鬼伝』
  • 【Game of the Year 2013】PlayStation Vita部門はコーエーテクモの新作『討鬼伝』
インサイド/Game*Sparkでは、2013年に発売されたゲームの中から、沢山のゲームに触れている編集者、ライター一同で選ぶベストゲームを「INSIDE / Game*Spark presents Game of the Year 2013」として表彰します。表彰はプラットフォーム別に行い、最も支持を集めたゲームを大賞、それに続く5タイトルを次点として発表します。



マルチプレイアクションの良作が多数発売されて活気づいてきたPlayStation Vita。Game of the Year 2013に輝いたのは、コーエーテクモの新作ハンティングアクション『討鬼伝』でした。

『討鬼伝』は和と歴史に彩られた世界で、鬼を討伐する組織「モノノフ(鬼ノ府)」の新米モノノフとなって巨大な鬼を討伐していくハンティングアクション。強大な鬼は新人だけの手におえるものではありません。経験豊かなモノノフたちの力を借り、友達の力を借り、最大4人で立ち向かっていきます。

■投票者のコメント

「初配信の体験版からユーザー意見を取り入れての、製品版の変貌ぶりは「ωフォース恐るべし…」と驚愕でした。『無双』シリーズに並ぶ、コーエーテクモゲームスの新たな看板タイトル誕生といっても過言ではないと思います。」(Ten-Four)

「小学生ぶりに、人と集まってゲームを遊ぶ楽しさを思い出させてくれた作品。逃れることの出来ない『無双』シリーズの影を見事に振り払い、『討鬼伝』という作品をしっかりユーザーに刻みつけることに成功したのではないだろうか。コーエーテクモゲームスの新たな看板作品として、今後の展開にも期待したい。」(デビル宮崎)

■次点

惜しくも表彰には至らなかったものの多くの票を集めたタイトルを次点として以下に紹介します。

・KILLZONE: MERCENARY (ソニー・コンピュータエンタテインメント)
・テラウェイ (ソニー・コンピュータエンタテインメント)
・ソウルサクリファイス (ソニー・コンピュータエンタテインメント)
・GOD EATER 2 (バンダイナムコゲームス)
・Urban Trial Freestyle (TateMultimedia)

豊作だったPS Vitaの2013年。来年はどんな年になるでしょうか。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. サンリオが『FGO』のキャラをデザイン・プロデュース!かわいすぎるグッズになって登場

    サンリオが『FGO』のキャラをデザイン・プロデュース!かわいすぎるグッズになって登場

  2. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

    【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  3. 佐賀県庁公式サイトに「ロケット団」の求人案内が出現―詳細は10月25日の生中継にて明らかに

    佐賀県庁公式サイトに「ロケット団」の求人案内が出現―詳細は10月25日の生中継にて明らかに

  4. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  5. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  6. 【昨日のまとめ】『FGO』どのアルトリアが一番好き?、「ロケット団」の求人案内が出現、『半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!』時田貴司に直撃インタビュー…など(10/18)

  7. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  8. 【特集】『Steamで遊べる名作アドベンチャーゲーム』10選―絶対にプレイすべき傑作集

  9. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  10. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

アクセスランキングをもっと見る